こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA
8月 17日 (金 ) より、全 国 公 開 !!
1クリック登録
公開: 2018/08/17
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝映像事業部
冒険と研究、未知との出会い、少年の初めての恋心―――。
少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語。

『夜は短し歩けよ乙女』など多くの代表作を持ち、数多の文学賞を受賞している今最も注目の作家、森見登美彦。彼の“新境地”にして最高傑作との 呼び声高い小説『ペンギン・ハイウェイ』が遂にアニメーション映画化!
制作は、その力量と将来性が各方面から絶賛され、コラボレーションオファーの絶えない「スタジオコロリド」が担当。フルデジタルアニメーションながらも繊細かつ温かみのある表現で、原作の爽やかなテイストそのままに、よりスケールアップした感動を届ける。
監督には、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した新鋭・石田祐康。業界大注目のクリエイターが本作で待望の長編デビュー!

【STORY】
小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、 学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったら どれほど偉くなるか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君 を、 ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが現れ、そして消えた。そしてアオヤマ君は、 “お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。お姉さん”とペンギンの関係とは?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物 語が始まる。
>> 続きを読む

    出演:北 香那 蒼井 優      釘宮理恵 潘 めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲      西島秀俊 竹中直人 主題歌:「Good Night」宇多田ヒカル(EPICレコードジャパン) 原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊) 監督:石田祐康 キャラクターデザイン:新井陽次郎 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画) 音楽:阿部海太郎 制作:スタジオコロリド

    ペンギン・ハイウェイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      ずぅ~~~っと前から“アニメ化”される日が来ると信じて待望してた作品なだけに,劇場版が魅了出来た事が嬉しくて×➋なりませんでした...(´;ω;`)原作版は何度も再読したけど【劇場版】→“原作版を遥かに超える世界観”に仕上がってて,ラストシーンで思わず涙しちゃいました!主人公・青山君が“お姉さん”との出会いを切っ掛けに,研究に力を注ぐ様になり,更に“ペンギンちゃん達”との出会いもあり...。途中でSF的な要素も加わったけど,最後にお姉さんとお別れしちゃうシーンが余りに切なかったです・゜・(ノД`)・゜・ >> 続きを読む

      2018/08/20 by Kirara

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る

       私は楽しく拝見しました。言ってみれば、壮大な夏休みの自由研究のお話でした。ジャンルとしては、ジュブナイルSFかと。PVには、あまり魅力を感じませんでしたが、森見登美彦さんの小説のアニメ映画化とのことで興味を持ち、時間の都合があったこともあり、劇場で拝見。脚本家さんが良かったのか、森見さんの原作の手柄なのか、ユーモアのある語り口。お話の展開も良かったです。作画や美術も良かったと思っています。

       ファミリー向けというより、子ども向けだと思うのですが、子どもをなめた作品にはなっていなかったように思います。主人公の小学男子は、研究者志望らしく、よくまとまった面白いノートをとる子でした。ヒロインは、小学男子から見れば、お姐さんか、小母さんか、微妙な年頃の女性(CV蒼井優さん)。ヒロインの「お姉さん」とは別に、研究好きの小学女子も登場して、重要な役を担いますが、「お姉さん」は立派なおっ〇い以外にも、いろいろと小学男子の主人公にとって魅力のある女性だったせいか(例えば、知的好奇心・探求心を刺激されるような…)、小学女子はヒロインの座を奪うところまでは行きませんでした。それでも、主人公のよきライバルであり、心強い同志でもありました。もう一人、主人公には、CV釘宮さんの不思議な話が大好きな友人がおり、彼も大事な存在ではあるのですが、より目立っていたのは、ジャイアン似の少年だったかも。プチ劇場版ジャイアン的活躍を見せてくれます。

       元よりハードSFではないのですが、それでも生真面目にSFしていた部分はあると思います。また、SFっぽい雰囲気もちゃんと醸していました。と言っても、とっつきにくいお話では全然ありません。お子様の夏休み映画の1本に、本作を加える価値は充分あると思います。
      >> 続きを読む

      2018/08/19 by ぴぐじい

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 私も昨夜,主人と一緒に附近のイオンシネマに鑑賞しに行って“感動”をたっぷり貰いました・゜・(ノД`)・゜・原作版は何度か再読してるけど【劇場版】→“原作を遥かに超える世界観”で,dynamicな演出にグッと来ました!そして,青山君が出会った【お姉さん】がラストシーンで消えちゃった瞬間...もうヤバ過ぎました! >> 続きを読む

      2018/08/20 by Kirara

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない

      やっぱ森見登美彦は良い・・・
      それをアニメにうまく落とし込めている作品だったなぁと。

      原作から元々、主人公のアオヤマ君の視点で一貫して描かれているが、理屈っぽく偏屈な子供っぽさがすごく出ていたなぁと。この作品の肝なのは、お姉さんとハマモトさん。ハマモトさんが日常の象徴としたら、お姉さんはアオヤマ君を非日常に連れて行く存在で、不思議な出来事が起きた町の不思議にアオヤマ君を連れていく。アリスのウサギのように。

      だからこそ、最後は少しせつない。

      原作既読組ですが、この作品に出合えて本当に良かったと思う。
      >> 続きを読む

      2018/08/19 by かとーです

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 4.0

       怒りそうになったら、おっぱいのことを考えるといいよ。
       そうすると心が大変平和になるんだ。

       好奇心旺盛でいて研究熱心、大人になったらとんでもなく偉くなることを確信している小学四年生のアオヤマくん。
       そんな彼の町に、突然どこからともなくペンギンが現れた。
       そして、どこへ行ったかも分からないままペンギンたちは消えてしまった。

       アオヤマくんが考えるおっぱいは、歯医者のお姉さんのものだ。
       物質的にはお母さんのと同じなのに、見ると違う感情が沸いてくるのは何故だろう。
       アオヤマくんは思考する。
       そんなお姉さんはアオヤマくんの前で、コーラの缶をペンギンに変えて見せる。
       お姉さんとペンギン。
       この関係性を明らかにするための研究を始めた。
       しかしそれは、森の中の原っぱに浮かぶ巨大な水の玉に繋がり、さらには未確認生物の謎にもつながっていく。

       
       森実登美彦の作品で一番好きな作品が本作「ペンギン・ハイウェイ」なのだ。
       京都の話が多い中で、この話は珍しく舞台を特定していない。
       突然にペンギンが町中に現れ謎を呼ぶ。
       アオヤマくんの成長と別れ、少し切ないSFファンタジー。
      >> 続きを読む

      2018/08/17 by ホースケ

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    ペンギン・ハイウェイ
    ペンギンハイウェイ

    映画 「ペンギン・ハイウェイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画