こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

花戦さ

花戦さ
(c)2017「花戦さ」製作委員会
1クリック登録
公開: 2017/06/03
監督:
製作国: 日本
配給: 東映
戦国時代、天下人秀吉をギャフンと言わせた
“けったいな”男 その名は池坊専好
彼が手にしたのは刃(やいば)ではなく、花!?

戦国の世に、花をもって平和への戦いに挑んだけったいな男がいた! その名は池坊専好。
京都・頂法寺六角堂の花僧で立花の名手、専好は、天下統一を目指す織田信長の前で花をいけ、居合わせた千利休らの心をつかむが、思わぬ失態が信長の怒りを買い、あわや打ち首に……。そのとき、軽妙な機転で彼を救ったのは、豊臣秀吉だった。
そんな出会いから十数年。秀吉の治世のもと戦乱は収まり、専好と利休は無二の友として互いの道を高め合った。だが天下人となった秀吉の驕りは嵩じ、利休を自害に追い込み、専好を慕う町衆の命までもが次々と奪われていく。ついに専好は立ち上がった。手にしたのは、「刃(やいば)」ではなく「花」。
前田利家邸を舞台に、池坊専好が太閤秀吉に仕掛けた一世一代の「戦さ」とは――。

2017年、「花をいけた」という記録から、555年を迎える華道家元でいけばなの根源である池坊には、1594(文禄3)年、初代・専好が、秀吉を迎えた前田利家邸で松を使った巨大な大砂物を立て、称賛されたという記録が残されている。本作は、この語り継がれる伝説を基に、大ヒットテレビドラマを数多く手がける森下佳子が脚本化した。
専好を演じるのは狂言師・野村萬斎、秀吉には歌舞伎俳優・市川猿之助、信長に中井貴一、利家に佐々木蔵之介、利休に佐藤浩市。伝統芸能の第一人者から映画界を代表する俳優までもが豪華にコラボレーションする。
池坊の全面協力により、200瓶を超える立花が登場。加えて、表千家不審菴、裏千家今日庵、武者小路千家官休庵の三千家が協力体制をとった。劇中絵画を新進現代アーティスト・小松美羽、題字を書道家・金澤翔子、美術を京都の本流を継ぐ唯一の女性映画美術・倉田智子らパワフルな女性陣が手がけ、華やかで剛健な安土桃山文化の物語を、痛快時代劇エンタテインメントに作り上げた。
>> 続きを読む

    野 村 萬 斎  市川猿之助 中 井 貴 一 佐々木蔵之介  佐 藤 浩 市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子 脚本:森下佳子 音楽:久石譲 劇中絵画:小松美羽 題字:金澤翔子 監督:篠原哲雄 (原作:鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊)

    花戦さ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      実在の歴史に対し、池坊専好という華道家を絡ませた物語。

      この専好に共鳴するのが千利休。華と茶は違えども、その追求という意味での共感は実に頷ける。

      そして敵対するのは豊臣秀吉。
      元々利休に対しては自害を命じたのは有名だが、そこら辺の対立の煽りを上手く見せている。

      だけど野村萬斎の演技には疑問符が。
      陰陽師をはじめ少し癖のある役柄はこの人の持ち味だが、周りがベテランの役者ばかりというのでは引き立てが弱い。
      若手ばかりの方がその存在が引き立つように思う。

      終盤は専好から秀吉への反撃という形だが、この時代なら派の見せ方で好感が持てる。
      悪役一辺倒だった秀吉も別の顔が見せれたなと。
      >> 続きを読む

      2018/04/08 by オーウェン

      「花戦さ」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      伝統芸能の奥深さと軽妙さ。
      そのどちらも味わえる作品です(^^)
       
      野村萬斎さん演じる「池坊専好」は花をこよなく愛する天真爛漫な人物。
      無邪気に花を愛でる姿、僧侶としての凛とした所作、そして専好の哀しみや苦悩をこんなにも魅力たっぷりに演じることができるのは、萬斎さんしかいないのではと思うほど一つ一つの言動に魅入られました。
       
      また、佐藤浩市さん・中井貴一さん・佐々木蔵之介さんらベテラン俳優の豪華な共演!
      本作を時にコミカルに、時に臨場感たっぷりに彩る久石譲さんの音楽。
      そして、本作の肝となる生け花の美しさ、可憐さ、力強さには心が洗われ、元気をもらいました。
       
      専好が時の権力者(信長・秀吉)へ捧げた「大砂物」の躍動感と、衝(笑?)撃的なシーンをぜひ、映画館のスクリーンで味わってもらいたいです。
      >> 続きを読む

      2017/06/14 by miruku

      「花戦さ」のレビュー

    • 3.0

      平日の日中なのに意外と混んでいました。
      花っていいなぁと思いました。
      花の力ってあるのかもしれませんね。
      花をいけたくなりました。
      野村萬斎さんのことをよく見たのは初めてだったかもしれません。

      2017/06/12 by mitomomi

      「花戦さ」のレビュー

    • 2.0

      つまらなかった。てかつまらん冗談もちょいちょい入っていた。いきなり12年後とかどうかと思うし。野村萬斎は陰陽師しか今のところハマってない。池坊華道を愛する人向けの話で、エンドロールがすごくて面白かった。

      2017/06/10 by JUMP

      「花戦さ」のレビュー

    • 4.0

      所用の待ち時間を利用して映画館にて鑑賞、思いの外面白かった。一般的な合戦シーンは無かったが、色々考えさせられた映画でした。

      2017/06/08 by されっく

      「花戦さ」のレビュー

    もっとみる

    花戦さ
    ハナイクサ

    映画 「花戦さ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画