こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チア・ダン

チア・ダン
(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/03/11
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
2009年3月、福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝するというとんでもないニュースが世間を賑わせました。たくさんのテレビや新聞などでも取り上げられた、女子高生たちと彼女たちを支えた一人の教師との絆の青春感動サクセスストーリー。この奇跡のような実話をもとに映画化プロジェクトが始動いたします!
主人公となる女子高生・友永ひかりを話題作に立て続けに出演し、もはやメディアに露出されない日はないといっても過言ではない、もっとも旬な女優・広瀬すずが演じます。「サッカー部に所属する憧れの男子生徒を応援したい」という軽い気持ちでチアダンス部に入部してしまったごくごく普通の女の子が、顧問の女性教師からの鬼のような厳しい指導、チームメイトの支えによって成長し、たった3年でチアダンス部が全米大会を制覇するまでの軌跡を描きます。まさに青春ミラクルストーリー!!この天真爛漫な主人公ひかりは、現在17歳である広瀬にとって等身大ともいえる役柄。まさに今しかできないベストなタイミングでの配役が実現しました!「躍動感はピカイチ!」とチアダンス振付・指導の前田千代先生(一般社団法人日本チアダンス協会)から太鼓判をいただくほどのポテンシャルを発揮した、映画史上に残る圧倒的なダンスシーンにもご期待ください!
また、広瀬すず演じる主人公・友永ひかりの親友であり、ライバル。福井中央高校チアリーダー部JETSの部長・玉置彩乃役に、雑誌やテレビで人気急上昇中の、中条あやみが決定!中条はダンス未経験ながら昨年からダンス練習を開始し、当初はチアダンス特有のシャープな動きに苦戦したものの、今ではその長い手足、抜群のプロポーションを活かしたダンスは誰よりも美しく、河合監督からもダンスのコーチからも絶賛されるほどに!その他JETSのメンバーは、山崎紘菜、富田望生、福原遥、柳ゆり菜、南乃彩希など、フレッシュなメンバーが集結!クランクイン前から約半年間、共にチアダンスの練習に励み、チームワークを育みながら、撮影に挑みました。また、主人公ひかりがチアリーダー部に入部するきっかけとなる、同級生の山下孝介役には、映画『ちはやふる』の綿谷新役での好演が話題となった真剣佑。中条演じる彩乃に想いを寄せ、影で見守る矢代浩役を人気沸騰中の健太郎が演じます。
さらに!広瀬すず演じる主人公・友永ひかりの所属するチアダンス部JETSの顧問を務め、その厳しい指導から生徒たちに恐れられている鬼教師・早乙女薫子役を、数々の映像作品で強いリーダー役を演じ、明治安田生命が毎年発表している、新社会人が選ぶ「理想の上司」女性部門で7連覇を達成するなど、卓越したカリスマ性と人気を併せ持つ女優、天海祐希が演じることが決まりました!教師との強い信頼関係の中で成長していく、広瀬らJETSメンバーの雄姿と、彼女たちの成長を見守る教師としての天海の、厳しくも愛情のある表情に心動かされることは間違いありません。
フツーの女子高生と一人の教師がチアダンスで全米制覇を成し遂げる感動の軌跡を描いた、青春ミラクルエンターテイメント作品にご期待ください!みんなでチアダンスしよっさ!

【ストーリー】
県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生の孝介(真剣祐)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)によって「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導!!。早々に周りが退部していく中、チームメイトの同級生・彩乃(中条あやみ)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかり。チアダンス部は“全米大会制覇”に向かって走り出す!!フツーの女子高生たちの夢への挑戦が今、始まる―。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 広瀬すず 中条あやみ 山崎紘菜 富田望生 福原遥 真剣佑 柳ゆり菜 健太郎 南乃彩希 陽月華 木下隆行(TKO) 安藤玉恵 緋田康人 きたろう 天海祐希 監督:河合勇人 脚本:林民夫

    チア・ダン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 泣ける 笑える

      福井の高校の実話を元にした映画、今度ドラマにもなるらしい。
      福井在住で娘たちからは、JETSの話を聞いたり、実際に見たりした話を
      聞いており、やはり気になって鑑賞。しかも家族で(笑)

      かわいい広瀬すずちゃんを始め、出演者のみんなが慣れない福井弁をしゃべっていて、
      くすくすと笑ってしまった。
      最初から最後まで、「〇〇やのぉ~」「ほやほや」って(笑)

