こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ
© 2018 森見登美彦・KADOKAWA
8月 17日 (金 ) より、全 国 公 開 !!
1クリック登録
公開: 2018/08/17
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝映像事業部
冒険と研究、未知との出会い、少年の初めての恋心―――。
少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語。

『夜は短し歩けよ乙女』など多くの代表作を持ち、数多の文学賞を受賞している今最も注目の作家、森見登美彦。彼の“新境地”にして最高傑作との 呼び声高い小説『ペンギン・ハイウェイ』が遂にアニメーション映画化!
制作は、その力量と将来性が各方面から絶賛され、コラボレーションオファーの絶えない「スタジオコロリド」が担当。フルデジタルアニメーションながらも繊細かつ温かみのある表現で、原作の爽やかなテイストそのままに、よりスケールアップした感動を届ける。
監督には、第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した新鋭・石田祐康。業界大注目のクリエイターが本作で待望の長編デビュー!

【STORY】
小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、 学んだことをノートに記録する。毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったら どれほど偉くなるか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君 を、 ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが現れ、そして消えた。そしてアオヤマ君は、 “お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。お姉さん”とペンギンの関係とは?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物 語が始まる。
>> 続きを読む

    出演:北 香那 蒼井 優      釘宮理恵 潘 めぐみ 福井美樹 能登麻美子 久野美咲      西島秀俊 竹中直人 主題歌:「Good Night」宇多田ヒカル(EPICレコードジャパン) 原作:森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』(角川文庫刊) 監督:石田祐康 キャラクターデザイン:新井陽次郎 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画) 音楽:阿部海太郎 制作:スタジオコロリド

    ペンギン・ハイウェイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全21件
    • 3.0 泣ける 切ない ハラハラ

      なんの前提知識もなく見た映画だった。
      少年の現実世界での冒険を描いた物語と思い込んでいたら大変びっくりした。
      ジャンルがSF?・ファンタジー?なんかよくわからない。また、物語の根幹となる現象がなぜ発生し、なぜ終息したのか全く説明不足で理解できなかった。

      少年の年上の女性に対する初恋の心情が可笑しくかつ初々しく描かれていてそれに関しては評価できるし、美しい作画と少年たちの生きいきとした動作・声優たちの演技も良かったと思う。

      しかしながら、一つの物語としてみた場合は、内容的に意味不明(物語自体が少年の妄想に過ぎなく、海やお姉さんそしてペンギンたちがただの心理学上の象徴とかメタファーに過ぎないというなら話は別だが)というかちょっとどうかなという内容であった。その部分が個人的にはあまり評価できないところであった。 >> 続きを読む

      2020/04/17 by kuniyan

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 3.0

      まあ悪くなかったです。ペンギンたち変な生き物は、大人になるというメタファーなのかなと思ったり、お姉さんの造形は森美さんのフェチなのかなとも思ったりしましたが、深く考えなくてもひと夏の想い出ものとしても楽しめますし、それ以上でもないとも言える作品でした。正直作画や演出で文句もないけど記憶にも残らない、“今”のスタンダードに則った作品です。その分ウチダ君の絶妙なショタショタしさがよく目立ちました。釘宮ショタはきっと多くの人を違う世界に導いているでしょう。

      2020/03/10 by fujisan

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 3.0

      レンタルDVDにて。

      2020/01/12 by ヒトコ

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      観終わってから初めて知る、原作森見登美彦さんだったのかー!
      とにかく映像が綺麗で、人物がかわいい。こういう、ジブリや細田守作品にも共通して言えるような万人受けする絵柄、自分では描けないので憧れ意識があって好き。
      自動販売機ごっこのやりとりが特に好きで、「みじめな姿を憧れの女性に見られたくない少年の強がり」の部分が出ていて最高。そういう、ああ、少年だなあ、と思えるフェチ部分をもっと突いてくれたら嬉しかった。
      ペンギンかわいい。

      2020/01/04 by yonami

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    • 5.0 切ない

      Amazonプライム・ビデオにて。
      結構前に原作を読んだ。
      どうにも森見登美彦らしからぬ感じだとその時は思ったのだが、非常に面白かった記憶がある。
      だが内容はだいぶ忘れていた。
      でまあ今回の映画。
      たぶん原作に忠実だったんじゃなかろうかと。
      ただし記憶が薄いのでなんとも言えないが。
      いやいいね。
      絵柄も俳優もなかなかよい。
      それぞれのキャラのらしさがしっかりしていた。
      そうね。
      憧れるよね。
      年上のお姉さんには。
      しかもおっぱいの存在感のある年上のお姉さんならなおさら(笑)
      蒼井優の声は完璧であった。
      >> 続きを読む

      2019/12/24 by ☆サト☆

      「ペンギン・ハイウェイ」のレビュー

    もっとみる

    ペンギン・ハイウェイ
    ペンギンハイウェイ

    映画 「ペンギン・ハイウェイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画