こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。

IT: CHAPTER TWO
IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
2019年11月1日(金)IMAXⓇ/ 4D / 吹替版 同時公開!
1クリック登録
公開: 2019/11/01
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
ホラー映画歴代興収No.1!
すべての謎が明らかになる!
『IT/イット』完結!

    IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      Chap.1以上にワイズさん大活躍で大変満足いたしました.
      あれから27年.デリーの街にまたワイズさんが現れた.唯一街に残ったマイクからメンバーの所に連絡が.子供時代負け犬だったメンバーが一応に社会的地位を獲得したのが1つのポイント.27年前のデリーの記憶と引き換えに地位を得たのかと勘ぐるのは捻くれ過ぎか?原作どうだったかしら.
      そして街に戻ったメンバー達はチュードの儀式を遂行するために,個々人で思い出の場所を訪れます.このあたりでおしっこ行きたくなったんですけど,行けないんですよ.席を立つタイミングが無かった.ラストまでずーーっと見所が続くんですもの.ワイズとの個人戦,途中で飽きるだろって思ったら全然そんなことないし.それぞれのフラッシュバックと合わさって,物語に深みを与えるというか,そりゃ尺とるわな.あっ!キングだ!!年取ったなぁ.ついクリープ・ショーの時と比べてしまったのです.って37年前だもんな.そりゃ年取るわな,キングだって.
      そして井戸の屋敷へ.スタンの頭から脚生えるシーンでケラケラ笑ったの私だけじゃないですよね.もうちょっと我慢したらおしっこ行けるぞ.頑張れ,私.フロム・ソフトのゲームのボスみたいになったワイズさんは魅力半減.やっぱピエロらしく滑稽な動きが恐怖を喚起させるのがワイズさんの嗜みじゃございませんかしら.いやまぁ,これはこれで怖いんですけどね.
      数少ない不満があるとすれば,全てが終わって自宅に戻ったベバリーがDV夫をぶん殴るシーンがなかった事ぐらいですかね.
      よかった,エンドロール短めで.よっしゃ,トイレにダッシュ!!!!
      >> 続きを読む

      2019/11/13 by 叡福寺清子

      「IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」のレビュー

    • 2.0 切ない ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      【 ストーリー 】

      アメリカ・デリー。 終わりを告げたと思われた1989年に起った多数の子どもが行方不明になる事件から27年後、再び同じ事件が起こり始めた。この件を古い図書館に住み込んで調べ続けて来たマイクは、アメリカン・インディアンに伝わる古い儀式によって、" ペニーワイズを殺せる " ことを知り、27年前にペニーワイズと戦った少年少女たち " ルーザーズ " の面々を故郷デリーに再び呼び寄せたー。

      【 感  想 】

      またあの怖ぁ~い映画が " chapter 2 " として帰って来た! 観たい! でも怖いから観たくない! でも観よう!(笑) あまりの恐怖で体が硬直して、とても疲れそうなので映画館のうしろの席に座りました(笑)

      ドーン!”とか、”ギャー!” のズルい手法は少し健在。でもね、前作ほど怖くないのよ、だから疲れることなく観れたよ。 思えばちびっ子の頃にワクワクして観た「グーニーズ」や「インディ・ジョーンズ」「エイリアン」とか、ああいった80年代のSF・冒険映画のように作り込まれていて懐かしく感じる。 こういうパワフルな映画、ホントに少なくなったなぁ。

      今作で、" ペニーワイズ vs ルーザーズ " との決着ということだけど、概要は、みんなが集結して、屋敷の地下で恐怖と戦う。という、おっさんとおばはんになっただけで、思いっきり前作の焼き直しなので物語的にはあんまりおもしろくない(笑)

      ヒロインの ” ベバリー ” は、シルビア・クリステルみたいな大人になってなかった。 脱獄囚役のティーチ・グラントは、ケビン・ベーコンになってなかった(笑)

      このデリーに、" 地下のある屋敷 " に因縁を感じるけども、そこは物語の中間地点に使ってさ、もっとラストには、幼少期に飛び込んだ湖の底が入口でも良かったんじゃない? 少女が連れ去られた洞窟が入口でも良かったんじゃない? 弟のジョージーが引き込まれたおぞましい側溝の穴でも良かった。 そこへ行くには赤い風船でしか行けない。 サーカス団員のペニーワイズが生きていた当時に見せた弱さ "。 27年周期の意味は米インディアンが信じる黄泉がえりの周期。とかね、 全部明かされていない、なんかモヤモヤ感がある。

      デリーにいるのに、掌のキズが消えてしまったら、ただの夢になっちゃうよ。
      とにかく、" 同じ映画作品 " を2回観た感覚がある。

      この作品、ラストも おもしろくない(笑)
      >> 続きを読む

      2019/11/10 by まあくん

      「IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」のレビュー

    • 5.0 切ない 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      前作観てないとほぼ無意味です。
      少年たちの想いは吹き替えでは伝わらないので字幕が良いです。
      なのになぜか4DXが吹き替えでしかやってない!ホワーイ?!

      90年版ラストが残念だったのでそれを観るのが何より怖い、という批評第一段階を越えていただいたら、人によってはとても奥の深いスタンドバイミーとして映る。
      ジェットコースタームービーとしてしか映らなかった人は、まあそれはそれで良いけど、あまり批判しすぎて友人達を傷つけないで、感情移入しちゃってるから、と。
      心理学に興味のある方、専門の方にはオススメです。
      ちなみにキング本人も大量のセリフ付きで出演されてます。

      当時青春をルーザーズと共にした人なら涙する。
      ハリーポッターの3人組の成長を見守りながら映画を観たあの感覚でしょうか。
      まさか泣くとは思わなかった。
      少年時代の記憶が薄れていく、というのはホントに哀しいことで、でもそれが人生なのであって。

      「イット THE END」というタイトル観るとちょっとホロっとする・・。

      前作とつなげたスーパーカット版出たら買って家宝にします。
      >> 続きを読む

      2019/11/07 by climax38

      「IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      吹替で鑑賞。
      正直前作が個人的にイマイチだったので、本作もあまり期待してませんでしたが、前作ラストが1990年版と違ったので今回ペニーワイズとどう戦うのか、そこは楽しみでした。
      感想は面白かったです。相変わらずペニーワイズを見ると萎えるんですが、それでも儀式をする為にそれぞれが思い出の品を探したりするのとか凄く楽しめたし、問題のペニーワイズとの対決も1990年版と全然違ったので次の展開がどうなるのかワクワクしました。
      また中盤辺りでスティーヴン・キングさんも登場したので驚いた。
      怖さはほぼなかったけど、かなり満足出来たので字幕版も観てみたいです。
      >> 続きを読む

      2019/11/05 by saruwatari

      「IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」のレビュー

    IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。
    イットジエンドソレガミエタラオワリ

    映画 「IT/イット THE END “それ”が、見えたら終わり。」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック