こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ動画・ADK 2017
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/03/04
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
その友情は、10万年先まで凍らない。

史上最大の危機!?ドラえもんが、そして全てが、カチコチに凍る!?
偶然見つけたリングに導かれ、辿り着いたのは、極寒の地<南極>!!そこで一行を待つ大冒険とは…?

映画第1作目が公開された1980年から37作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。
今年3月に公開された『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』は興行収入41.2億円を記録!シリーズ36作目にして、新シリーズ初の40億円という節目を突破し、その人気はますます加速しています。
37作目の今作は、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』に決定!南極を舞台に、氷の下の古代都市、さらには、スノーボールアース理論など、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)・F(ふしぎ)が満載の大冒険です。
原点回帰とも言える題材の今作を監督するのは、『千と千尋の神隠し』(2001年)にて監督助手を担当、『青の祓魔師 ―劇場版―』(2012年)で監督デビューを飾った高橋敦史。自身初の『映画ドラえもん』をどう手がけるか期待がかかります。

【ストーリー】
真夏の暑さに耐えかねたのび太たちが向かったのは、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山。ひみつ道具「氷細工ごて」で遊園地を作っていたのび太たちは、氷漬けになっている不思議な腕輪(リング)を見つける。調べてみたところ、なんと腕輪(リング)が埋まったのは、人が住んでいるはずもない10万年前の南極だった!腕輪(リング)の落とし主を探して南極へと向かうドラえもんたち。その前に、なんと氷の下に閉ざされた巨大な都市遺跡が姿を現す。「10年前に行って、落とし物を届けよう!」ひみつ道具「タイムベルト」で10万年前に向かうドラえもんたち。そこで、凍りついてしまった自分たちの星を救うため、宇宙を旅し、腕輪(リング)の謎を追う少女カーラとヒャッコイ博士に出会う。そして、腕輪(リング)を巡り、ドラえもんたちは、地球が凍結する危機に直面する!

※スノーボールアース仮説…はるか昔、赤道付近も含め地球表面全体が凍結するほどの激しい氷河時代が存在したという説。これをスノーボールアース仮説といい地球史の研究者の間で主流となりつつある。「全地球凍結」という壮絶な環境変動によって、原生生物の大量絶滅とそれに続く跳躍的な生物進化をもたらしたとされる。
>> 続きを読む

    【声の出演・スタッフ】 ドラえもん:水田わさび   のび太:大原めぐみ  しずか:かかずゆみ     ジャイアン:木村昴  スネ夫:関 智一      ドラミ:千秋 原作:藤子・F・不二雄 監督・脚本:高橋敦史

    映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      舞台は南極というけど、やってることはタイムスリップの連続という本末転倒な中身。

      オリジナルな作品になると、きっかけが安易というのがある。
      かき氷を一杯食べたいから南極に行くという発想はどうなのよ(笑)

      まあその後は冒険ものになるのでひと安心。
      でもせっかくの洞窟なのに、秘密道具を使っての潜入がダイジェストなのは勿体ない。

      ただタイムスリップの際の知恵の出し方や、にせドラえもんの見極めなどはよく出来ている。

      あとキャラのデザインが微妙に変わった気がしたが、今後もこれで行くのだろうか?
      >> 続きを読む

      2018/08/15 by オーウェン

      「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      リメイク版ではない第二期ドラえもん映画は初鑑賞。全体的によかった。
      ただ過去に取り残されたドラえもんをのび太が助けに行くシーンはもうちょっとタイムラグがあってもよかったかなと感じた。すぐ気づいてすぐ助けに行ってしまったので、売り文句の「その友情は、10万年先まで凍らない。」を実感することができなかった。
      >> 続きを読む

