こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

3月のライオン 前編

3月のライオン 前編
2017 映画「3月のライオン」製作委員会
【前編】3月18日(土)【後編】4月22日(土) 2部作・全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/03/18
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝 アスミック・エース
国民的人気コミック「3月のライオン」
連載10年を迎える年に、運命の実写映画化!

若き天才ともてはやされる17歳の将棋のプロ棋士、桐山零。
しかし彼には、家も家族も居場所も――何もなかった。

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町にひとりで暮らしている。
幼い頃に交通事故で両親と妹を失い、父の友人である棋士の幸田に引き取られたが、
ある滋養から幸田家を出るしかなかったからだ。
深い孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていたある日、
零は川向こうに住む川本家の三姉妹と出会い、彼女たちとのにぎやかな食卓に居場所を見出していく。
今、様々な人生を背負った棋士たちが、
頭脳と肉体と精神の全てを賭けて挑む、想像を絶する闘いが零を待ち受ける!

親子、兄弟姉妹、友達、師弟――
人と人を結ぶ愛を求めて魂がぶつかり合う感動のエンタテインメント<2部作>!
>> 続きを読む

    出演: 神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬 亮 前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 伊藤英明 / 豊川悦司 監督:大友啓史 原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載) 脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

    3月のライオン 前編 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 5.0 泣ける 切ない

      将棋についての知識がほぼゼロの私ですが、情熱むき出しの対局シーンは試合の流れがよくわかりました。また、将棋とは棋士の感情や性格があらわれる駆け引きなんだということを知りました。

      自分の居場所を失ってしまった主人公は、時に虐げられながら、将棋だけが生きる術で、将棋に打ち込むことで生きてきました。不安な思いや、攻撃的な感情が生まれることもありました。
      ですが、川本家との出会いや幼い頃からの将棋仲間、格上の棋士たちとの対局を通じて、今までの自分では気づき得なかったことを、少しずつ、気づいていきます。

      ストーリーも役者さんたちの熱演も素晴らしく、見応えのある映画です。 >> 続きを読む

      2019/11/24 by Luckyb7

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 2.0 クール

      テレビ放送を録画して視聴

      漫画原作が理由なのか、この監督の演出が理由なのか
      ドラマの部分の演技がみんな演出過多で気になって仕方がない…
      ストーリー展開も稚拙だし、演出も違和感たっぷりで
      久々に途中で何度もリタイアしそうになった…
      ただ他の方々のレビューをチラ見すると後半は良いと書いてる方が多かったので
      我慢に我慢を重ねてなんとか終盤にたどり着くと。。。。。
      後半の将棋の勝負のシーンは確かにキャラクターも立っていて、見応えもあるし面白かった
      前後編の2作に分けることなく、生い立ちと勝負のシーンだけに絞って映画化すべきだったのでは?
      と思ってしまった
      神木くんの演技がいいだけにとてももったいない作品だなぁと感じました
      前半のだるいドラマをなくして2作品を1作品2時間半くらいにまとめれば
      星4の作品になれると思います
      この監督のセンスのなさをいつも感じてしまう。。。。
      とにかく続編つくるのが好きだよね 
      ダラダラダラダラ説明的。。。。。
      こういうセンスのない人の方が映画会社ウケがいいんでしょうね
      >> 続きを読む

      2019/02/11 by YSL

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 3.0

      羽海野チカ原作。同名漫画の実写映画化。前後編の前編。
      漫画原作の映画がコスプレ大会になりがちな昨今。本作は漫画の雰囲気をしっかり残しつつも実写映画として質が高くて、素晴らしい映画化だと思います(二階堂だけコスプレ寄りだけど、あれはあれで良し(笑))。
      動きのない「将棋」という題材でしっかり迫力を感じさせる演出の上手さ。新人戦の対局はまるでスポ根のようで観ていて熱くなりました。

      2019/02/06 by ででん

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 4.0

      原作漫画は読んでないが、将棋の世界で強くあろうとする思いには充分共感できる。

      桐山の複雑な家庭。
      そこから逃れるには将棋に強くなるしかない。
      必至に強くなった想いは新人戦へと結実する。

      将棋を知っている者としては、もう少し盤面を見せてくれといいたいが、そこに向かい合うキャラこそ描きたいもの。
      太っている二階堂だとか、胃潰瘍持ちの島田八段など、個性がそのまま魅力的になっている。

      一手が見えた桐山の後の相手と望む後半へ。
      >> 続きを読む

      2018/05/21 by オーウェン

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    • 5.0

      主演の押さえた演技が素晴らしい。

      2017/11/14 by smzmsk

      「3月のライオン 前編」のレビュー

    もっとみる

    3月のライオン 前編
    サンガツノライオンゼンペン

    映画 「3月のライオン 前編」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画