こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

生きる街

生きる街
(C)2018「生きる街」製作委員会
2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/03/03
監督:
製作国: 日本
配給: アークエンタテインメント=太秦
5年の時を経て、その地を去る人、とどまる人、帰ってくる人がいる。
今もその街は、未来を信じて生きている。

【ストーリー】
生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木マリ)の暮らしは、2011年3月11日に一変。津波に流された夫は帰って来ない。それでもいつか夫が戻って来ると信じて、千恵子は地元を離れずに生きている。しかし、あの日を境に、今は離れて暮らす子供たちもまた癒えない傷を抱えていた。被災のトラウマから子供を持つことを恐れる娘の香苗(佐津川愛美)と、何でも震災のせいにして人生から逃げる息子の哲也(堀井新太)。そんな家族の前に、かつて同じ町に住んでいたドヒョン(イ・ジョンヒョン)が韓国からある人の手紙を持ってやって来る。手紙に託された想いに触れたとき、止まっていた家族の時間がゆっくりと動き出すのだった――。

「家族」と「故郷」が持つあたり前の普遍的な価値を、夏木マリはじめ実力派俳優が熱演!
>> 続きを読む

    出演:夏木マリ 佐津川愛美 堀井新太 イ・ジョンヒョン(CNBLUE) 岡野真也 吉沢悠 石田法嗣 小柳友  ラサール石井 斎藤工 内田理央 新津ちせ 菅原大吉 石倉三郎(写真の出演) 仲間由紀恵(声の出演)  /  原日出子  升毅 監督:榊英雄 主題歌:BRAHMAN「ナミノウタゲ」 挿入歌:イ・ジョンヒョン(from CNBLUE)「ひかりのまちで」 題字:ジョージ秋山 配給:アークエンタテインメント/太秦 【2018年/日本/カラー/シネマスコープ/5.1ch/124分

    生きる街 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0 泣ける 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      多くの人が忘れかけている東日本大震災。舞台は東北で津波にのみ込まれた小さな街。この街で戻ってこない夫を待ち続ける気丈な女性がいた。それが「夏木マリ」演じる「ちえこ」だ。娘(佐津川愛美)は支援物資を運びに来たトラックの運転手と結婚して名古屋へ、息子(堀井新太)は何かに負い目を感じるかのように母のもとを離れた。二人とも震災で受けた心の傷を克服出来ずにいるのだ。もちろんそれは母ちえこも同じ。だが、ちえこはそんな素振りを一切見せず、それどころか自分が明るく振る舞うことでまわりの人々に元気を与えていた。

      震災から5年の歳月が流れたそんなある日、韓国から一人の青年(イ・ジョンヒョン:CNBLUE)が一通の手紙を持ってちえこの元に現れた。それは青年の父がちえこの夫に宛てた、感謝の手紙で、手紙には夫が写っている写真も同封されていた。震災で全てを失ったちえこは、これで夫が自分の元へ帰ってきたような気がした。

      久々に母のもとに集まった家族やその友人たち。しかし、彼らは母のもとには留まらない。皆、それぞれの新しい道が待っているのだ。この映画は震災の影響を様々な形で引きずっている人々のありのままの生き方と、彼らのこれからの未来を考えるヒューマンドラマです。彼らがどう立ち直り、どんな生活を送るかは描かれておりません。それは描く必要がなく、観る人の気持ちの中で想像する、そんな素敵な映画でした。
      >> 続きを読む

      2018/02/20 by 試写会レポ

      「生きる街」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    生きる街
    イキルマチ

    映画 「生きる街」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画