こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

英国総督 最後の家

VICEROY'S HOUSE
英国総督 最後の家
© PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016
8月11日(土・祝)、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/08/11
製作国: イギリス
配給: キノフィルムズ/木下グループ
1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドを鮮やかに描き出す、監督自身のファミリー・ヒストリーが重なる感動の人間ドラマ!

二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の物語

■ストーリー
デリーの総督の屋敷、それはインドのイギリス統治者の家だった。1947年の6か月間、ルイス・マウントバッテンは、インドを返却する為に、最後の総督の役職を引き受けた。彼は妻と娘と共に2階に、下の階には500人のヒンズ―教徒、イスラム、シーク教徒の使用人が住んでいた。2階では政治のエリートたちが、インド独立の論議を行い衝突、世界に多大な影響を与える歴史的な決断がなされようとしていた。彼らはインドを分断し、パキスタンに新しい国を作り出そうという、人類史上もっとも大きな移民政策を打ち出そうとしていたのだ。 >> 続きを読む

    監督・脚本:グリンダ・チャ―ダ(『ベッカムに恋して』) 出演:ヒュー・ボネヴィル、ジリアン・アンダーソン、マニシュ・ダヤル、フマー・クレイシー、マイケル・ガンボン 2017年/イギリス/カラー(一部モノクロ)/2.39 : 1/106分/5.1ch/英語、パンジャビ語、ヒンディー語/日本語字幕:チオキ真理/ 原題:Viceroy’s House/配給:キノフィルムズ/木下グループ 公式サイト:eikokusotoku.jp

    英国総督 最後の家 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0

      カセットテープ・ダイアリーズの監督さんと聞いて,期待が一気に膨らむ本作.もっともカセットテープはまだ公開前ですが,納言風に言うと「ブルース・スプリングスティーンはせこいよぉ」となるのです.こんばんわ三遊亭呼延灼です.
      それはともかく,300年間インドを支配してきた英国.ついに主権が譲渡されるわけですが,同時にヒンドゥー教とムスリムという信仰による国の分離を願う人々とあくまで一国として独立を願う国民会議派の対立が激化するわけです.大多数を占めるヒンドゥー教徒は一国として,少数派であるムスリムは自国を所持したい.勿論少数派故の迫害を恐れて,との思惑もあるでしょう.その迫害を恐れたムスリムがヒンドゥー教徒を襲撃・・・という悲劇もまた繰り返される歴史.
      そんな中漁夫の利を得た(もっとも英国は当事者ですから,このたとえは誤用でしょうが)のは結局大国である英国だったというオチは,国際政治史においては,大いに学ぶ点でありましょう.
      左派の理想論は,それはそれでまぁよろしいんじゃございませんか奥様オホホ、程度にあしらっておいて,こちらは大人の現実的なお話をしましょうよ,という展開は大好きでございます.
      国際政治といえば,ジートとアーリアは,最後無事結ばれるわけですが,それぞれの象徴であるインドとパキスタンが本当の意味で法要・・・じゃねぇ,それじゃほんとに怒られる・・・抱擁する日が来るのでしょうかね.キヒヒ.
      >> 続きを読む

      2020/06/03 by 叡福寺清子

      「英国総督 最後の家」のレビュー

    英国総督 最後の家
    エイコクソウトクサイゴノイエ

    映画 「英国総督 最後の家」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画