こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間
(C)2018 STUDIO PONOC
8月24日(金)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2018/08/24
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
この夏、『 メアリ と魔女の花』 のスタジオポノックが贈る、新プロジェクト「ポノック短編劇場」が開幕!

「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカニの兄弟の大冒険ファン タジー「カニーニとカニーノ」。高畑勲監督の右腕として活躍してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話を もとに描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」。 宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペ クタクルアクションで魅せる「透明人間」。3作品の奇跡の物語がこの夏、堂々と全国公開! >> 続きを読む

    ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      2018年41本目の観賞(TOHOシネマズ日比谷にて)。3本の短編で構成されている。興味を持ったのは、「サムライエッグ」。卵アレルギーと戦う息子とその母親の物語。自分が働いている商売柄、食物アレルギーを持っている人と接する機会はあるが、その実態はあまり知らないので、生活の色々な部分に気を使わなければいけないのは大変だなぁという感想を持った。あと、日本のアニメは、悪い意味で宮崎駿の呪縛に捕らわれすぎ。映像を見るほうも公正な目で作品を見るべきだとも思った。感想はこんなところです。

      2018/09/10 by おにけん

      「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」のレビュー

    • 3.0

       スタジオポノックの短編アニメ三作。
       家族の絆、男の子の勇気、自己犠牲といった内容で、低年齢層向け。
       面白かった?といわれると、う~ん微妙。

      ・カニーニとカニーノ
       ある嵐の夜、父が激流に飲まれて流されてしまい、カニの兄妹は父を探しに行く。
       その道中には危険がいっぱいだった。

      ・サムライエッグ
       その男の子は玉子アレルギーを持っていた。
       不用意に口に運んだものでアレルギー反応を起こし、母親に迷惑をかけては落ち込んでいた。

      ・透明人間
       この男は透明人間。
       何か重いものを持っていなければ空に飛んで行ってしまう。
       誰も自分を見てくれない生活には嫌気がさしていた。
      >> 続きを読む

      2018/09/08 by ホースケ

      「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」のレビュー

    • 3.0

      【カニーニとカニーノ】

      素人目に1番映像は綺麗に見える
      魚のリアルさはちょっと怖い
      話は無難

      【サムライエッグ】

      優しい感じの絵
      走るところはかぐや姫思い出した
      アレルギーは大変だ

      【透明人間】

      いろいろ説明不足
      疾走感がいい


      3本ともなかなか深い。子どもに見せれば命について何か感じとってくれるでしょう
      >> 続きを読む

      2018/08/29 by tky

      「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」のレビュー

    ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間
    チイサナエイユウカニトタマゴトトウメイニンゲン

    映画 「ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック