こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

西遊記2 妖怪の逆襲

西遊2 伏妖篇
西遊記2 妖怪の逆襲
2017年9月8日(金)より全国ロードショー!
1クリック登録
公開: 2017/09/08
製作国: 中国
配給: 日活=東京テアトル(提供:日活=Zenith Entertainment Inc.)
2017年度中国国内映画興行収入第2位となる16.5億元(日本円で約265億円)の大ヒット!

【STORY】
妖怪ハンターの三蔵法師(クリス・ウー)は、病を患いながらも孫悟空(ケニー・リン)、猪八戒(ヤン・イーウェイ)、沙悟浄(メンケ・バータル)たちと天竺に向かって貧乏旅を続けていた。山の中で見つけた一軒の豪邸に水を貰おうと立寄ると、そこは美女の女主人と女中たちが住んでいて、三蔵法師一行を歓待する。だが、その美女たちこそ人間を喰らう蜘蛛女たちだった。孫悟空の活躍で蜘蛛の妖怪たちを殲滅するものの、その荒っぽいやり方に三蔵法師は孫悟空を怒鳴り散らす。あまりにも理不尽な三蔵法師から逃げるために、孫悟空は彼を始末しようと企むが、如来神掌なる技を持ってると言う三蔵法師に結局は歯向かうことができなかった。そんな中、一行は比丘国に到着し、九宮真人(ヤオ・チェン)に迎えられたが、ここの国王は子供のように心のままに動くとんでもない国王だった。国王の機嫌を損ねた三蔵法師は孫悟空の力を借りるが、むしろ悪化させてしまい、窮地に陥ってしまう・・・・ >> 続きを読む

    西遊記2 妖怪の逆襲 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 3.0 笑える

      1の終わりからさあ冒険の始まりとばかりに、2では三蔵法師と孫悟空に加え沙悟浄と猪八戒の4人での旅から始まる。

      監督だったチャウ・シンチーが製作に回り、新たに招かれたのはツイ・ハーク。
      とにかくド派手にがモットーなのか、あらゆる場面で視覚効果が使われているなど金がかかっている。

      その派手な色彩の中で、三蔵一行とバトルを繰り広げるのが蜘蛛の美女だったり、機械のニセ国王だったり。

      笑いのために金をかけた見せ場もあるのだが、シンチーとの違いは腹に来る笑いが少ないという点。
      それと1からキャストは総入れ替えなので、そこも気になる点。

      ただシンチーの「人魚姫」にも出ていたリン・ユンは相変わらず可憐で、三蔵との恋は見所。

      終わりにはGメンの曲が掛かるし、エンドロール後には一笑いできるシーンがある。
      多分3もできると思うけど、監督としてはシンチーの方が好みかな。
      >> 続きを読む

      2017/09/09 by オーウェン

      「西遊記2 妖怪の逆襲」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    西遊記2 妖怪の逆襲
    サイユウキツーヨウカイノギャクシュウ

    映画 「西遊記2 妖怪の逆襲」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画