こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

帰ってきたヒトラー

ER IST WIEDER DA
帰ってきたヒトラー
©2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Produktion GmbH Claussen & Wöbke & Putz Filmproduktion GmbH
6月 TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: コメディ
公開: 2016/06/17
製作国: ドイツ
配給: ギャガ
INTRODUCTION

現代に戻ったヒトラーが、モノマネ芸人としてブレイク。やがて再び、大衆の心を捉え始める―。
世界中を沸かせた〔超問題アリ〕ベストセラー、恐れを知らぬ映画化!

STORY

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。
ドイツで200万部以上を売り上げ、世界41カ国で翻訳された<超問題作>が映画化!笑っているあなたも、正気と狂気の一線を踏み外す。
>> 続きを読む

    帰ってきたヒトラー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全28件
    • 4.0

      「1933年に彼らは煽動されたのではない」
      現代社会に対する痛烈な批判。

      2018/09/07 by taku

      「帰ってきたヒトラー」のレビュー

    • 3.0

      日本にもヒトデヒトラーという怪人がいたけど、あれですら今の時代、やばいんじゃないのとか思うから、本場でヒトラーの扮装して一般人の前に現れる設定は面白い。ただ、世界的に有名な人の事や歴史的事柄も国が違うと他人事でしかないので、この映画をどう捉えていいかわからない。割と市民は面白がっていたが、移民問題で素で意見してる人もいたり、結局は何がいいたいのかわからないまま、映画だからとは済まされない現実問題に危機を感じるものがあった。(Netflix)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「帰ってきたヒトラー」のレビュー

    • 4.0

      銀幕短評(#55)

      「帰ってきたヒトラー」
      2016年、ドイツ。 1時間56分、公開中。
      総合評価 83点。

      原題は「彼が帰ってきた」。1945年に没したはずのアドルフ・ヒトラーが70年後の現代ドイツに なぜかタイムスリップしてくる話。破茶滅茶で笑えるけれど、事態は思わぬ方向へ。

      最後までとてもよくできたストーリーで、笑わせるシーンが多いが、つきつけられるテーマはとてもシリアスである。主演俳優がヒトラー(会ったことはないけれど)によく似ており、そのリアリティで映画のすべてが成り立っている。

      基本的に全編を俳優が演じているが、一般市民を巻き込んでヒトラーとのやり取りを取材撮影した場面をうまく編集して、要所要所に織り込んでいる。というのも、上映に同意しなかった人の顔が モザイク処理してあるから。しかしこれもどうやら虚実混ざっているようだ。つまり虚構と現実の境目がだんだんあいまいになってくる不安という主題がまずひとつ。

      ふたつ目のテーマは、現代ドイツが現実に抱える 政治、経済、難民移民など、目を背けるわけにはいかない悩ましい諸問題に対する視座の提示。

      そしてもっとも恐ろしいテーマは、、、
      ぜひ映画館で確かめてください。すこしだけ中だるみするところが 本作の小さなマイナスポイントですが、そこは目をつぶって。

      さて、日本では 誰を現代にタイムスリップさせようか?
      >> 続きを読む

      2018/06/20 by あさが

      「帰ってきたヒトラー」のレビュー

    • 4.0 笑える

      よくこれがドイツで上映できたなあというのが正直な感想。
      ナチスを完全否定ではなく肯定できる部分もあるのでは?というメッセージを感じた。観る前はもっとコメディチックな作品だと思っていたけどどちらかというと風刺に近いのではないか。
      パソコンを使ったヒトラーが「インターネット」のことを「インテルネッツ」と言ったのは爆笑した。

      2018/04/01 by テペーイ

      「帰ってきたヒトラー」のレビュー

    • 4.0

      コメディではなく風刺映画?メルケルのデブブス女が1番笑った。現代の問題と絡ませてるので考えさせられた。

      2018/01/12 by pechika

      「帰ってきたヒトラー」のレビュー

    もっとみる

    帰ってきたヒトラー
    カエッテキタヒトラー

    映画 「帰ってきたヒトラー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画