こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

散歩する侵略者

散歩する侵略者
©2017『散歩する侵略者』製作委員会
9月9日(土)ROADSHOW
1クリック登録
公開: 2017/09/09
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹=日活
第70回カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門正式出品作品

人類は知らない。滅亡はそこまで来ている。
―いまだかつてない、“目に見えない侵略”―
どこにでもいるような不仲の夫婦・加瀬鳴海(長澤まさみ)と加瀬真治(松田龍平)。ある日、行方不明となった真治が帰ってきたところから、2人の生活は静かに異変に巻き込まれていく。一方、町で起こった一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、その取材の過程で謎の若者たち(高杉真宙・恒松祐里)と出会い、ある「異変」に気づく。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常は、ある日突然、様相を変える。-同時並行で描かれる2つの物語は、次第に引き寄せられ、誰も予想出来ない展開、そして心が震えるラストへと発展していく。 >> 続きを読む

    散歩する侵略者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      宇宙人視点で人間を描く。我輩は猫であるの宇宙人バージョンと考えていいだろうか。
      人間にとって、何が大切なのか、何を当たり前にとらえているかを見つめさせる。
      愛の概念で人間が救われるのがオチ。
      基本的に深刻さは醸し出されず、常に冗談みたいなことが起こり続けるように感じられるのは、人間の心理変化が急激すぎたり、状況に無理があったりするからだと思う。そういうところは、演劇だと想像力で補える(ごまかせる?)ところなのかもしれないが、いかんせん映画だと萎えるところも…。舞台で観たかったというのが正直なところ。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by kukuru

      「散歩する侵略者」のレビュー

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      タイトル名から昔見たウルトラQを思い出したが・・・、設定等もSF物でよく使われるエネルギー生命体が地球人の体を乗っ取って云々・・・、結末も想定内、退屈はしなかったがSF好きとしては不満の残る内容であった。

      愛は地球を・・・。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by されっく

      「散歩する侵略者」のレビュー

    散歩する侵略者
    サンポスルシンリャクシャ

    映画 「散歩する侵略者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画