こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

空母いぶき

空母いぶき
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ
5月24日(金) 全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2019/05/24
監督:
製作国: 日本
配給: キノフィルムズ/木下グループ
累計500万部突破!
「沈黙の艦隊」「ジパング」のかわぐちかいじ原作を、オールスターキャストで初の実写映画化。

日本は経験したことのない一日を迎えようとしていた――。

<ストーリー>
20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない1日を迎えることになる―。 >> 続きを読む

    【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治) 【企画】福井晴敏 【脚本】伊藤和典 長谷川康夫 【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗 【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ 【配給】キノフィルムズ

    空母いぶき の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0

      国籍不明の軍に占領された日本南端沖の諸島に向かう、空母いぶきと乗員たちのミリタリーサスペンス。
      かわぐちかいじ原作。同名漫画の実写映画化。
      CGの出来は良いとは言えませんが、海戦の描写は緊迫感がありました。
      原作は尖閣諸島を占領した中国と自衛隊が武力衝突する話らしいですが、さすがにそのままでは映画に出来ないので架空の国家や地名を使ってオブラートに包んでいます。
      そのせいか、軍事や外交のリアルな描写よりも「専守防衛とは」「日本のあり方は」といったメッセージ性の方が印象に残りました。

      2021/01/29 by ででん

      「空母いぶき」のレビュー

    • 4.0

      原作未読。
      自国の領土が侵略された時に、戦争はしないという憲法に反することなく、いかにして自国を守るか。
      けっこうな良作でした。

      2020/07/02 by よっしー

      「空母いぶき」のレビュー

    • 3.0

      鑑賞から一夜明けて思い返すと、西島さんの不敵な笑いしか思い出せない映画。

      2020/03/22 by しいる

      「空母いぶき」のレビュー

    • 4.0 泣ける ハラハラ クール

      原作未読。公開前の佐藤浩市の印象で、どんなふうにイジられているのかと気になるったが、案外、普通だった。この作品は新・ゴジラを見た百田さんが俺ならもっとギリ書けるぜと勢いこんで作ったんだろうな。しかし、映画ではマイルドされた模様なのは残念。しかし、日本独自の空母というのはロマンだな。空母というのをあまり、活かしている気はしないがいいのが残念。西島秀俊の不気味な笑みはなかなか気持ち悪くラスボスかと思えば、普通に主人公だった。この作品で目を見張ったのは死亡フラグの使い方はなかなか見事。予想外すぎてよかった。 >> 続きを読む

      2019/12/27 by 無月斎

      「空母いぶき」のレビュー

    • 5.0 泣ける ハラハラ

      キャスティングが絶妙!

      2019/06/05 by key

      「空母いぶき」のレビュー

    もっとみる

    空母いぶき
    クウボイブキ

    映画 「空母いぶき」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画