こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

planetarian 星の人

ジャンル: アニメ
公開: 2016/09/03
監督:
製作国: 日本
配給: アスミック・エース

    planetarian 星の人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 泣ける

      誰にでもおすすめできる作品。
      星を見たくなりました

      2019/01/07 by seruta

      「planetarian 星の人」のレビュー

    • 5.0 切ない

      Amazonプライム・ビデオにて。
      原作はゲーム?
      元のアニメがあるの?
      まあそれを観ていなくてもわかるようには出来ているようです。
      でもそっちを先に見ておいたほうがもうちょっとよくわかるのかなー。
      結構いい作品だと思うけどね。
      終わり方もまあよかったよ。
      チャンスがあったらその前のアニメを観てみたい。
      >> 続きを読む

      2018/11/03 by ☆サト☆

      「planetarian 星の人」のレビュー

    • 3.0

      荒廃した世界で、人間を待ち続けていたプラネタリウムの案内をするロボットと、青年の出逢いとその後の話!良いお話しだけど、時間的に少し長く感じた!青年のそれまでの旅路も気になるし、子供達のこれからも気になる(笑)想像の余地がある(  ̄▽ ̄)

      2017/07/16 by あっちゃん

      「planetarian 星の人」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       同題名のネット放送5話を編集し、数十年後の後日談を加えた話。

       
       雪に覆われ、人口が激減した世界でも、男は遣り残したことに終止符を打つべく歩き続けていた。

       脚に力が入らなくなり倒れたとき、夢のきっかけの記憶がよみがえる。


       世界で戦争が起きてから30年、都市の残骸から廃品をかき集める屑屋は、武装警備ロボットに追われてビルに逃げ込んだ。

       「プラネタリウムはいかがでしょう?」

       そこで出会ったのは、デパート屋上プラネタリウムの案内人として人間を待ち続けるロボットだった。

       
       今では厚い雲に覆われて見れなくなった星の輝きを伝えるべく星屋を名乗るようになった男と、数十年後にその意思を引き継ぐ子供たち。

       見えなくても、そこにあるはずの星の輝きを追い続ける。


       というわけでプラネタリアン、ニコニコ動画で視聴して、それなりにいいじゃんということで東京帰ったついでにTOHOシネマズ新宿行ってきた。
       TOHOシネマズ上田じゃやってませんし。

       ネット放送見てない人もわかりやすく、上手くまとめられてた。

       ゆめみが願った人間とロボットが分かれない天国へ、すっきりとしたラストだった。
      >> 続きを読む

      2016/09/13 by ホースケ

      「planetarian 星の人」のレビュー

    planetarian 星の人
    プラネタリアンホシノヒト

    映画 「planetarian 星の人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画