こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

響 HIBIKI

響 HIBIKI
(C)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (C)柳本光晴/小学館
2018年9月14日 全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/09/14
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
■ストーリー
スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、出版不況の文学界。そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』(平手友梨奈)。15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみ(北川景子)との出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。
しかし、響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。 >> 続きを読む

    原作:柳本光晴「響~小説家になる方法~」(小学館「ビッグコミックスペリオール」連載中) 監督:月川翔 脚本:西田征史

    響 HIBIKI の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る

       天才肌の文学女子高生が、破天荒な活躍で、文壇にも、世間にも、大波乱を巻き起こすお話。文芸作品では、たぶん全くないのですが、青春コメディとして、そしてある意味スリラー映画として、素晴らしく痛快で面白い作品だと思いました。主人公がまたトンデモナイ所業を仕出かすのでは、とハラハラ、ドキドキ。有名作家の娘であるとやっかまれる親友に、卑猥で下品な罵倒を浴びせた大物作家の頭部にハイキックをかましたかと思えば、主人公から更なる問題行為を引き出すため、幼稚な挑発行為を繰り返す、パパラッチ氏から、高額なカメラをひったくって、道路を爆走して来る大型トラックに踏ませて、粉砕。他にも、同様な無茶の数々。なのに、何故か周囲は彼女の才能を称え、切望し、何とかデビューさせようと四苦八苦。このままだと、主人公は、才能あるけど、すんごく粗暴でどうしようもない奴、で終ってしまうのか?と思わせての、最後のある意味大逆転?大どんでん返しが、これまたなかなか痛快。ラストの主人公の切符の良さに感服。いやあ、恐れ入りました。脱帽です。 >> 続きを読む

      2018/10/13 by ぴぐじい

      「響 HIBIKI」のレビュー

    • 4.0

      この映画で初めて平手友梨奈さんを知りましたが、新人天才小説家の役を違和感なくこなしていました。愛らしい無表情がいいです。
      友人役のアヤカ・ウィルソンも、思春期の繊細な精神状態が表現されていい雰囲気を出しています。

      文壇の面々は、これはあの人をモデルにしているなと想像できる登場人物が大勢いて、楽しいです。

      素晴らしい小説を書くことが出来るのに、実際の生活で周りとうまくやっていくことが難しいのって、天才の宿命なのか、脳の器質的な疾患なのか…
      原稿用紙の上での心情理解が完全でも、現実に応用するには経験値が大切なのか、などと映画に引き込まれながら考えていました。

      天才少女の炸裂ぶりを最後まで愉しめました。
      >> 続きを読む

      2018/09/30 by myon

      「響 HIBIKI」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ 元気が出る クール

      平手さんのイメージにぴったりの役!
      自分の意見を一切曲げない響。
      たまに見せる笑顔にやられる。
      暴力は悪、と思うけど、女の子がここまで色んな人をボコボコと殴る蹴るする映画って、もはや気持ちが良い。映画だからいいんだな。

      なかなか、響ちゃんみたいにまっすくではいられないけど、曲げられない芯はちゃんと持っていたい。

      2018/09/22 by akubi

      「響 HIBIKI」のレビュー

    • 4.0

      原作未読ですが、主演の方ハマってますね
      クールで真っ直ぐな眼差し、たまに見せる若い女の子らしさが違和感なく絶妙
      アイドルの方らしいですが問題なし

      破天荒らしさはスッキリする。気持ちの強さと言語能力が羨ましい

      アヤカ・ウィルソンかわいすぎ。こりゃ◯交もしたくなる。肩出した水着ヤバい。

      小説すっかり読まなくなったけど読みたくなってきた
      >> 続きを読む

      2018/09/21 by tky

      「響 HIBIKI」のレビュー

    • 5.0

      銀幕短評 (#150)

      「響 -HIBIKI-」
      2018年、日本。 1 時間44分、公開中。

      総合評価 91点。

      響、わたしの大好きなサントリーのウイスキーである。キホン17年を あちこちにボトルを置いて飲んでいたが、たまに21年、極めてまれに30年も飲んだ。

      というのではなくて、
      予想をはるかに上回り、すばらしくよい。見ていて 自分の中に勇気が湧き起こってくるようなストーリー。わたしがこの映画に大きく惹かれるのは、自分が小説好きなせいもある。

      15才の寡黙な女子高生、響が主人公だ。彼女は小説を読んで読んで読んで、自らも物語りを書く。彼女の一途で人騒がせだが筋の通った言動に、周りの人びとは意外の感に打たれる。

      脚本がとてもしっかりしている。主人公、彼女の友、担当編集者の芝居がうまい。これらを取り巻く助演に大どころは少なく、画作りにややチープ感がただようパートもあるが、まるで気にならない。

      メガネごしに見える 主人公のまったくブレない眼差しに 吸い込まれる。


      ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

      すみません、久しぶりにこちらをのぞきにきました。わたしの部屋にクモの巣が張っていますねー。

      ずいぶん前から開店休業にしていて、フィル◯ークス でずっと活動しています、お盆から。こちらとレビューを同期できれば良いのですが、ちょっと手が回らなくて。
      また思い出した頃に、のぞきにきます。

      なお あちらでは、ひろゆき gsakyrh
      の名を使っています。もしお目にかかれれば幸いです。
      よろしくお願いいたします。
      >> 続きを読む

      2018/09/20 by あさが

      「響 HIBIKI」のレビュー

    響 HIBIKI
    ヒビキ

    映画 「響 HIBIKI」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画