      最初は、福井馬鹿にされてるなぁとみていたが、いつの間にかストーリーに
      引き込まれていく。
      ちはやふるのコンビ、さすがです。
      女松岡修造こと、早乙女先生(天海祐希さん)の熱演、よかった。
      指導者として、あんなに鬼になれないわ。
      スポ根モノに弱い私は、あっという間に涙があふれてた。

      いろいろな素敵な言葉があふれていましたが、一番よかったのは
      やはりこれ。

      「とんでもない場所にたどり着く方法は一つ。日々の積み重ね。」

      イチローに通じるな。。
      一歩一歩、一つ一つ積み重ねるしかないんだよな。


      正直、期待以上にいい話でした、いい映画でした。




      追伸

      新潟市出身の私には、ロケ地も気になってしまった。
      >> 続きを読む

      2017/04/24 by あさやん

      「チア・ダン」のレビュー

    • 4.0

      質感はビリギャルにかなり近いように思った。ただあれやこれやと描くことが多すぎてかなり詰め詰めな印象を受ける。要素を一つ一つが圧縮されているのでザクザクとした展開だった。ドラマでゆったりと描いた方が理想的ではと思っていたら本当にドラマ化するらしい。

      話自体はとても感動的で部活とかで努力していた者には響くものがある思う。チーム内の振舞における苦悩とかは胸が締め付けれられる。
      ただ肝心のダンスの見せ方がどうにもイマイチで残念。ほとんどダンスシーンは見せずに溜めに溜めただけにその分拍子抜けだ。決してダンス自体が悪いわけじゃない。俳優さんたちの素晴らしさはひしひしと伝わってくる。けど編集がウンコ。ダンスがちゃんと見れない。ぶつりぶつり途切れる。
      あとアメリカ大会の司会者が邪魔すぎる。ピッチ・パーフェクトっぽい感じだったけど、下手。違和感ありありであざとかった。

      広瀬すずも素敵だったけど、個人的には山崎紘菜がとても良かった。高身長で制服&パーカーの組み合わせにはかなりグッときた。中条あやみに関しては『セトウツミ』の裏ではこんなことが起きていたという勝手な妄想で見ていた。
      >> 続きを読む

      2017/04/21 by きりゅう

      「チア・ダン」のレビュー

    • 5.0 泣ける 元気が出る

      泣ける!元気が出る!まさにそんな映画でした。
      中でも先生の陰ながらの努力が一番きました。
      あれは、あかんです。
      成長して欲しい、勝って欲しいからこそ、鬼になれるんですね。
      とんでもないところに行くには、毎日積み重ねるしかないのです。
      たくさん失敗して、たくさん恥をかいて、そして成功する。
      これを青春時代に体験しておくのとそうでないのとでは、人間力が違ってきます。 >> 続きを読む

      2017/03/27 by wany

      「チア・ダン」のレビュー

    • 4.0

      物語的には王道、粗探しをすれば色々文句の付け所は有ったが好きなジャンルの映画なので気に成らず見ることが出来た、楽しめた映画でした。

      2017/03/16 by されっく

      「チア・ダン」のレビュー

    • 5.0

      ☆試写会☆

      県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生の孝介(真剣祐)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)によって「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導!!。早々に周りが退部していく中、チームメイトの同級生・彩乃(中条あやみ)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかり。チアダンス部は“全米大会制覇”に向かって走り出す!!フツーの女子高生たちの夢への挑戦が今、始まる―。

      や~~良かった。感動した!元気もらった!明日への活力となった!
      日本の高校生チアダンス部が全米制覇!いや、ありえないし、ではなく実話!

      広瀬すずって、いい女優さんなんだね~とイマサラ。
      ひかりを見てると元気になる。彼女のような人間になりたいものだ。
      なかなか心を開かないヒップホップな彼女とストリートで踊る場面でまず涙し、そこからは何度も何度も涙が出た。
      天海祐希演じる鬼先生が、後半また泣かせてくれます…。

      頑張る姿を見てると頑張りたくなる。高まった!!
      サイコーでした。また見たい映画です!

      明るく素直に美しく!
      >> 続きを読む

      2017/03/08 by もんちゃん

      「チア・ダン」のレビュー

    チア・ダン
    チアダン

    映画 「チア・ダン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画