こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

DEMOLITION
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.
2/18(土)より、新宿シネマカリテ他全国公開!
1クリック登録
公開: 2017/02/18
製作国: アメリカ
配給: ファントム・フィルム( 提供:ファントム・フィルム=カルチャア・パブリッシャーズ)
妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。
僕はあまりにも君に無関心だった―。

自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、
身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、
そして自ら自宅までを壊し始めたディヴィス。すべてをぶち壊してゼロにする―

“破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?
喪失と哀しみ、そして再生へを描いた物語

■イントロ
本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。そして、『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。

■ストーリー ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。
そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った―。
しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。
彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心はどこにいってしまったんだー?
「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ。」義父からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも―。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見付けるのだが・・・
>> 続きを読む

    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0

      手紙の下りは狂気じみた感じが興味深い。どんどん壊れていく様は典型的だったが、所々の展開が刺激になってアノ伏線が生きてくる終わり方はきれいにまとまっていた。
      途中が退屈になると思いもよらない刺激がでてくるから結局は面白い作りだったのかも。(Netflix)

      2020/04/13 by 桃猫バラ

      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー

    • 1.0

      なんだこの共感できない人間関係は!

      2019/06/20 by HAGANELLIC

      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー

    • 3.0 切ない クール

      良い映画でした。
      ジェイク・ギレンホールはまさに役者として脂がのってる時期ですね。
      10年以上前のブロークバック・マウンテンで一目おいてましたが、前年のナイトクローラーも良かったし、彼が出演している作品なら観たいと思いますもんね。
      魅力は眼力(めぢから)だと思いますね…
      強さ、とは違うような、虚ろさというか、何考えてるか判らないような凄みですよね(´Д`;)

      2018/07/20 by motti

      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      愛する人以来、ナオミ・ワッツのファンです。美しいヒロインではなく、どこか影がある美しい女。そんなナオミ・ワッツにぴったりな役。この映画の中心ではないものの、普通の幸せと無縁なこのシングルマザーと息子君の存在は映画の中で良いアクセントになっていると、贔屓目観ているのでそう感じます。

      義父が亡き娘のために財団を立上げ、若者の支援を。華々しさを醸し出すそんな供養に対して、主人公が出した結論は・・・想像以上にキレイな終わり方だったかなと!

      2018/01/10 by メッシイ

      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー

    • 3.0

      やはり前半寝てしまった
      映画で寝るなんて…コンディションが悪かっただけのはず
      妻を交通事故で亡くし
      しかも一緒に乗ってた車で
      それでも泣けないデイヴィス
      そればかりか本当に愛していたのか疑心暗鬼になっている
      病院にあった自販機
      M&Mを購入したのに落ちてこない
      妻の死よりも気になる
      そして自販機の会社へ手紙を書くことに
      その会社に勤めていたカレンとその子どもに出会い
      デイヴィスは変化していく
      破壊、とにかく破壊からの再生
      そして妻への愛に気づいていく
      デイヴィスの行動は奇怪に見えるし、ひどいやつに思う
      けれど死を受け止めるためには必要なことだったのだろう
      >> 続きを読む

      2017/03/22 by tomi

      「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」のレビュー

    もっとみる

    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
    アメノヒハアエナイハレタヒハキミヲオモウ

    映画 「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック