こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優

INGRID BERGMAN IN HER OWN WORDS
公開: 2016/08/27
製作国: スウェーデン
配給: 東北新社 Preseted by スターチャンネル

    イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      銀幕短評 (#90)

      「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」
      2015年、スウェーデン。 1間時54分。

      総合評価 80点。

      邦題は長いが 原題は、「私はイングリッド」
      (スウェーデン語辞書で調べた)。

      イングリッド・バーグマン(1915-1982年)は、ハリウッド全盛期の人気女優で、キャサリン・ヘプバーン、ヴィヴィアン・リー、オードリー・ヘプバーンなどと時代が かぶっている(たしか)。

      また、オスカーを3度も受賞している。「カサブランカ」が とみに有名だが、わたしはヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」のほうが好きだ。と こう並べても、若いひとはチンプンカンプンだろうが。

      この映画は、完全なドキュメンタリーで、おびただしい量の映像記録(本人が撮したものも多い)、イングリッドの遺した大量の日記と手紙の朗読、生前の彼女と 現在の子どもたちへのインタビューとの組み合わせで作られている。

      彼女は、スウェーデンに生まれ、若くしてアメリカ ハリウッドデビューを果たし、その後も映画作りでイタリア、フランス、イギリスなどを渡り歩いた。結婚と離婚を繰り返しつつ、仕事に尋常ならぬ情熱を燃やし続けるとともに、家族とくに子どもたちに愛情を降り注いだ。「やりたいことをやりぬいた」人生が、よく描かれている。

      彼女の家族が撮影する多くの映像と、全体の構成、とりわけ音楽がとてもよい。

      ひとつ残念なのは、編集に凝りすぎて冗長になってしまったこと。あと 20分切り詰めたら、+5点だ。スウェーデン人は ふだん映画など作り慣れていないので、ついつい肩にちからが入ってしまうのだろう。仕方がないな。
      >> 続きを読む

      2018/06/10 by あさが

      「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優
    イングリッドバーグマンアイニイキタジョユウ

    映画 「イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック