こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

3月のライオン 前編

3月のライオン 前編
2017 映画「3月のライオン」製作委員会
【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土) 2部作・全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/03/18
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝 アスミック・エース
国民的人気コミック「3月のライオン」
連載10年を迎える年に、運命の実写映画化!

若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。
しかし彼には、家も家族も居場所も――何もなかった。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。
幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、
ある滋養から幸田家を出るしかなかったからだ。
深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、
零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。
今、様々な人生を背負った棋士たちが、
頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する闘いが零を待ち受ける!

親子、兄弟姉妹、友達、師弟――
人と人を結ぶ愛を求めて魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>!
>> 続きを読む

    出演: 神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬 亮 前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明 / 豊川悦司 監督:大友啓史 原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載) 脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

    3月のライオン 前編 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 5.0

      主演の押さえた演技が素晴らしい。

      2017/11/14 by smzmsk

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      神木隆之介さんの演技力は素晴らしいですね。引き込まれていきます。役柄作りで痩せたのかな?倉科さんも役柄で雰囲気が変わる女優さんですねー。最初見て誰カナ?と思いました(笑)
      全体として、緊張感の漂う雰囲気も醸し出されていて完成度が高いです。あの村山九段を松山ケンイチさんが演じた「聖の青春」にも負けちゃいません。オススメです。

      2017/10/12 by nomura

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ クール

      キャストの適任さが完璧だなと思いました。
      特に主人公、桐山零の葛藤を上手く表現出来ていた神木隆之介君が素晴らしかった。
      二階堂役の染谷将太君は、アニメ二階堂のままでした(笑)特殊メイクすごい!
      ただ、やはり映画にすると尺の問題がある為、話の展開が少し早く、たまに「?」となることや、要所要所で桐山の感情が抜けてしまうとこがあるが、これは仕方ないのかも。
      アニメ版1期をほぼ収録している為、これから3月のライオンを観る人にもおすすめ。
      10月から始まる2期も楽しみです。

      2017/10/07 by ks116

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 評価なし

      佐々木蔵之介さんは、そりゃもうソックリ

      2017/10/07 by pankichi

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 4.0

       80点。
       羽海野チカの漫画の実写映画化です。実写化の場合、各登場人物の見た目再現度はかなり重要ですが、本作に関しては満足レベルです。倉科カナとかバッチリの配役!
       主人公の義理の姉だけは見た目的に違うのですが、有村架純なので全然オッケーです。主人公を誘惑するシーンとかサイコーでした。

       原作を読んでいるときにも身に沁みましたが、この作品の登場人物たち、特に棋士たちのように、一つのことに命を懸けてレベルで打ち込んでいる人たちを見ると、自分はまだまだ本気でいろんなことに当たっていないなと、恥ずかしい気分になります。自分もやらなきゃという熱い気持ちが頭をもたげてきます。
       題材として取り上げられてるのは将棋であり、そこまで分かりやすい「熱さ」がある競技ではないかもしれません。しかし、棋士たちの対局に臨むための、日々の勉強・準備、そして対局本番での、頭の中にインプットされている無数の過去棋譜(=定石)への照らし合わせをしつつの、脳がオーバーヒートしそうな回転数による数十手先の読み合い、それらがもつ熱量はヤバイです!
       その「熱さ」の再現において、本作は見事に成功しています。スポ根ものが好きな人こそ観るべき映画だと思います。
      >> 続きを読む

      2017/10/06 by atarime77

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    もっとみる

    3月のライオン 前編
    サンガツノライオンゼンペン

    映画 「3月のライオン 前編」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画