こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

沈黙 サイレンス

SILENCE
沈黙 サイレンス
(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
2017年1月21日(土)全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2017/01/21
製作国: アメリカ
配給: KADOKAWA
原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ
ハリウッドと日本、最高のキャスト・スタッフが集結!
戦後日本文学の金字塔「沈黙」が完全映画化!!

日本を舞台に描くマーティン・スコセッシ監督渾身の一作が遂に完成。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか―究極の選択を迫られる。

原作と出会ってから28年。アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシが激動の現代に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す壮絶なドラマ。
>> 続きを読む

    原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊) 監督:マーティン・スコセッシ 脚本:ジェイ・コックス 撮影:ロドリゴ・プリエト 美術:ダンテ・フェレッティ 編集:セルマ・スクーンメイカー 出演:アンドリュー・ガーフィールド リーアム・ニーソン アダム・ドライバー 窪塚洋介 浅野忠信 イッセー尾形  塚本晋也 小松菜奈 加瀬亮 笈田ヨシ

    沈黙 サイレンス の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全30件
    • 4.0 切ない

      感情フラグ せつない にしましたが、切ないどころの話ではない。
      救いようがなく重い話です。
      軽々しく語れないほど重い。
      本で読んだあとの鑑賞ですが、ほぼイメージ通りでした。

      2020/09/21 by ムーミン

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 4.0 切ない

      自分の信仰を試されるということは、自分という存在を試されるということ。
      切支丹もパードレも立場は違えど、自分に深く向き合いながら、如何に生きるべきかを煩悶する。

      実は信仰心の強い人間ほど現実の苦しみから逃れ、神にパライソに依存し、狡く立ち回り生き延びていくキチジローのような人間の方が信心深いように見える。
      人間は一筋縄ではいかない生き物だ。

      2020/07/07 by michi-low

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 評価なし

      40分で挫折…orz

      2018/11/16 by pink-tink

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 4.0

      重く長い映画だったが、それほどダレずに見終わった後も深く考えてしまった。村人全員が英語を話すのは、ええー?!って感じだったけど
      全員実力俳優で安心して見れた。
      ダイナミックな映像に静かな自然音も凄かった。

      祈りとか神について、ぐちゃぐちゃと考えるんだけどまとまらないし分からんくなってくる。
      私はキチジローが一番理解できるのです。
      己の良心と戦ってるのが分かるから。

      信仰って毒にも薬にもなるし、人によって違って何が正しいとかないしって思う私にはキリスト教はぜんぶ理解できないんだろーな。
      >> 続きを読む

      2018/11/10 by sayonara-3

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    • 5.0

      よかったが、長かった。

      2018/10/23 by 水陸宙適C

      「沈黙 サイレンス」のレビュー

    もっとみる

    沈黙 サイレンス
    チンモクサイレンス

    映画 「沈黙 サイレンス」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画