こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時
(C)2018 映画「祈りの幕が下りる時」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/01/27
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―

2010年4月に連続ドラマとしてスタートした東野圭吾原作の「新参者」シリーズ。阿部寛演じる日本橋署に異動してきた刑事・加賀恭一郎が、謎に包まれた殺人事件の真犯人を探すというミステリー要素と、事件の裏に隠された人の心の謎を解くというヒューマンドラマ要素がこれまでにない“泣けるミステリー”として大きな話題に。その後、2本のスペシャルドラマ「赤い指」「眠りの森」が製作され、さらには『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』が公開されるなど人気シリーズとなった。

しかし、これまで加賀の類稀なる推理力で様々な事件が解決されているものの、未だ明かされていない謎がある―――彼が日本橋に留まる理由。父との確執、そして母の失踪―――加賀自身における“最大の謎”が、映画『祈りの幕が下りる時』で明らかになり、ついに「新参者」シリーズが感動のフィナーレを迎える。

吉川栄治文学賞も受賞した本作で描かれる加賀とある女性演出家(松嶋菜々子)の出会い。その演出家の周りで起こる不可解な事件。数々の人生が絡み合う謎。加賀恭一郎はなぜ「新参者」になったのか―――

【ストーリー】
この事件は俺の過去と関わりが強すぎる。
事件の鍵は俺なのか・・・?

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は、ハウスクリーニングの会社で働く滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。
松宮(溝端淳平)たち警視庁捜査一課の刑事たちが捜査にあたるが、押谷道子と越川睦夫の接点が全く見つからず、捜査が難航する。滋賀在住の押谷が何故東京で殺されたのか。
やがて捜査線上に浮かびあがる女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。押谷は浅居博美を訪ねて東京に来たことがわかるが、浅居博美と越川睦夫の間にも接点がなく、捜査は進展しない。
松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、捜査を進めるうちにその遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。
それは失踪した加賀の母に繋がっていた。
>> 続きを読む

    祈りの幕が下りる時 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全26件
    • 5.0 切ない

      泣けた、泣けたよ。
      実際の所、失踪した妻の借金にせよ人殺して逃げてる身なんだけど
      この親子に感情移入しちゃいますよね。

      事件の接点を繋げて真相を明らかにしていく手法、上手ですよね、東野さん。
      そして加賀シリーズのテーマ、親子の絆。
      今回も面白かったです。
      小説の方は未続なので読んでみます。
      >> 続きを読む

      2019/07/13 by marino

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「麒麟の翼」とかぶっとるな~
      と思っていたらすぐ阿部さん出てきて、シリーズ化されていることを悟る。知らなかった…

      エンドロールで杏ちゃん出てきたりと、最後まで気合入っている。
      でも父娘の最期は納得できなかった。

      そもそも自立できてない娘をひとり残して死のうなんて。
      一緒に逃げてきたのにつらいじゃないの。
      できるだけ自死以外の方法で守ろうとしてほしい。
      結果的に娘の過ちが「父の死」を導くことになったけど…

      手をくだしといて生きて行ける博美もすごい。
      私なら一緒に死ぬか、その後自分の命も絶ちたいと思ってしまう。

      博美の未来が父親の希望だから生き続けようと思えたのかな。
      その辺の心情がもう少し描かれていたら。
      他人となり生きていくと決めた時点で、娘とは永遠に会わない。ぐらいのふりきった愛情を期待していたのかもしれない。


      本当に相手のためになる愛情ってなんだろうな…。
      麒麟の翼と同じようなテーマ。


      そんな感じで割と厳しく冷静に観つつも
      女の子の演技に、松島奈々子と小日向さんのやりとりに泣いてしまっていたけども。

      しかし人形町や日本橋近辺をよく利用する人はより一層楽しいだろうな~って思う作品。

      「嘘」は取り扱いが難しすぎるね。
      >> 続きを読む

      2019/07/11 by いちころ

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      焼け死ぬなんて考えただけでもゾッとするって言ってたから、その手段の代わりに娘が絞殺しましたって、それって何の解決になっていないですよね。そのオチでは評価できません。 >> 続きを読む

      2019/07/09 by hata

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 4.0

      原作は未読。少なくとも映画版の「砂の器」が脳裏にあったのだろうな、ということがわかる作りになっているけれど、それが嫌味にはなっていなくて、いい意味でのリスペクトを感じた。小日向文世は加藤嘉を頭に思い浮かべてただろうと想像するが、匹敵する、とまでは言えないまでも素晴らしい演技で涙せずにはいられない。松嶋菜々子の凄みのある表情の変化もいい。この人はいい女優になったよね。原作、読もう。

      2019/07/04 by 室田尚子

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない

      東野圭吾の原作が素晴らしいから映画も間違いなく面白かった。
      加賀恭一郎の過去と大きく関わる事件、琵琶湖の底の小石を探すような限りなくゼロに近い証拠の中から真相に迫っていくドキドキ感、最後まで目が離せなかった。

      2019/07/01 by namakemono

      「祈りの幕が下りる時」のレビュー

    もっとみる

    祈りの幕が下りる時
    イノリノマクガオリルトキ

    映画 「祈りの幕が下りる時」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画