こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

DARKEST HOUR
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
3月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2018/03/30
製作国: イギリス
配給: ビターズ・エンド=パルコ
大本命!第90回アカデミー賞®6部門ノミネート!
「政界一の嫌われ者」から「伝説のリーダー」になったチャーチル、真実の物語。 ダンケルクの戦いの裏で下された、歴史的決断とは──。

    ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 3.0

      それにしてもゲイリー・オールドマンに特殊メイクでスゲェ変わるな。王様のブランチでそう言っててちょっと興味あったけど、チャーチルを知ってなきゃ感動半減かも。
      あと、ドイツにくっついてたしな、日本は、、、

      2019/04/23 by HAGANELLIC

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 3.0

      日本語話者が付けた日本語話者を愚弄する邦題。

      それはさておきチャーチルは地下鉄でBritishという単語を使ったのだろうか

      2019/03/02 by taku

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 0.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      ジョー・ライトは才能ある監督だし、ゲイリー・オールドマンの演技は素晴らしいと思うけど・・・

      作り手の感動させよう、させようという意図が見え透きすぎる!演出も、セリフも、演技も。

      戦争続行か、それとも和平交渉か?という葛藤だけに絞り込んで、美人すぎる秘書の視点など取り入れ、最初のシーンとした就任演説から、ラストの拍手喝采の演説まで、巧く纏めているとは思う。しかし、いったいどこまでが史実で、どっからが演出なのか。

      地下鉄で庶民の声を聞くなど、うそ臭い。トイレに電話があってルーズベルトと電話する?うそ臭い。美人秘書、うそ臭い。演説内容も、どこまで本当なのか。。。

      うーん、こういう歴史虚飾映画は、年々自分には難しくなってきている。面白くないわけではなく、むしろよく出来てるからこそ、信用できないんです。勝手に歴史つくっちゃっていいのか、と。

      映画というのは、本当に都合よく歴気を改変する。観客を気持ちよくさせるため。それが見えると、気持ち悪くなっちゃうんですね。それは『英国王のスピーチ』でも、おんなじ(どちらも、ジョージ6世が出てくる。ビル・マーレイがルーズベルトを演じた『私が愛した大統領』にも、ジョージ6世が出てましたね)

      でも、チャーチルには興味を持てたので、伝記でも読んでみるか。そういう意味ではためになったかと。
      >> 続きを読む

      2019/03/02 by かんやん

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      チャーチルの闇や人としてのチャーチルを大事にしなごらも、チャーチルをあまり肯定はしてない印象。前評判も悪くて、議会でもアンチに邪魔される。しかし、頑なにナチスと戦おうとする。確かに当時のヨーロッパ情勢からイギリスが戦わなければどうなっていたかわからない。地下鉄での民衆の語りは彼の政治家としてのちからが見えていい演出だが、同じ民衆の意見から戦争をして負けた東条英機。本当に立場の違いだけ。負けていれば東条英機と同じになっていたんだろうな。

      2019/02/21 by 無月斎

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      それなりにわくわくする作劇になってると思うけど、どうしても主役としてのチャーチルに肩入れできなかった。
      歴史をすでに知ってる現代人の視点で捉えられてるので、盛り上げる作劇が逆に作為的な匂いがプンプンしてきて、途中から冷めてくる自分がいた。
      日本だと敗戦国だから戦争に突き進んでいくと、逆に悪い人という作りになるんだろう。

      そういう意味では、戦意高揚映画を見せられてる気分になってくる。
      とはいえ、おもしろくなくはない。
      >> 続きを読む

      2019/02/17 by unkuroda

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    もっとみる

    ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
    ウィンストンチャーチルヒトラーカラセカイヲスクッタオトコ

    映画 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック