こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時
(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/01/27
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―

2010年4月に連続ドラマとしてスタートした東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというミステリー要素と、事件の裏に隠された人の心の謎を解くというヒューマンドラマ要素がこれまでにない“泣けるミステリー”として大きな話題に。その後、2本のスペシャルドラマ「赤い指」「眠りの森」が製作され、さらには『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』が公開されるなど人気シリーズとなった。

しかし、これまで加賀の類稀なる推理力で様々な事件が解決されているものの、未だ明かされていない謎がある―――彼が日本橋に留まる理由。父との確執、そして母の失踪―――加賀自身における“最大の謎”が、映画『祈りの幕が下りる時』で明らかになり、ついに「新参者」シリーズが感動のフィナーレを迎える。

吉川栄治文学賞も受賞した本作で描かれる加賀とある女性演出家(松嶋菜々子)の出会い。その演出家の周りで起こる不可解な事件。数々の人生が絡み合う謎。加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―――

【ストーリー】
この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。
事件の鍵は俺なのか・・・?

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。
松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。
やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。
松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。
それは失踪した加賀の母に繋がっていた。
>> 続きを読む

    祈りの幕が下りる時 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 3.0

      加賀恭一郎の最終作の映画化。

      これまで語られることのなかった加賀の母親の境遇が描かれ、それが事件の方にも密接に関わっていることが分かる。

      原作読んだ時も思ったが、構成といい物語といいほとんど「砂の器」である。
      むしろ加賀は関わってはいるが、中心人物という感じはほとんどしない。

      所々脚色はされているが概ね原作通り。
      ただ警察関係の面々がやたら騒々しく、なぜかカメラ目線になるなどおかしな演出が見られる。

      ただラストの手紙からの加賀のスッキリした表情は最後にふさわしい。
      >> 続きを読む

      2018/10/21 by オーウェン

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 3.0

      大好きな加賀恭一郎シリーズで原作も全巻読破しているので、今回の映画化はかなりハードルを上げてのレンタル鑑賞です。

      加賀恭一郎についての色々な何故?が解き明かされる、これまでの集大成的なストーリーです。原作よりも、少しコミカルな阿部寛風の加賀恭一郎も悪くありません^^;

      時系列が色々交差するし、推理的にもかなり複雑で登場人物の相関関係を理解するのが大変だろうと思っていたのですが、捜査本部でお黒板を使った演出等、文字のみよりも断然分かり易い部分もあり、映画として十分に魅力的な内容でした!

      ただ…あまりにも切ない現実の連続で辛くなります。それと、やけに阿部寛の顔のどアップが多いのがちょっと気になりました^_^;

      このレビューにもありましたが、加賀恭一郎シリーズでは「赤い指」が一押しの私的には大満足でした!
      >> 続きを読む

      2018/10/16 by モリモリ

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 5.0 泣ける

      初の「新参者」シリーズ鑑賞。
      東野圭吾は「容疑者Xの献身」が私の中で最高峰になっているが、本作はそう言った謎解きが中心ではなく、「赤い指」のようなヒューマン系のようだ。
      とにかく小日向さんと娘役の女の子のやり取りが秀逸で涙が止まりませんでした。こんなに泣いたのは「北の国から」を見て以来かも。

      2018/09/23 by takenuma

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 4.0 泣ける ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      加賀さんスーパーマザコンやったんかー!(笑) もう全然先が読めなくて面白かった……。親子の絆に涙。 加賀さんと従弟のタッグが安定感ありすぎて、どんな事件も解決してくれそうでよき。エンドロール、ドラマをきっちり覚えてたら楽しかったんだろうなぁ。父親と看護師さんもそんな人出てたっけってレベルの記憶だと全くダメだった(´;ω;`) >> 続きを読む

      2018/08/26 by mariko

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る クール

      阿部さんかっこいい。
      でも最後の結末は理解不能でしたが(笑)

      2018/08/18 by らったった

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    もっとみる

    祈りの幕が下りる時
    イノリノマクガオリルトキ

    映画 「祈りの幕が下りる時」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画