こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

DARKEST HOUR
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
3月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2018/03/30
製作国: イギリス
配給: ビターズ・エンド=パルコ
大本命!第90回アカデミー賞®6部門ノミネート!
「政界一の嫌われ者」から「伝説のリーダー」になったチャーチル、真実の物語。 ダンケルクの戦いの裏で下された、歴史的決断とは──。

    ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0 泣ける ハラハラ

       原題は「DARKEST HOUR」。それは文字通りの最悪の時。この映画が描くのは、ウィンストン・チャーチルの、彼が首相を務めたイギリスの、そしてヨーロッパと世界が直面した過酷な最悪の時期。
       時は第二次世界大戦緒戦。ヒトラー率いるナチスドイツはすでに東欧を我が物として、最大の敵フランスに目と牙を剥いていた。この国難の時節に首相に指名されたチャーチルは、しかし最大の味方であるはずの与党からの孤立を余儀なくされていた。
       国王、与党、政敵、敵国、そして避けえぬ犠牲。己を取り巻くすべてからの孤立、あるいは敵視に晒されながら、それでもナチスへの徹底抗戦に徹する、徹しようとするチャーチル。しかし彼の足下で、手の届かぬところで、その信念を揺るがす事実は着々と積み上がっていく。言葉の魔術師と呼ばれた男、のちにノーベル文学賞を受賞した男が、磨き続けた武器が向かうのは。

       ゲイリー・オールドマンの圧力溢れる演技がとんでもないこちらの一作。やとえ第二次世界大戦前後の戦史に詳しくなくとも、誰もがゲイリーと思わず、チャーチルだと思った、と言うこの絵と動きの重さだけでも納得に足るこの一作。
       思えば題材となる時代、夜明けのまだ遠い、黄昏の時代に思いを馳せる人が多くあることが、今日この映画の問われる理由なのかも知れません、パンフレットでは否定されてはおりましたが。ともあれ、ダンケルク、英国王のスピーチ、といった一連の作品の先で、この一作を見なくてはならない、と思うのです。

       権力者は思いやり深くなくてはならない。劇中の、その言葉を噛み締めつつ、ひとつ。
      >> 続きを読む

      2018/05/05 by sn@散財

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 5.0 泣ける ハラハラ 元気が出る

      ゲーリーオールドマンの演じるチャーチル。
      オレは嫌われ者だよと言いながらも、戦時中の厳しい状況で、議員や市民を巻き込んで次々と意思決定をしなければいけない。確固たるポリシーをもってそこを切り抜けていく姿はカッコよかった。
      まさに真のリーダーという感じ。
      ちょいう小泉純一郎元総理がイメージ重なった。

      2018/04/08 by kazu1209

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 4.0

      映画館)2018年19本目の観賞(TOHOシネマズ日本橋にて)。第二次世界大戦時下、イギリスの首相に就任したチャーチルが、当時ドイツ軍の勢いに押されて及び腰になっていた国をまとめてヒトラーに対抗するまでの話。まずは、チャーチルを演じたのがゲイリー・オールドマンとはわからない程のメイクの出来に驚きを隠せなかった。確かにアカデミー賞物の仕事といえる。あと、昨年「ダンケルク」という映画を見たが、その出来事と繋がりがあるためこの付近の時代背景などを事前に調べておくと、チャーチルがどんな心境でいたかということがより理解できると思う。(その点はいつも歴史的背景が頭にないため見るたびに後悔して残念に思うのだけど)。感想はこんなところです。 >> 続きを読む

      2018/04/06 by おにけん

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 4.0 泣ける 笑える

       前任のチェンバレン首相退任によって与野党連立政権を束ねるために新首相として指名を受けたウィンストン・チャーチルであったが、ナチスドイツはヨーロッパを支配しかねない勢いがあった。チェンバレン及び政敵のハリファックスはムッソリーニを介してナチスと和平条約を結ぼうとするが、チャーチルは徹底抗戦の構えを示す。

       え?ゲイリー・オールドマンってどこに出てた?と思ってしまうほどの特殊メイクであり、アカデミー賞も納得の出来であった。
       ダンケルクの戦いの裏(むしろこっちが表か)側の政治動向が舞台となっている映画。昨年公開のダンケルクを観た後にこちらを鑑賞するとどうしても泣けてしまう。嫌われ者として名前を聞いていたチャーチルでこれほど感動させられるというのは見事。
       「政界一の嫌われ者」たる描写が弱い。多くの人から恐れられたという台詞はあるものの、気性の荒さが垣間見える描写が弱すぎて、普通に良い人に感じられてしまう。最初と最後とでギャップをつけるために思い切った描き方をしてもらいたかった。
       また、最初と最後の演説とで言っている内容がほとんど一緒であったことも残念。それぞれの原稿が史実どおりであるなら文句は無いものの、折角であればエリザベス・ネルのキャラクターとの和解を通して聴衆を諭す原稿を書けるようになったという描写があれば良い対比になった気がする。
       同様の対比は国王との関係性においても欲しかったところだ。もっと事件性の高い事案を通して和解したという描写があればその後の行動にも鑑賞者が入り込めたように思う。煙草と葉巻、昼からの飲酒の有無という対比が興味深かったために二人の関係性にもっと焦点を置いて欲しかった。
      >> 続きを読む

      2018/04/01 by answer42

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    • 5.0

      映画「ダンケルク」を観てると、よりストーリーが分かる!
      つーか、「ダンケルク」を挟み込んでいくと丁度いいのかも。ダンケルク(戦場)の映像を一切使わず、徐々に追い込まれていくイギリス軍の様子を描くこの映画と、ダンケルクのイギリス軍のみの映像で構成する「ダンケルク」。それぞれに鬼気迫る感はありますが、チャーチルのゲイリー・オールドマンの演技は素晴らしかったです!
      あと辻さんのメイクは、まさに魔法のようでした。襟の上に盛り上がった首の肉や毛穴まで全てか作られたものとは思えない出来。見いってしまった

      2018/03/31 by key

      「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のレビュー

    もっとみる

    ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
    ウィンストンチャーチルヒトラーカラセカイヲスクッタオトコ

    映画 「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック