こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

四月は君の嘘

四月は君の嘘
(C) 2016フジテレビジョン 講談社 東宝
(C) 新川直司/講談社
全国東宝系にてロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
DMM.com
1クリック登録
ジャンル: 青春 , ドラマ , ラブロマンス
公開: 2016/09/10
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
2011年5月から2015年3月にかけて月刊少年マガジン(講談社)で連載され、全11巻で累計発行部数400万部突破(2016年4月現在)、第37回講談社漫画賞受賞、フジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化(2014年10月~2015年3月放送)と話題を呼んだ新川直司による漫画「四月は君の嘘」の実写映画化が決定致しました!
広瀬すず 山崎賢人 W出演!
さらに石井杏奈、中川大志と最高にフレッシュな4人の共演が実現!!
今をときめく若手俳優たちが織り成す青春×音楽×ラブストーリー『四月は君の嘘』
2016年、新たな青春恋愛映画の誕生に、是非、ご期待ください!

【ストーリー】
完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生(山崎賢人)は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格―そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏をきっかけに公生はピアノと“母との思い出”に再び向き合い始める。一方、かをりが抱える秘密にも大きな変化が訪れて・・・。彼女のついた嘘とはいったい―。2016年、最も切ないラブストーリーが今、始まる。
>> 続きを読む

    四月は君の嘘 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 泣ける 切ない

      すずちゃんにハマり中♪
      ラストは、涙無くしては観られませんでしたね。よかったです。。。
      この年になって、青春映画ってのどうかと思いましたが、新鮮に鑑賞できました。
      すずちゃん、いいわぁ・・・・(笑)

      2018/06/07 by mika

      「四月は君の嘘」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      今一番乗ってる若手二人の作品ですが当然アニメは鑑賞済みです。まあキャラクターはそれなりですがやっぱり映画の尺にするには難ありですね。演奏のシーンは実際に弾いてるのかどうかはさておいてなかなか堂に入って感心しました。やっぱり若手といえどもプロの役者だなあと妙に感心する。でもこの作品・・題名がアニメの時から気になって仕方がない。日本語としてシックリきますか?「四月の君の嘘」だったらピタッと来ますがまあおそらく後ろに何かしら続く言葉があるんでしょう。「四月は君の嘘を思い出す」とか・・・そして彼女の病気は何だったのかが気になります。 >> 続きを読む

      2018/03/13 by のぶさん

      「四月は君の嘘」のレビュー

    • 3.0

      普段はあまり鑑賞しないジャンルですが、最近漫画が原作の作品では当たり続きなのでレンタル鑑賞です♫

      漫画もTVアニメも全く知らないままの鑑賞でしたが、”広瀬すず”なので最後まで目を離さず鑑賞できたかな~という印象です。

      良い作品です!ただ、意図的になのか元々原作がそうなのか分かりませんが、どこか淡々と何となくドライな演出が貫かれています^^;

      特に山崎賢人が演技は素晴らしいとは思うのですが、無機質な抑えた感じなので…ちょっと感情移入出来ませんでした。
      自分なら発狂してしまうかも…!?

      それにしても最近の若手の俳優さんは皆上手いなーと感心させられました♪そんな中、壇れいは流石の貫録でしたし、広瀬すずはやはり別格だと再認識しました(^o^)丿
      >> 続きを読む

      2017/05/16 by モリモリ

      「四月は君の嘘」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「下よりも 前を向いて 生きていこう」

      アニメでベロベロに泣いたので実写化はあんまり気が進みませんでしたが、広瀬すずが宮園かをりならと思って観てみました。φ(..)

      完全無欠、正確無比、ヒューマンメトロノームと称された天才ピアニスト・有馬公生は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生となった4月のある日、公生は幼馴染の澤部椿と渡亮太に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。勝気で、自由奔放、まるで空に浮かぶ雲のように掴みどころのない性格―そんなかをりの自由で豊かで楽しげな演奏に惹かれていく公生だったが…というお話。

      キャスティング、ストーリー共に合格点かな〜( ̄ー ̄)(なぜか上から目線)映画化にあたり削られた部分があるのはいたしかたない。ちょっと展開が違ってしまったけど、大筋の話はちゃんと伝わったと思います。感動はアニメの時の3割くらいでしたけど。(;・∀・)ちなみにマンガは未読だしアニメも途中から見始めたハンパもんでふ。((((;゜Д゜)))

      お母さん役の檀れいは鬼気迫るものがあったし、広瀬すずもかなり近い雰囲気だった。その割に公生のトラウマは重症ではない感じでした。(-_-).。oO


      クラシックを知らずとも楽しめるし、「愛の悲しみ」や「バラード 第1番 ト短調 作品24」が好きになると思います。(。-∀-)そして恋の力は偉大だなと改めて思う次第です。

      やっぱり生きてる人は一生懸命生きないともったいないと思う訳でm(。_。)m
      >> 続きを読む

      2017/05/12 by Jinyuuto

      「四月は君の嘘」のレビュー

    • 4.0 泣ける 笑える 切ない ハラハラ

      機内で観ました。最初は暇つぶしだったのですがいつの間にかのめりこんでしまいました。結局、宮ぞのさんは何の病気だったのでしょうか?

      2017/05/05 by SM-CaRDes

      「四月は君の嘘」のレビュー

    もっとみる

    四月は君の嘘
    シガツハキミノウソ

    映画 「四月は君の嘘」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画