こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師
(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画『鋼の錬金術師』製作委員会
2017年12月、全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/12/01
監督:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画
兄弟は旅立つ。失ったすべてを取り戻すために――。感動の冒険ストーリーがついに実写映画化!

シリーズ全世界累計発行部数7,000万部を突破した荒川弘の伝説的コミック「鋼(ルビ:はがね)の錬金術師」。
海外でも絶大な人気を誇る原作が、主演・山田涼介、オールスターキャストで遂に完全実写映画化。全世界待望の――ファンタジー・アクション超大作が動きだす!

幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから兄エドと弟アルは、ついに"人体錬成"の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌(ルビ:きんき)だった……。
その代償としてエドは左脚を、アルは身体全部を対価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功したのだった。
時が経ち、右腕と左脚に“機械鎧(ルビ:オートメイル)”の義肢を装着した身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと、失った体を取り戻す手がかりを探す旅を続けるエドを、人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”と──

弟の体を元に戻すために命をかける兄と、彼を支える鎧姿の心優しい弟。
失ったすべてを取り戻すため、兄弟の壮大な冒険の旅が今、始まる―
>> 続きを読む

    鋼の錬金術師 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0

      ネットでのネガティヴな印象を何となく知った上で観て、だいぶ面白かったです。

      “漫画でのキャデザ・世界観”が現実の役者と合わせた時に少し浮いてしまうのかなと感じました(実写化する上での共通の課題だと個人的には考えます)。例として『るろうに剣心』のように、空気感を現実的なものとして落とし込めたら観ていてもっとドキドキしたんじゃないですかね…
      どうしても背景の物と人物とで物理的なバランスが合っていないことに違和感を感じて、その違和感が邪魔だったな、なんて。それから光が妙に不自然なので人物のアップにしても心情がサラッと映ってしまい距離を感じて面白いストーリーなのに感情移入できなかった事が残念です。
      役者さんは皆さん最高でしたのでもっともっとその魅力を間近に感じたかったです…
      原作読みたいな〜

      余談ですがNHK朝ドラで出てたおかぁちゃんがこんなに妖艶な美しさをかます悪役だなんて…衝撃でした…正直こんな美人に殺されるなら本望。
      >> 続きを読む

      2018/05/09 by mizuho

      「鋼の錬金術師」のレビュー

    • 4.0 クール

      それぞれの役者の演技もいいし、アルをはじめCGもいい、ストーリーも原作のいいとこどり的な感じだが、それだけに日本人役者が中世欧州風の世界観で欧州風の登場人物を演じる違和感が半端じゃなかった。エドと軍関係者はコスプレして演技しているようにしか見えない。逆にホムンクルス側はよくハマっていた。
      原作ファンからは非難されるとは思うが明治大正あたりの時代背景で黒髪メインの日本的名前と日本的な洋装にするなど世界観を日本風に寄せたらかなりいい出来になったんじゃないかと個人的には強く思った。

      2018/04/21 by テペーイ

      「鋼の錬金術師」のレビュー

    • 2.0

       コスプレ学芸会の風潮やめませんかね。

      2018/01/13 by ホースケ

      「鋼の錬金術師」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作もアニメも一通り完走してますが、そんなに覚えてるほどファンでもない

      詰め込み方はかなりよかったと思います
      司教のところでバトル入れて大佐出して
      アルが記憶疑うきっかけがタッカーで

      限られた時間で原作の名シーンをよく詰め込みました

      その分セリフの重みはなく「格の違いを〜」もあっさりだったし、兄弟ゲンカもまあまあ

      オリジナル部分も悪くなかった
      原作ファンにも厳しい意見多いけど、何も知らないとわかりにくかったり宣伝とのギャップ感じるかも

      観る前の予想を大きく越えたのはエド。あっという間に違和感なくなった

      アルも声は気にならずCGは文句なし

      ウィンリイは…0巻読んだらやっぱ原作のがかわいいと改めて思ったけど酷くはなかった

      個人的に1番合ってないのはホークアイ。ウィンリイは微妙でも絶対他にいるだろとも言えないけど、ホークアイは他に適任いたでしょ…

      大佐はよくも悪くもない

      ヒューズはいいほう
      グレイシアさん、誰?
      娘が出なかったのはニーナを印象付けるため?

      ホムンクルスは評判通りよかった

      大泉洋は、あのセリフに期待したけどむしろあのシーンはエドのほうが原作そのまんまだった
      終盤の再登場で、これを理由に大泉洋使ったのかなって感じ


      せっかく頑張ってるのが伝わるのに、邦画の予算のなさも伝わった…

      クライマックスが第5研究所はいまいち盛り上がらないなあ…展開は悪くなかったけど

      必ず取り戻すって言ってんだから、続編もやってほしいですが、ヘタしたら銀魂の半分も稼げなさそうな出足だし無理かな。
      お父様もホーエンハイムもブラッドレイもスカーも出てないのに…
      >> 続きを読む

      2017/12/04 by tky

      「鋼の錬金術師」のレビュー

    鋼の錬金術師
    ハガネノレンキンジュツシ

    映画 「鋼の錬金術師」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画