こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

光
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会
11月25日(土)、新宿武蔵野館、有楽町スバル座 ほか全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: ドラマ
公開: 2017/11/25
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム
25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。
僕たちは、人間のふりをして生きているー。

■ストーリー
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。
>> 続きを読む

    井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ  南果歩 平田満 監督・脚本:大森立嗣 原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 音楽:ジェフ・ミルズ  配給:ファントム・フィルム ©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会  公式HP:http://hi-ka-ri.com/

    光 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       



      『タイトルとラストシーンに込められた想い』


      自宅(CS放送)にて鑑賞。交錯する過去に縛られ、複雑なしがらみに藻搔く人々を描くミステリー。25年前のエピソードの雰囲気や画面は『天城越え('83)』を想起した。合っているのか、浮いているのか、判り辛いデトロイトテクノの雄、J.ミルズのザラついたBGM。心情描写と呼ぶには軽薄な短いカットバックの繰り返しも唐突でややアンバランス。後半に差し掛かるに少し冗長で間延びした印象を受け、物語としての迷いを感じた。全篇を通し、希望や救済、カタルシスが得辛い感覚ははたして狙いだったのか、そうなってしまったのか。60/100点。

      ・主従関係が目まぐるしく変わる物語。誰が誰を支配していたのか、従属していた筈なのに、或る瞬間から突如、立場が逆転する。ほんの些細なきっかけから、取り巻く環境を含め、全てが変わって行く──その分岐点を見守る作品なのかも知れない。

      ・グロい展開や描写も少しあり、それらが苦手な人の鑑賞は要注意である。主要な登場人物が少なく、物語自体もシンプルな故、演技や描写、展開等の粗が際立ち、それらが大きなマイナスポイントとなった。

      ・地震や津波による行方不明と現代風で記憶に新しい題材が採り入れらている。背負った過去に追われ、平凡な日常が崩れ行くのは『淵に立つ('16)』に少し似た感傷を抱かせる。ラストの大木(椿)とタイトルに作り手が模索していたであろう着地点があると思えた。

      ・“黒川信之”を演ずる井浦新に乞われた捉え所の無い“黒川輔”役の(永山)瑛太──何を考えているのか判り辛い、或る種不気味な役所は一時期の萩原聖人を髣髴させる。“黒川南海子”の橋本マナミはそこそこ観れたが、“篠浦未喜”を演じた長谷川京子に売れっ子としての存在感や四半世紀に亘り一方的に慕われるオーラが感じられず、残念だった。“洋一”の平田満、“小野”の南果歩は流石で、少ない出番の端役ながら異様な雰囲気を盛り上げる役割をしっかり果たしている。


       
      >> 続きを読む

      2020/01/15 by 三多羅 格

      「光」のレビュー

    • 3.0

      静かな狂気と、テクノ音楽…掛かる度にビクっとなる。とても不自然。コレを狙っているのかな。

      瑛太~~~。

      2019/09/28 by chikako

      「光」のレビュー

    • 1.0

      R15指定。橋本マナミ。映画として好きじゃない。原作を読めばよかった。

      2019/07/06 by tokkun1002

      「光」のレビュー

    • 2.0

      途中の音楽が雰囲気を悪くしているような…

      2019/02/17 by まほめっと

      「光」のレビュー

    • 3.0

      大森監督、なぜこうなった?
      題材的にはとても面白いものができるストーリーなのに、所々はいるEBM系の音楽や、展開を遮るカット割りが入ったりで、なんか独特なこだわりもって作る映画研究会学生みたいなつくりだった。観ていて思考の流れが途切れてしまい、疲れた映画だった。瑛太さんも井浦新さんもいいのになー。監督に期待が大きかっただけに、ちょっと残念だった。

      2018/12/30 by megucchi55

      「光」のレビュー

    もっとみる


    ヒカリ

    映画 「光」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画