こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ザ・コンサルタント

THE ACCOUNTANT
ザ・コンサルタント
(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
2017年1月21日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/01/21
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画
全米映画ランキング初登場 NO.1!
職業、会計コンサルタント。本業、腕利きの殺し屋。
この男、いったい何者?

国、マフィア、大企業ーーすべてをだます男の真の目的とは?
ベン・アフレックがいくつもの顔を持つ新たなアンチ・ヒーローを演じるサスペンス・アクション大作

田舎町のしがない会計コンサルタント、ウルフ(ベン・アフレック)に舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。その日から、何者かに命を狙われるウルフ。実は彼は、命中率100%の狙撃の腕を持ち、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る“裏社会の掃除屋”でもあった。アメリカ政府も彼の存在に目をつけ、身元を洗っていたが、名前は偽名、本籍・私生活も不明、すべてが謎に包まれたウルフの正体を掴めない――この男、一体何者なのか?国、マフィア、大企業を敵に回してまで危険な仕事に手を出す、この男の真の目的とは? >> 続きを読む

    ザ・コンサルタント の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 4.0

      銀幕短評 (#75)

      「ザ・コンサルタント」
      2017年、アメリカ。 2時間8分。

      総合評価 77点。

      オープン クレジットで示された原題は、「ジ・アカウンタント」。 やはり邦題が「ザ・会計士」では、興行上マズイのか。。

      主演が「ゴーン・ガール」のベン・アフレック、助演が「セッション」鬼コーチ役のJ・K・シモンズ、「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリックなど。

      ドラマとアクション、善と悪、ハンディキャップとアドバンテッジ(強み)。これら様々な要素の対比とミックスが絶妙にバランスされていて、とても見ごたえがある。アフレックの抑えた演技が素晴らしい。殺しは多いが、残忍さはない。足りないのはロマンス面だが、それまで求めても詮がない。やや腑におちないストーリーも、すぐれた演出と編集で気にならない。CG、特撮映画でうんざりした目も、実写の落ち着きで癒される。
      >> 続きを読む

      2018/06/17 by あさが

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主人公はADSDのある会計士。裏の社会の会計を担当しているうちに、事件に巻き込まれていく。

      久々に練られた映画を観た。ADSDの特性にも焦点を当て、スーパー障害者のストーリーは同意しかねるが、その特性が最後の最後まで鍵となっている。
      >> 続きを読む

      2018/05/10 by asian

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    • 5.0

      吹き替え視聴。

      最初から最後まで伏線まみれで全てが繋がっていて、本当に面白かった!
      見直したらちゃんと感想書き直す。

      2018/01/28 by yonami

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    • 4.0

      オモテとウラの世界に通じる“天才会計士”で、元軍人の“凄腕の殺し屋”で、“高機能自閉症”の男。
      いわゆる“ジャンル映画”だとはいえ、あまりにも強引で荒唐無稽なキャラクター設定過ぎるのではないかと所感を頂いたことは否めない。

      そしてそれを演じるのはベン・アフレック。

      多くの映画ファンにとって、このハリウッドスターが“信頼”に足る「映画人」であることは、もはや周知の事実ではあるが、それでも尚、得体の知れない危うさというか不安定さみたいなものを感じてしまうことも、この人の「特性」である。
      果たしてこの奇抜で“盛り過ぎ”なキャラクターをどう演じているのか、一抹の不安は確実に存在していた。

      結論としては、「ごめんなさい」と、この主演俳優に対する謝罪の一言に尽きる。
      この映画を評する観点は多岐に渡るだろうが、先ずは何よりも、主演俳優の“ハマり具合”が圧倒的な娯楽性を生み出しているということを挙げるべきだろう。
      過去最高のベン・アフレック。やはりこの映画人は、不屈であり、信頼に足る。改めてそう思う。


      「自閉症」という、極めてナイーブなバランス感覚を要求される要素を、ジャンル映画の主人公に加味したことは、とても挑戦的で、有意義で、価値のある独創性を生んでいる。
      その描かれ方について多大な反感も生んでしまったようだが、個人的には、この映画における主人公と自閉症の関係性の描き方に対して決して的が外れているとは思わなかった。

      高機能自閉症という障害を抱えた主人公の男が一種の“ヒーロー”として活躍することと、彼が歩んだ(歩まされた)人生を美化することは、イコールで繋がってはない。
      数多の価値観の中から選び取られた「選択肢」の一つとして、主人公の男は人生を歩み、結果として「普通」ではない人物造形に至ったということであり、結論としてその是非を明確にしているわけではないと思う。

      むしろ、この想定外にヘンテコリンな娯楽映画が導き出そうとすることは、まさしくそういう一般的な価値観からの脱却だったのではないかと思う。

      圧倒的に「普通」じゃない主人公キャラクターを造形し尽くし、その「特性」にバッチリと適合するスター俳優を当てはめ具現化することで、そもそも「普通」とは何なのかということを我々に問う。
      これほどまでに普通じゃないことのオンパレードの中においては、「自閉症」などありふれた一つの「個性」だと捉えざるを得なくなってくる。
      その個性を、普通じゃないものとして、一般的な価値観の中の既定路線に縛り付けることが、果たして正しいのかどうか。

      現代社会においては「68人に一人が自閉症である」とも伝えられる。

      繰り返すが、主人公の選択した(選択された)人生が正しかったとは言わない。闇の世界に身を落としている以上、人間らしく幸福な人生を歩んでいるとはとても言えないだろう。
      しかし、そんな彼によって救われたものがあることも絶対的な事実。であるならば、誰もそれを否定することは出来ない。

      「ため息だわ」という台詞が口癖の“謎のエージェント”の正体も含め、この娯楽映画の顛末が伝えることの意味と意義は、ジャンルを超えた非常に興味深いテーマと奥行きを醸し出している。
      当然、続編希望。なんならベン・アフレックが自ら監督したっていいんじゃない?
      >> 続きを読む

      2017/09/17 by tkl

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    • 5.0

      すんごくおもしろかったです。人間ドラマや伏線の張り方がうまい。対空ライフルで人がボンボン吹っ飛ぶのにラストは腹の底からニッコニコになるまさかのハートウォーミング映画。

      2017/07/14 by 木綿一丁

      「ザ・コンサルタント」のレビュー

    もっとみる

    ザ・コンサルタント
    ザコンサルタント

    映画 「ザ・コンサルタント」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画