こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ベロニカとの記憶

THE SENSE OF AN ENDING
ベロニカとの記憶
© 2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC
2018年1月20日(土)、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
1クリック登録
公開: 2018/01/20
製作国: イギリス
配給: ロングライド
『めぐり逢わせのお弁当』監督と豪華英国俳優が贈る、記憶をめぐる感動のミステリー

ロンドン。
60歳を過ぎ、ひとり静かな生活を送るトニーの元に届いた、一通の手紙。
そこから“記憶”をたどる物語が始まる。

    監督:リテーシュ・バトラ 脚本:ニック・ペイン 出演:ジム・ブロードベント、シャーロット・ランプリング、ミシェル・ドッカリー、ハリエット・ウォルター、エミリー・モーティマー ほか 配給:ロングライド   原作:「終わりの感覚」ジュリアン・バーンズ著(新潮社刊) 公式HP: longride.jp/veronica/ 2015年/イギリス/英語/108分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/原題:The Sense of an Ending/日本語字幕:牧野琴子

    ベロニカとの記憶 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 4.0

      感想川柳「蒸し返し 嫌われるから やめましょう」

      予告が気になって観てみました。φ(..)

      60歳を過ぎ、ひとり静かに引退生活を送るトニーのもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。それによれば、40年前に別れた当時の恋人ベロニカの母親だという女性が、トニーに日記を遺しているという。思いもよらない遺品から、トニーは長い間忘れていた青春時代の記憶が呼び覚まされていき、若くして自殺した親友や初恋にまつわる真実をひも解いていく…というお話。

      『シャーロット・ランプリング』が出ていて、過去と向き合う作品となると『さざなみ』を思い出しますが、それとはまた違ったおもむき。(;・∀・)

      単純にトニーとベロニカの過去の話ではなく、割と深い話まで進んでいきました。!Σ( ̄□ ̄;)

      トニーの過去と現在を交えながら二転三転していくのはなかなか興味深い。( ゜ρ゜ )基本的に元奥さんに話している過去が進行していくスタイル。

      それにしても『男』は知りたがりだなぁと思う。自分含めて。(。´Д⊂)普段無関心なくせに、その気になると自分が納得いくまで突き詰めるもんなぁ。相手の都合なんてお構い無しで。(^^;)))過去の理由なんて知ったところで、現在にはほぼ意味がないのに。自己満だよ自己満(唇を噛みしめながら)( ̄¬ ̄)


      ラストはある意味衝撃の事実でしたね(;´_ゝ`)ボンヤリとしてるのがまた味なのか。


      『人の記憶なんて曖昧なもの。信じるほどの価値はない』アーニャ・アールストレイム(ФωФ)

      気になるセリフ
      『何かが起こった 歴史に関して人が確実に言えるのはそれだけです』『歴史上の出来事の犯人探しは無意味に思えます』『歴史が生まれるのは不完全な記憶と文章が出会う時だ』『私は失うことも得ることもせず 傷つくのを避け それを自己防衛と呼んだ』

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/09/09 by Jinyuuto

      「ベロニカとの記憶」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ベロニカとの記憶
    ベロニカトノキオク

    映画 「ベロニカとの記憶」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画