こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ
©2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital
2019年4月19日(金)
1クリック登録
3.0 3.0
公開: 2019/04/19
配給: クロックワークス=アルバトロス・フィルム
1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?
本作は欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。

    ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ の映画レビュー

    映画レビューはまだありません。
    最初のレビュアーになってください!

    ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ
    ヒトラーバーサスピカソウバワレタメイガノユクエ

    映画 「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック