こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。

IT
IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/11/03
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全35件
    • 評価なし

      金曜ロードショー

      「ペニーワイズが〇〇高校をおススメするようです」という動画で知った映画。

      ワクワクしながら見始めたのに、側溝口のペニーワイズは別人だった…。リメイク版があるんか…。
      しかもカラッと単純なホラーものと思っていたのに、ねっちょりしたR指定もの…。
      ペニーワイズより 度を越えたいじめ、差別、虐待に満ちたあの子たちの日常生活の方がよっぽど怖いんですけど!

      というわけで、私の好みではありませんでした。
      ちなみに「スタンド・バイ・ミー」も全く好みではないです。
      >> 続きを読む

      2019/11/11 by もちこ

      「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」のレビュー

    • 3.0

      ただのホラー映画かと思ったが、スタンドバイミーの様な少年、少女の友情と成長物語としてみんなでペニーワイズに立ち向かう熱い物語でした!

      ただ純粋に怖いは恐いです。
      今やってる最新映画は今回のメンバーの未来の話らしいので、高まりますね、是非観たいです。

      2019/11/10 by ヒデト

      「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      人が行方不明になる。その原因がわからないのが最も恐ろしい。
      主人公である子供達のピュアな目を通し、夢と現実の狭間にて見る悪夢。
      ”それ”の正体は?目的は、一体何だったのか。頼る大人はいないけど、恐れより仲間がいる心強さを信じて立ち向かう子供達の強さが清々しい物語だった。

      2019/11/09 by KUMI

      「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      私とペニーワイズの出会いといえば
      某動画サイトで、コラとかばっか見てたから、
      いろんなものを勧めてくるペニーワイズシリーズとか踊るペニーワイズとか。。
      そのイメージが先行してか、恐怖を与えようとすればするほど、ギャグにしか見えなかった。
      さらに地上波放送用に特別編集されていたので、私は真のペニーワイズに出会えたとはいえないかもしれない。

      【2019/11/8 地上波放送特別編集版 吹替 金曜ロードSHOW】 >> 続きを読む

      2019/11/09 by まつこ

      「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」のレビュー

    • 5.0

      ただのパニック映画とかお化け屋敷ハシゴとか、の批評第一段階を乗り越えていただいたら、昔を忘れていない人にとってはスタンドバイミーの真の姿に映る。
      いじめられていても見て見ぬふりをする大人たちばかりの、デリーという街自体がイットともいえる。

      しかし、立ち入り禁止の柵を乗り越えた時の気持ちを毎日思い出せる人でないとこの映画はキビしいと思う。

      作品の良さはチャプター2観てはじめて立体的に浮かんできた。
      完全に原作の奥深さゆえでしょう。
      その奥深い人生の立体構造が見えたらあなたもきっと浮かぶ。
      >> 続きを読む

      2019/11/07 by climax38

      「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」のレビュー

    もっとみる

    IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。
    イットソレガミエタラオワリ

    映画 「IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック