こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

教授のおかしな妄想殺人

IRRATIONAL MAN
ジャンル: ミステリー・サスペンス , コメディ
公開: 2016/06/11
製作国: アメリカ
配給: ロングライド(提供 KADOKAWA=ロングライド)

    教授のおかしな妄想殺人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0

      新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」が公開予定で、その前に過去作品のいくつかが映画館で上映されています。
      こちら「教授のおかしな妄想殺人」もそのうちのひとつ。

      ウディ・アレンの作品は好きで、よく観るのですが、これははじめて観ました。

      前半、少し寝ちゃいましたねぇ~(笑)
      たまにウディ・アレン作品、寝ることあるんですよ、好きなのに。
      理屈っぽいところが心地いいですよ、すいません…。


      お腹の出たしょぼい中年教授が殺人を思いついた途端に、ギラギラしたセクシーな男性に見えてくるのは、ホアキン・フェニックスの演技力のうまさかと。おぼこい女子大生が惚れこむのも理解できます。

      教授と仲良くなっちゃう大きな瞳の女子大生、ミニスカワンピや短パン姿が眩しいエマ・ストーンは「ラ・ラ・ランド」の1年前に、この作品に出演しているんですね。

      ああいう面倒くさいオッサンを「素敵」と思って夢中になれる、無邪気で無知な若さって眩しいわぁと、オバサンのコメントで締めます。
      >> 続きを読む

      2020/06/25 by 寺嶋文

      「教授のおかしな妄想殺人」のレビュー

    • 3.0

      ララランドジョーカー
      最後あっけなかったなぁ〜

      2019/11/23 by HAGANELLIC

      「教授のおかしな妄想殺人」のレビュー

    • 3.0 笑える

      教授のエイブが新たに越してきた大学で授業を始めるが、人生の哲学に迷っていた。
      それは学生のジルと出会って恋をしても変わりなし。
      ところが噂で聞いた町の判事の買収の事実を知り、エイブは殺しの計画を立てる。

      妄想に憑りつかれている男がその目的を知ると、人生が活気づいていくのが妙に可笑しい。
      ウディ・アレン映画にまるでハマりそうもないホアキン・フェニックスだが、後半生気を取り戻していくのがなんとも。

      事件として二人で完結させる小品さもアレン映画らしいし、事件の結末の情けなさもエイブという人物を証明している。
      >> 続きを読む

      2018/10/23 by オーウェン

      「教授のおかしな妄想殺人」のレビュー

    • 4.0

      邦題見て想像していたのと全然違ったけど楽しめました。
      エマ・ストーンさんの役が全然共感出来なくて、そこだけうんざりしました。

      2018/05/13 by saruwatari

      「教授のおかしな妄想殺人」のレビュー

    • 評価なし

      映画雑誌で知って、おもしろそうだと思ったんだけど…カフェのところで挫折。
      きっと、これから面白くなっていったのかもしれないな。
      また時間をおいて、挑戦してみたい。

      主人公の女の子、「ラ・ラ・ランド」の人なんだ!
      エマ・ストーン、目があんなに大きいとは…。
      カジュアルなファッションが、とても可愛かった。 >> 続きを読む

      2017/09/02 by pink-tink

      「教授のおかしな妄想殺人」のレビュー

    もっとみる

    教授のおかしな妄想殺人
    キョウジュノオカシナモウソウサツジン

    映画 「教授のおかしな妄想殺人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画