こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

散歩する侵略者

散歩する侵略者
©2017『散歩する侵略者』製作委員会
9月9日(土)ROADSHOW
1クリック登録
公開: 2017/09/09
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹=日活
第70回カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門正式出品作品

人類は知らない。滅亡はそこまで来ている。
―いまだかつてない、“目に見えない侵略”―
どこにでもいるような不仲の夫婦・加瀬鳴海(長澤まさみ)と加瀬真治(松田龍平)。ある日、行方不明となった真治が帰ってきたところから、2人の生活は静かに異変に巻き込まれていく。一方、町で起こった一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、その取材の過程で謎の若者たち(高杉真宙・恒松祐里)と出会い、ある「異変」に気づく。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常は、ある日突然、様相を変える。-同時並行で描かれる2つの物語は、次第に引き寄せられ、誰も予想出来ない展開、そして心が震えるラストへと発展していく。 >> 続きを読む

    散歩する侵略者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 2.0

      劇団イキウメの舞台。ノベライズもされているよう。もともと話題性の高いものをわざわざ映画化した理由はなんだろう、こともあろうに黒沢清が、とまずは思うのではないか。

      小劇場に足を運ばなくて久しいが、金もない人も足りない板も狭い…となれば、内容で勝負しようとなるのは必然で、そうきたか! と思わず唸るような脚本に出会うこともしばしばだった。ハングリー精神はもっと称揚されるべし。野田秀樹は言うに及ばす、鴻上尚史や三谷幸喜なんかも、若い頃は今よりだいぶ才気走っていたように思う。

      芝居のシネマタイズで昨今話題になった映画といえば、『カメラを止めるな!』でしょうか。こちらはまだ観ておりません。

      そもそも話題になった芝居だけあって、脚本の着眼点は非常に面白い。これは作り手ならずとも、自ずと想像力を掻き立てられる。

      異星人が地球を侵略しにきた、と。ハリウッド慣れした我々の感覚からしたら、空から巨大宇宙船が到来して有無を言わさぬ攻撃が開始される…というのがあり得べき「侵略」だが、ここで行われるのは異星人の侵略前調査?としての「概念の剥奪」である。概念、と聞いただけでなんだか難しそうだし、役者がこの言葉を口にする際の違和感は最後まで拭えないのだが(こういう小難しい用語を日常化しようとするところに小屋テントの演劇臭を嗅ぎ取るのは小生だけだろうか)、異星人に乗っ取られた人間の形なるものが、人間の額に指先を触れたばかりで、彼・彼女のイメージする抽象概念を奪い取ることができるというのは、なかなか刺激的な発想ではないか。「自由」という概念がなくなるとはどういう事態なのか、「自他」の区別がなくなるとはどういう事態なのか、「家族」という概念を持たないとはどういう感覚なのか…。

      結論からいうと、招来され得る事態についての作り手の想像力が追いついていないという印象が最後までつきまとう。所有という概念を持たない人々、過去形や未来形を、死や生の概念を、人称の区別を…それらを持たない人々というのが地球上にじっさいに存在しており、もう少し彼らのフィールドワークに基づく知見が脚本に反映されてもよさそうなものだが、概念を剥奪された地球人は多かれ少なかれ痴呆状態になるばかりで、まずは安易である。

      最後にあの概念が当然のように問題になるわけだが、黒沢清は最大の見せ場で逃げを打ったとしか思われない。曖昧にぼかすにしても、俳優のセリフ=言葉のみで観客に丸投げするのは、シネアストとしてあるべき姿ではないと思うが、どうか。小泉今日子扮する医者が、「鳴海(長澤まさみ)のような症例にはいまだ出会したことがない」といい、夫の信治(松田龍平)が彼女を病室に見舞うと、鳴海はベッドの縁に座っていて、その表情は無そのものになっている…。どんな症例ですか? と心に尋ねる間もなく、エンドロールと相成るわけでした。

      黒沢清の映画で観客として曖昧なまま放り出されるなんてことは別に今に始まったことではないんで、特段の不満があるわけではないんですけど。でも、『アカルイミライ』に感動したのも遠い昔、最近作でいえば『クリーピー』にしても『贖罪』にしても、過大評価されてやしないか? と。話の整合性を云々し始めれば、そういう凡庸さを超えて…とか反論されそうだし、まぁ、それならそれでツッコミ刀は懐にしまって大人しく観ますけど、自衛隊の出動やら反撃やらは記号的に描けばよいと、数人の迷彩服と数台の軍用ジープを走らせて事足りるのであれば、『スタートレック』のエンタープライズ号が雲海から出現するシーンに胸熱する感性とは一体なんなのか、野蛮で下等なものなのか、是非とも黒沢清に問いたいものである。

      寓意、としての価値を称揚するのもわかるが、映画って、やはりエンターテイメントではないのか、と。長澤まさみの役作りをもう少し深くして、一度は喪失した夫婦関係を一からたどり直すぎこちなさと瑞々しさとを、日常の些事の積み重ねから紡いでいって、その到達が世界の終わりと重なる…というのはそれだけで十分エンターテイメントの筋足り得ているではないか。それなのに、少なくとも小生は鳴海の哀切を概念としては理解できても、リアルなものとして共有できなかったのだから、やはり作り手(俳優を含む)の力量なり気概なりは少なからず関係していると思うのだ。

      かくいう小生は、黒沢清の生涯の傑作を待望しております。
      >> 続きを読む

      2021/01/21 by Foufou

      「散歩する侵略者」のレビュー

    • 2.0

      宇宙人っている?いるよ!宇宙は無限に広がっている。
      まさかこのちっぽけな地球にだけしか、生命体が存在しない
      なんて考えられない。なら、いつかやって来るぞ!
      だけど、仲良くなれないかな…この作品のように、
      今までの価値観とかむちゃくちゃにされるの嫌だな〜
      もし、道でサクライさんのような宇宙人の侵略を叫ぶ
      人に出逢ったら、馬鹿にしないよ。
      とりあえず話を聞いて、考えることにする。そして、
      愛している人には、出来るだけ愛してるって、
      いつも伝えておいた方がよさそうだな、
      そうすろことにしよっと!
      >> 続きを読む

      2021/01/10 by luis

      「散歩する侵略者」のレビュー

    • 2.0 クール

      なんだろう。SFなのにこのレトロ感。
      小さい頃に観たウルトラマンを思い出した。
      音楽が古いというかなんともいえないなぁ。
      ちょっと特撮っぽくて「仮面ライダー」みたいな感じ。
      題名も「散歩する侵略者」って…。

      2020/02/18 by marino

      「散歩する侵略者」のレビュー

    • 2.0

      とりあえず長い。淡々と進むので余計に長く感じた。
      それでも中盤辺りまではまだ面白く観れたんですが、それ以降つまらなくて最後まで観るの辛かった。
      長澤まさみさんだけ良かったです。

      2019/11/29 by saruwatari

      「散歩する侵略者」のレビュー

    • 3.0

      日常の中に潜む宇宙人が散歩しながら人々から様々な「概念」を奪うSFファンタジー。
      同名舞台演劇の映画化。

      何を考えているかわからない宇宙人役に、松田龍平はハマってました。
      宇宙人の設定や物語の展開がトリッキーで、味のある芝居と奇妙な掛け合いを楽しみました。
      観終わってから考察したくなる凝ったストーリーだったと思います。

      独特な間と不穏な空気感が、黒沢清監督らしくてゾクゾクしました。
      一方で意外とコメディ色が強かったり、ところどころ演出が派手だったり、実は王道なストーリーだったりと取っつきやすい面も散見されて、何かとクセの強い同監督の「入門編」に良いかもしれません。
      >> 続きを読む

      2019/11/14 by ででん

      「散歩する侵略者」のレビュー

    もっとみる

    散歩する侵略者
    サンポスルシンリャクシャ

    映画 「散歩する侵略者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画