こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

銀魂2 掟は破るためにこそある

銀魂2 掟は破るためにこそある
© 空知英秋/集英社
© 2018 映画「銀魂2」製作委員会
2018年8月17日(金)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/08/17
監督:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
2017年No.1大ヒット『銀魂』が、プレッシャー2倍で続編公開!
夏は、やっぱり銀魂!
今度の「銀魂」はもっと笑って、もっと泣いて、もっとアツくなる!天下無敵の痛快アクションエンターテイメント!

【ストーリー】
便利屋《万事屋(よろずや)銀ちゃん》に、予想外の依頼が舞い込んだ!飼い犬さがしのような小さなことから、時には命を懸けて街を救ったりと様々だが、果たして新たな依頼とは…!?宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍が衰退の一途をたどるパラレルワールドの江戸時代末期・かぶき町を舞台に、侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗旬)と、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)が営む“万事屋銀ちゃん”の周りで起こる様々な事件が描かれる、笑いあり、感動ありの物語。
銀髪天然パーマのぐうたら侍、でも仲間を護るためにはキリっと光る、ニューヒーロー再び!
>> 続きを読む

    銀魂2 掟は破るためにこそある の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      前作の時はそれなりに似せようとしてたと思ったのに、佐藤二郎の演技が嫌い。ヨシヒコのときの仏のくどい演技と同じで鬱陶しい。それと小栗旬の演技もいまいちで全然銀さんらしくないと思うのは私だけだろか。対照的に鴨太郎が春馬君と気づかなかった程、役作りに頑張ってたと思った。本当に春馬君を思い出すと悲しくなる。とにかく、似せようと一生懸命な作りだから、そこは素直に称賛。ただ自分の好きなキャラが俳優たちとかみ合ってないとすごく違和感を感じる。それが銀さん、神楽ちゃん。あと十四郎もいまいち。でも大体が似てたから、実写版にしてはここまで作れるのはすごいことだと思う。それでも学芸会はつきまとってるけど。(Netflix) >> 続きを読む

      2022/05/07 by 桃猫バラ

      「銀魂2 掟は破るためにこそある」のレビュー

    • 3.0 笑える

      福田雄一監督・脚本。同名漫画の実写映画化。シリーズ2作目。
      前作以上にコント成分が増していて、声を出して笑わせていただきました。
      漫画を実写化すると大抵「コレジャナイ感」が出てしまうものだけれど、本作は原作らしさが十二分に感じられて、それでいて福田監督らしさもしっかりあって良かったです。
      シリアスパートもアクションに力が入っていて、エンタメ成分高めで楽しめました。

      2020/09/24 by ででん

      「銀魂2 掟は破るためにこそある」のレビュー

    • 3.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      2018年/日本映画
      DVD鑑賞

      2020/08/11 by Chappy

      「銀魂2 掟は破るためにこそある」のレビュー

    • 4.0

      2018年の日本映画


      『銀魂2 掟は破るためにこそある』
      前作はすっかり忘れている
      ギャグが満載!
      新撰組(?)がベース?
      名前で、なんとなーく役柄がわかるのは幸い……
      新撰組の番外編を観ているようで面白かった
      ?主役は土方さんと伊藤さん?

      好きな映画…
      >> 続きを読む

      2019/10/26 by ゆ♪うこ

      「銀魂2 掟は破るためにこそある」のレビュー

    • 3.0

      原作にキャラ設定も忠実。
      みんなはまり役。今回は柳楽優弥の土方にやられたぁ!
      かっこええ。

      2019/08/11 by 理恵さん

      「銀魂2 掟は破るためにこそある」のレビュー

    もっとみる

    銀魂2 掟は破るためにこそある
    ギンタマツーオキテハヤブルタメニコソアル

    映画 「銀魂2 掟は破るためにこそある」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画