こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

のみとり侍

のみとり侍
(C)2018「のみとり侍」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2018/05/18
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
映像の魔術師・鶴橋康夫が約40年間、映画化を熱望!

<ストーリー>
越後長岡藩藩士の小林寛之進(ひろのしん)(阿部寛)は、藩主・牧野備前守忠(ただ)精(きよ)(松重豊)主催の和歌の会に出席。そこで運悪く忠精の機嫌を損ね、「明朝より、猫ののみとりとして無様に暮らせ!」と江戸の裏稼業・猫ののみとりを命じられる。

「猫ののみとりって何ら ・・・?」

途方に暮れていた寛之進は、長屋で暮らすのみとりの親分・甚(じん)兵衛(べえ)(風間杜夫)とその妻・お鈴(大竹しのぶ)の元で働くことに。猫の“のみとり”とは文字通り、猫の蚤を取って日銭を稼ぐ職業。しかしその実態は、女性に愛をお届けする裏稼業であった。
住む場所もなくなった寛之進であったが、貧しくも子供たちに読み書きを無償で教える佐伯友之介(斎藤工)や長屋で暮らす人々の助けを借り、“のみとり”としての新生活が始まっていく。ほどなくして、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たす寛之進。幸運なことに、初めての“のみとり相手”がおみねとなり、胸が高鳴る彼だったが、“のみとり”開始数分後、「この、下手くそ!」と罵られ失意のどん底へ。
落ち込む彼の前に妻・おちえ(前田敦子)に浮気を封じられた恐妻家・清(せい)兵衛(べえ)(豊川悦司)が現れる。寛之進は、欲求に忠実な清兵衛に「拙者に女の喜ばせ方を教えてはくれぬか!」と頼み込むのだった。その甲斐あってか、寛之進の“のみとり”技術はめきめきと上達し、“のみとり”侍として一人前となっていく―――。
>> 続きを読む

    のみとり侍 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 2.0

      女を許して何故男の売春は許さん?
      男が男を買い、女が男を買うのに何の遠慮がある?

      些細な失言で藩主の怒りを買い、猫の蚤取りを命じられるが、意味が分からなかった。
      実態は女性相手の売春斡旋の裏稼業であった。

      エロなのかコメディなのか?
      コメディです!(笑)

      最後までちゃんと観て欲しい。
      >> 続きを読む

      2021/01/05 by ヒデト

      「のみとり侍」のレビュー

    • 4.0 笑える

      コメディですよね、コレ。
      面白く拝見出来ました。

      「仮面ライダーW」のフィリップのお姉ちゃんが体当たりの演技しててちょっとビックリでした。

      2020/01/25 by marino

      「のみとり侍」のレビュー

    • 3.0

      2018年の日本映画



      10月6日(日)
      『のみとり侍』
      下ネタ満載の映画
      結局いい話にしようとしているのか?
      見方がよくわからなーい……
      面白かったけど、何を目的に観ればいい映画なのか、わからなかった
      …貧しいけど支え会う江戸の庶民の話?
      …猫ののみとりの、話?
      >> 続きを読む

      2019/10/06 by ゆ♪うこ

      「のみとり侍」のレビュー

    • 3.0

      それなりに面白かったよ。

      2019/05/06 by megucchi55

      「のみとり侍」のレビュー

    • 3.0

      江戸時代、女性向けののみとりという仕事。
      コメディあり、ラストは強引にも真面目にまとまる(笑)
      コメディの阿部ちゃんはやっぱりおもしろいなぁと思いつつ、案外楽しめました。

      2019/04/28 by よっしー

      「のみとり侍」のレビュー

    もっとみる

    のみとり侍
    ノミトリザムライ

    映画 「のみとり侍」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画