こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

嘘を愛する女

嘘を愛する女
(C)2018「嘘を愛する女」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/01/20
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
2018年、あなたの「愛」の概念が覆る

新たな才能の発掘を目指し開催された『TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM 2015』。
応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画が、ついにスクリーンに登場する。
『夫は誰だった?』
このセンセーショナルな見出しの実在する新聞記事に着想を得た本作。
脚本と監督は、企画者でもあるCM界の若き才能・中江和仁。2008年アジア版カンヌ広告祭と言われるADFEST(アジア太平洋広告祭)Fabluous4部門にてグランプリを獲得、そのCM作品は、エモーショナルな作風と個性的な映像美が高く評価され、次世代の映画界を担う逸材と目されている。
ヒロイン・川原由加利役は長澤まさみ。一流企業に勤める完璧なキャリアウーマンが、恋人の大きな嘘に翻弄されていくという、大人の女性の繊細な芝居に挑む。小出桔平と名乗る由香利の恋人には、日本中の作り手たちが、その芝居に惚れ込む俳優・高橋一生。更には、DAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎など豪華俳優陣が脇を固める。
愛さえも、嘘ですか?

知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったら……。
その愛は本物か、愛とは何かを問う新感覚ラブストーリーが、いま誕生する。

【ストーリー】
その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。
「一体、彼は誰ですか?」
くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。
調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。
なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?
そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。
>> 続きを読む

    嘘を愛する女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      5年も付き合い同棲してた彼氏がくも膜下出血で倒れる。彼の名前も経歴もすべて嘘。彼は誰?何者??
      正体を知るために瀬戸内の島巡り。
      長澤まさみが彼女役なんだけど、まー、腹立つくらい可愛くない女。まず、『ありがとう』『ごめんなさい』が言えない。自分が正しいと思い込んでる。キャリア積んでて稼いでるかもしれないけど、ほんと、観てるこっちをいらつかせる。
      謎の少女(川栄李奈)も結局謎のまま。高橋一生とどういう付き合いだったのか不明。
      最後はありきたりな終わり方だったな。もう少し泣かせると思ったのに。まぁ、みんな演技は素晴らしい。
      >> 続きを読む

      2018/01/24 by MACO

      「嘘を愛する女」のレビュー

    • 3.0

       人をイラつかせる女。
       出てくる全ての女にイラっとする映画。

       人を散々振り回し女
       粘着系ストーキング少女
       精神崩壊女

       の三人でお送りします。ああイライラする。

       愛した男の経歴は、全て嘘で塗り固められていました。
       あなたは、誰?
       以降、男の過去を追う自己中女の島旅日記でした。
       なげぇ。

       そして、散々謎を引っ張った挙句、あっけなく正体分かってしまうのね。
       分かってしまってからも長い。
       
       振り返って面白くなかったな。
      >> 続きを読む

      2018/01/21 by ホースケ

      「嘘を愛する女」のレビュー

    • 3.0

      高橋一生さんが好きで鑑賞。
      素敵でした。
      長澤まさみさんが、喜怒哀楽豊かな女性を演じていたのも良かったです。

      2018/01/21 by mitomomi

      「嘘を愛する女」のレビュー

    • 4.0 笑える 切ない ハラハラ

      2018年新春に絶対外せない映画!!!

      テーマから少し重たい、暗い雰囲気を想像するものの、長澤まさみと探偵役の吉田鋼太郎の絶妙な演技でうまく笑いが散りばめられていて、非常に観やすい。そして、高橋一生の演技が桔平のキャラクターに深みをもたせる。まさに抜群のキャスティングと演技。

      当然、本作の監督に注目せざるを得ない。その大役をこなしたのがデビュー作となる中江監督だから驚きである。全国公開のオリジナル企画で長編初監督というのは山崎貴監督の『ジュブナイル』以来。『ALWAYS 三丁目の夕日』を大ヒットさせ、『永遠の0』『寄生獣』『海賊とよばれた男』『DESTINY 鎌倉ものがたり』と常に話題作を生み出し続けている山崎監督と比較するのに十分な才能が本作からあふれ出す。公開規模もさることながら、豪華なキャスト、こだわりの撮影、松たか子の主題歌と、とにかく映画界の大人たちを本気にさせた中江和仁監督のデビュー作は必見と言えるだろう。「観終わった後に自分の恋人やパートナーとちゃんと向き合っているか、少し見直してもらえたら嬉しい」と語る中江監督からは将来への不安などから厳しい仕事に向き合わざるをえない社会人に向けたメッセージも込められており、新年に自分自身と向き合うきっかけを与えてくれる映画なのかもしれない。

      星5つを付けても全く問題ないが、今後の中江監督への期待を込めて、あえて星4つ。もっともっと観たい!

      <あらすじ>
      同棲5年の桔平が突然倒れた。くも膜下出血で意識不明。突然の出来事に動揺する間もなく、警察から彼の所持していた運転免許証も医師免許証も偽造で、名前も「嘘」だと告げられる。彼は誰なのか、私は彼を愛していたのか・・・。探偵の海原とともに彼を探る由加利。自分は何も知らなかったのではないかという疑念や恐怖、一方で思い出される何気ない桔平と過ごした日々・・・。少しずつ明かされていく真実・・・その結末は・・・是非、劇場で堪能してください(笑)
      >> 続きを読む

      2018/01/10 by 試写会レポ

      「嘘を愛する女」のレビュー

    嘘を愛する女
    ウソヲアイスルオンナ

    映画 「嘘を愛する女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画