      2018/04/01 by テペーイ

      「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      テレビ放送にて


      モフスケの声がコマさんで、「モフー」が「ズラー」にしか聞こえんわ

      浪川さんは石川五右衛門の声聞いた時渋さに驚いたけど、この博士は更に渋い

      ゲストヒロイン、見た目かわいくて声がくぎゅ。もうそれだけで十分です掘り下げとかどうでもいいです

      ピーヒョロロープとかめっちゃ懐かしい

      偶然にも今期JKが南極行くアニメやってるけど、こっちは南極というよりアトランティス
      少し勉強になる話もありました


      ジャイアンやスネ夫の活躍より、ドラえもんとのび太の友情を映画には求めてる

      特にドラえもんのピンチをのび太が救うのが好き
      ブリキのラビリンスに比べたらあっさり助かっちゃうし、相変わらず新ドラは緩い

      ただ、ニセモノ→取り残されるという連続ピンチには意表を突かれた
      そこで伏線を回収しつつの再会はお見事

      軽くて緩い新ドラでは最高レベルじゃなかろうか


      人間のちゃんとした敵がいないと盛り上がらないのはクレしんでも経験済みだがやっぱり悪役は大事でしょ

      最後の望遠鏡もよかった

      深みはないけど全体的に悪くない
      >> 続きを読む

      2018/03/15 by tky

      「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のレビュー

    • 3.0

      実に15年ぶりのドラえもん映画の劇場鑑賞であった。
      15年前に観た作品は「のび太のロボット王国」。既に藤子・F・不二雄先生のオリジナル原作ではなく、ストーリーの陳腐さに大きく落胆したことを覚えている。それ以来、新たなドラえもん映画を観ることはなかった。

      そして、時は移ろい、時代は変わる。

      声優陣は一新され、アニメーションの作画も変わり、時折目にするテレビアニメでは、新しいドラえもんが息づいていた。
      旧アニメ版と原作コミックで育ってきた世代の者として、その変容には寂しさを感じはしたけれど、同時に、新しい世代に向けて新しいドラえもんが生き続けてくれることの喜びが勝っていた。
      より原作の世界観に近いアニメーション表現とキャラクター描写は、原作ファンとしては非常に好印象だったけれど、既に大人になっていた僕は、新しいドラえもんに親しむことを避けるように十数年を過ごしてきた。

      ただし、僕自身の人生と環境も変わる。

      ドラえもんから離れたこの十数年の間に、就職し、結婚し、子どもを二人授かった。
      当然のごとく、子どもたちはドラえもんが大好きになり、5歳になる長女がついに「ドラえもん映画を観に行きたい」と言ってくれるようになった。
      新しいドラえもんから離れ、大人ぶってあまり興味のないふりをしてきたけれど、僕はずうっとこの機会を待っていたように思う。
      子どもたちと一緒にテレビアニメも再び観るようになった。

      そして、満を持して、この最新作を娘とともに劇場鑑賞した。
      そこには、僕が愛してやまないドラえもんがいた。僕以上にF先生の原作を愛してやまないのであろう新しい世代のアニメーターたちが、より一層原作に近いキャラクターと世界観を、最新の技術で表現し続けてくれていた。

      ストーリーのロジックにおいて、F先生ならでは科学的考察と小気味よさに溢れた“巧さ”は無かったけれど、題材と顛末には「ドラえもん」というSF作品の真髄を追求しようとする姿勢と気概が見受けられた。
      「10万年前の南極」を舞台とし、「氷」という自然現象が持つ要素を生かし、「時間」の超越とそれに伴うドラマとタイムパラドックスまでを描き出す試みは、F先生が描き続けたS・F(すこし・ふしぎ)性に通ずるものであり、とてもロマンティックで、壮大だったと思う。
      あとほんの少しのストーリーテリングの巧さと、F先生の原作が持ち合わせていた毒気があれば最高だったと思う。(ニセドラえもんのくだりなどはとても惜しかったけれど)

      ともかく、作品そのものに対する満足感というよりも、僕の人生において、改めて「ドラえもん」に触れる機会を得られたことが、何よりも嬉しく、満足感に溢れている。
      来年以降も、子どもたちと一緒に映画館に足を運びたいし、この空白の十数年の間のドラえもん映画も今一度観ていきたいと思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/20 by tkl

      「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」のレビュー

    映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
    エイガドラエモンノビタノナンキョクカチコチダイボウケン

    映画 「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック