こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

リズと青い鳥

リズと青い鳥
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
ROADSHOW
1クリック登録
公開: 2018/04/21
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
監督・山田尚子、脚本・吉田玲子、キャラクターデザイン・西屋太志、音楽・牛尾憲輔ら、映画『聲の形』メインスタッフが早くも集結!

武田綾乃の小説『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』がアニメーション映画化!

――誰しも感じたことがある羨望と絶望。そしてそれらを包み込む、愛。
少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。

【あらすじ】
あの子は青い鳥。
広い空を自由に飛びまわることがあの子にとっての幸せ。
だけど、私はひとり置いていかれるのが怖くて、あの子を鳥籠に閉じ込め、何も気づいていないふりをした。
北宇治高等学校吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれと、フルートを担当する傘木希美。
高校三年生、二人の最後のコンクール。
その自由曲に選ばれた「リズと青い鳥」にはオーボエとフルートが掛け合うソロがあった。
「なんだかこの曲、わたしたちみたい」
屈託もなくそう言ってソロを嬉しそうに吹く希美と、希美と過ごす日々に幸せを感じつつも終わりが近づくことを恐れるみぞれ。
「親友」のはずの二人。
しかし、オーボエとフルートのソロは上手くかみ合わず、距離を感じさせるものだった。
>> 続きを読む

    「リズと青い鳥」 原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』) 監督:山田尚子 脚本:吉田玲子 キャラクターデザイン:西屋太志 美術監督:篠原睦雄 色彩設計:石田奈央美 楽器設定:高橋博行 撮影監督:高尾一也 3D監督:梅津哲郎 音響監督:鶴岡陽太 音楽:牛尾憲輔 音楽制作:ランティス 音楽制作協力:洗足学園音楽大学 吹奏楽監修:大和田雅洋 アニメーション制作:京都アニメーション 製作:『響け!』製作委員会 配給:松竹

    リズと青い鳥 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 切ない

      封切日に映画観たのは人生初。

      期待度MAXで臨み、期待以上ってあるんだな。

      鑑賞後、どっと疲れが。
      帰路、印象に残った場面をずっと反芻しながら自宅へ向かう。

      ------------------

      本作を語るには『響け!ユーフォニアム』という作品に触れる必要がある。

      はしょって言えば、『ユーフォ』は京都府宇治市の公立高校の吹奏楽部を舞台に、ユーフォニアム担当の久美子を主人公した群像劇で、それぞれの人間的・音楽的な成長をメインテーマとしているが、実質描いているのは「女子たちの複雑な人間関係」という、女子スポ根の王道のような作品だ。

      本作は『ユーフォ』アニメ版第二期序盤の台風の目だったオーボエのみぞれを主人公にして、高三になったみぞれとフルートの希美との、野郎には理解しがたい切羽詰まった友情を描いた内容になっている。

      映画に描かれる前段階として、中学時代、みぞれを吹奏楽部に誘ったのは希美で、無趣味で超人見知りだったみぞれは、そのことによって人生が大きく変わったと思うようになり、そう導いてくれた希美に対し、半ば信仰的なほどに依存するようになる。

      希美はその後中学の吹奏楽部長に就任するなど、人望と演奏の実力を兼ね備えたキャラだ。

      高校に入ったみぞれと希美は引き続き吹奏楽部に入るも、当時の二年生のグダグダさがひどく、希美含む一年生は集団退部を実行する。
      その時希美はみぞれに一言も声をかけなかった。

      みぞれは人伝で希美が退部したことを知り、それがトラウマになるも、音楽だけが自分が全身全霊で愛する希美との唯一の接点だと確信し、その後も吹奏楽部を続けた。

      二年生になり、希美は吹奏楽部への復帰を願うようになる。

      しかし三年生の副部長であるあすか先輩が認めない。

      その理由は、オーボエのエースとなったみぞれが希美に対し極度のアレルギーを持つようになったことで、全国大会を本気で目指すあすか先輩にとって、希美の復帰はリスク以外の何者でもなかったから。

      希美はついにあきらめ、最後に吹奏楽部へ挨拶に行った際、偶然、個人練習をしていたみぞれに遭遇する。

      ごく普通に笑顔で挨拶する希美。
      みぞれはパニックを起こし、全速力でその場を逃げる。

      でかリボン優子先輩にレスキューを頼まれた一年生の久美子は、校内を探し、理科室でようやくみぞれを見つける。

      そしてみぞれが久美子に吐露したのが、「希美に会い、希美にとって自分が必要が無いと言われることが耐え難い」ということなのだった。

      果たして、希美は退部する時に、みぞれに一言も声をかけなかった理由とは?

      これを描いたのが第二期第四話、『ユーフォ』屈指の神回である。

      本作はこのひりひりした展開の続編。
      ↓つづきはこちら
      https://ameblo.jp/yoshidasusumiyax/entry-12370181732.html
      >> 続きを読む

      2018/04/21 by susumiya

      「リズと青い鳥」のレビュー

    リズと青い鳥
    リズトアオイトリ

    映画 「リズと青い鳥」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画