こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アイム・ノット・シリアルキラー

I AM NOT A SERIAL KILLER
公開: 2017/06/10
配給: 松竹メディア事業部

    アイム・ノット・シリアルキラー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      遺体解剖の仕事をしているクリーヴァー家の息子ジョン。
      自身も仕事を手伝うが、そのせいで精神を病みセラピーに罹っている。
      そんな中で町を騒がす殺人鬼の正体をジョンは知ってしまう。

      この殺人鬼というのを「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクでおなじみクリストファー・ロイドが演じている。
      意表を突く役柄だが、これが中々の雰囲気を醸し出しており、どうみても死にそうなのに淡々と殺人をこなしていく。

      問題なのは終盤に出てくるあれで、いきなりB級感丸出しの展開なのはどうなのか。
      ラストも腑に落ちない終わり方だった。
      >> 続きを読む

      2019/01/03 by オーウェン

      「アイム・ノット・シリアルキラー」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      異常なシリアルキラーの話と思ったら
      まさかの
      魔物オチ

      序盤は
      主人公(マックス・レコーズ)が異常で
      周囲からも母(ローラ・フレイザー)からも
      危険とまではいわないが
      雰囲気がおかしいと思われる
      何となくユーモラスな流れ

      近所の高齢男性(クリストファー・ロイド)とは
      微笑ましいやり取り

      中盤、
      主人公が
      怪しいシリアルキラーっぽい男性が
      近所の高齢男性と釣りに行き、
      高齢男性が危ないのではと思って後をつけ、
      実はシリアルキラーが高齢男性の方と分かってから
      なぜ、
      殺害した遺体の一部を
      それも
      それぞれ違った臓器を切り取っていくのか
      興味を示して
      のめり込んでいく

      高齢男性は親切な若者と思って
      親しく接してくる

      そして
      主人公が匿名で高齢男性に正体を知っていると知らせ
      この辺から
      ハラハラ場面が増えていく

      主人公が疑われて逮捕されて
      ラストに
      下げのセリフで
      タイトルコールをするのかと思いきや
      誤認逮捕もなく、
      そしてまさかの
      魔物オチ

      シリアルキラー対ソシオパスのはずが
      なにこれ、えーーって思った

      嫉妬心や
      主人公への脅しのセリフなど
      抑えた芝居で
      見ている者に恐怖を見せてくれる
      クリストファー・ロイド、
      健在や
      >> 続きを読む

      2018/05/27 by 紫指導官

      「アイム・ノット・シリアルキラー」のレビュー

    アイム・ノット・シリアルキラー
    アイムノットシリアルキラー

    映画 「アイム・ノット・シリアルキラー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画