こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クリーピー 偽りの隣人

クリーピー 偽りの隣人
(C)2016「クリーピー」製作委員会
2016年6月18日
1クリック登録
公開: 2016/06/18
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹=アスミック・エース
あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。

未解決の一家失踪事件 × 奇妙な隣人家族--犯罪心理学者が迷い込んだ2つの≪謎≫

犯罪心理学者の高倉は、刑事・野上から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が愛する妻・康子と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪をもつ主人・西野との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。
「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりに高倉が気付きた時、康子の身に【深い闇】が迫っていた…。

第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、作家・綾辻行人も「展開の予想できない実に気味の悪い(クリーピーな)物語」と絶賛した前川裕の原作小説を、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞受賞の名匠・黒沢清監督が豪華キャストで映画化!ある夫婦が“奇妙な隣人”への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく圧倒的な恐怖を描く。近所付き合いが希薄になった現代、誰の身にも起こりえる、日常に忍び寄る悪意。本年度ベルリン国際映画祭や香港国際映画祭への正式出品が決定し、早くも世界から注目を集める衝撃のサスペンス・スリラーが、遂に幕を開ける!
>> 続きを読む

    出演:西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之 / 藤野涼子 戸田昌宏 馬場 徹 最所美咲 笹野高史 監督:黒沢清 原作:「クリーピー」前川 裕(光文社文庫刊)/脚本:黒沢 清、池田千尋/音楽:羽深由理 製作:「クリーピー」製作委員会/制作:松竹撮影所/配給:松竹、アスミック・エース

    クリーピー 偽りの隣人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全33件
    • 2.0

      リアリティさに欠ける。脚本の所為?

      2021/01/03 by あいちの壱

      「クリーピー 偽りの隣人」のレビュー

    • 3.0

      映画が好きです。なんのこっちゃ!
      この映画を観ていて感じたのは、自分は映画を
      見ながらにして、
      次のセリフを頭の中で予想しながら見ているということ。
      そしてこの作品は、ぼくのゆるゆるだらだらな
      映画セリフセオリーとは、違うセリフを畳み掛ける。
      快感、すごいっす。言葉って面白い。
      でも、西野の言語感覚は、ねらいか天然か、
      どっちにしろあの言葉の返さら方をしたら
      太刀打ちできる人いるのかなあ。こわい。
      地下室も怖かったなあ。
      >> 続きを読む

      2020/12/17 by luis

      「クリーピー 偽りの隣人」のレビュー

    • 2.0

      ヤバイ映画だった…
      本当のサイコパスだ…
      あんな簡単にマインドコントロールって出来るのか?

      香川照之さんの役があからさまだったから敢えての西島秀俊さん役夫妻が実は…
      と思ったのですが(笑)
      全然そんな事は有りませんでしたー( ̄ー ̄) >> 続きを読む

      2020/07/11 by ヒデト

      「クリーピー 偽りの隣人」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      後半が面白くなくなったのは小説とは違う映画版に
      書き換えられたからかなと思います。
      小説の結末は全く違うみたいなので…。
      >> 続きを読む

      2020/06/23 by marino

      「クリーピー 偽りの隣人」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      何も知らずに観たのだけれど、実際の事件2つをベースにした話だったと知り、驚愕。
      しかも実際の事件での「西野」は映画よりもさらに心理操作に長けていたそうで、薬は使わず、「通電」と称した電流を流す罰をもって肉体・精神的ダメージを与えた上で、心理的に家族が互いを憎み合い監視し合うように仕向け、自分を絶対者として大勢を征服していたという。しかも、まずは言葉巧みに相手の心を開かせ、弱みを引き出して決して逃げられないようゆすりの下準備を入念に行なった上で。事実はフィクションよりもさらに恐ろしい。最近Netflixで公開された園子温の「愛なき森」は、同事件を題材にされているらしく、観たいのだけれど、グロさが怖くてなかなか・・・。話は戻ってこちらの映画では、もっと西野に服従せざるを得ない状況に納得いく流れが欲しかったかな。展開作りがあやふやなので、被害者の警戒心不足ばかりが気になってしまう。
      >> 続きを読む

      2019/11/27 by Mimi

      「クリーピー 偽りの隣人」のレビュー

    もっとみる

    クリーピー 偽りの隣人
    クリーピーイツワリノリンジン

    映画 「クリーピー 偽りの隣人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画