こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

沈黙 サイレンス

SILENCE
沈黙 サイレンス
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
2017年1月21日(土)全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2017/01/21
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ
ハリウッドと日本、最高のキャスト・スタッフが集結!
戦後日本文学の金字塔「沈黙」が完全映画化!!

日本を舞台に描くマーティン・スコセッシ監督渾身の一作が遂に完成。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか―究極の選択を迫られる。

原作と出会ってから28年。アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシが激動の現代に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す壮絶なドラマ。
>> 続きを読む

    原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊) 監督:マーティン・スコセッシ 脚本:ジェイ・コックス 撮影:ロドリゴ・プリエト 美術:ダンテ・フェレッティ 編集:セルマ・スクーンメイカー 出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形  塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ

    沈黙 サイレンス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全26件
    • 4.0

      原作未読。ひたすら苦しみ中に投じられるような映画だったけど面白かった。演技や撮影の力あって辛い描写はビリビリと伝わってくる。ひもじい、寒い、しんどい、無理といった過酷さが重なっていくたびに彼らの信念が尊く感じる。
      個人的には宗教はあまり好きじゃないけど、彼らの信仰を大切にする気持ちはわかる(それでも命あってこそだろ!と叫びたくなるが)。あと日本視点の描き方もちゃんとしていて、信仰の在り方を両サイドから向き合っているのも良かった。
      全体的に質の高い映画であったけど、あまりに重厚なので再見は難しいな。教科書でさくっと習う「踏み絵」が実際どういう感じなのか、この映画を見ればわかると思う。 >> 続きを読む

      2018/10/14 by きりゅう

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      かなり長い。
      長いんだがそんなに長さは感じなかったりする。
      でも時々眠くなる。
      ものすごい面白いワケではないが、わりとじっくり見られる。
      うーん。
      なんて言うんでしょうねえ。
      感想が非常に書きにくい映画ではあるな。
      キリスト教を禁止して、棄教しない神父たちを殺して、隠れキリシタンたちを殺して・・・
      そんな幕府が悪のように描かれてはいるんだけどね。
      でもそれだけじゃないんだよね。
      僕は元々、完全自由の多宗教人間なので、宗教家たちのあの頑なな感じが大嫌いなんだよねえ。
      信じないくらいで救わない。
      そんなに神様はケツの穴が小さいのかと。
      そっち側から見ちゃうからね。
      だから神父側の頑なさがどんどん悲劇を引き起こしていくような、神に仕える者たちが人々を不幸にしているような、そういう捉え方をしてしまうのである。
      あと字幕しかないのがキツかった。
      >> 続きを読む

      2018/10/11 by ☆サト☆

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 4.0 切ない

      よく、この作品を映画化したな。娯楽性も盛りもない。ただ問だけがある。貴方にとっての信仰とは?の問いだけ。沈黙を自然音のみを使う事や、信徒や司祭達の苦悩の表現は見事。アンドリューの独白は英語がわからない私にもくる物があった。原作そのままの井上には驚き。しかし、ロドリコの殉教への揺らぎ、弱者キチジロウを通した棄教者の苦悩、日本とキリスト教、ロドリコがたどり着いた苦しみを背負い共に歩くキリスト。後者の表現には磔刑の踏み絵であるべきなんだが私は思う。オチも含めて監督の遠藤さんへの答えとしての表現

      2018/09/18 by 無月斎

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      基督教の信仰と贖罪について本作は描いていますが、日本の精神性や宗教感も大きなテーマの一つの様に思えます。原作が日本人とはいえアメリカの監督が、これほど完成度の高い日本を描いていることに感動しました。俳優の演技も皆素晴らしい。重いが深く考えさせられる心に残る映画でした。一つ残念なのは、ラストの主の言葉は語りすぎだと感じたので演出のみで表現していただきたかった。

      2018/09/16 by さくら餅

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      なぜにマーティン・スコセッシ監督ともあろう巨匠がコレをつくりたかったのか。
      構想はずいぶん前からだったと聞く。
      原作は読んでないけれど「短編」だそうです。

      窪塚洋介演じるキチジローが軽薄で見ていて笑いそうになったw
      そこ違うけどww

      へんな時代でしたよね。
      踏み絵って(;´Д`)
      キチジローに喝采だわ..

      イッセー尾形よかった!
      >> 続きを読む

      2018/07/13 by motti

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    もっとみる

    沈黙 サイレンス
    チンモクサイレンス

    映画 「沈黙 サイレンス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画