こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

KUBO/クボ 二本の弦の秘密

KUBO AND THE TWO STRINGS
KUBO/クボ 二本の弦の秘密
c2016 TWO STRINGS, LLC. All Rights Reserved.
11月18日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/11/18
製作国: アメリカ
配給: ギャガ
『コララインとボタンの魔女』スタジオライカ最新作
全世界絶賛!世界最高技術で贈る、ストップモーション日本絵巻!

その音は、運命を呼び覚ます。

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。

    KUBO/クボ 二本の弦の秘密 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      いいんじゃないでしょうか。
      オープニングでクボが「瞬きするなら今のうちだ」と言うように、始まってからはダレることなく、エンディングまで突っ走ります。
      CGとストップモーションで作り上げた世界は、実写では表現不可能なほど精緻で奥行が感じられます。
      音楽がまた渋い。ビートの効いた三味線のメロディーラインがバックの戦闘シーンは、まさにクールジャパン。

      2018/07/01 by takenuma

      「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のレビュー

    • 3.0

      正統派ファンタジー。

      ホルスの大冒険 みたいで面白かった(^o^)/

      アメリカ映画って気がしない。

      日本愛を感じます。
      日本の美学があります👍


      良く出来てる映画です(^o^)/


      世界中で起きてる日本ブーム。もう定着した感あるな(^o^)/
      >> 続きを読む

      2018/06/24 by Abe_chan

      「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る クール

       封建時代の日本。少年クボは海に突き出た崖の洞穴で衰弱した母と暮らしている。クボは左目を無くしているが不思議な力があり、村で魔法の三味線を奏で、生き生きと動く折り紙で物語を語って生計を立てている。クボの語る侍・ハンゾウの物語は村人たちに大人気だが、物語はいつも結末が語られることがない。

       最早、一ジャンルになりつつある物語は何のためにあるのかを説いた映画。このジャンルに属する映画は、ライフ・オブ・パイやスイス・アーミー・マン等があるが、どれも完成度が高い上に、この作品の完成度は中でも随一。
       脚本の完成度が高いため「これをストップモーションアニメでやる意義があるのか?」と思ってしまうほどだが、物語性をピックアップしてできている作品であることを考えると、非常に巧妙な多重構造になっている。そのため大変な労力をかけて作られたストップモーション作品としても十二分にその表現能力を活かせている。
       「物語は愛を人に教えるためにある」ことを教えてくれる作品と聞いても興味がそそられることの無い私だが、本作の語る愛は親子愛とそれに応える成長を見守る鑑賞者の抱く愛であり、これ以上ないくらい巧みなキャラクター造形と感情移入を促す脚本の妙に支えられた最高の映画だった。作中クボ達が探す武具は不死の性質を持つ、謂わば月の帝側の意味合いを持っており、最後にクボが手を伸ばして取ったそれが刀ではなく、有限性のある愛を意味する三味線だった時に、この作品が含するメッセージ性の深さに溺れそうになる。普段映画を見て涙を流すことの無い私だが、この作品では幾度も泣かされそうになり、特に最期に村人たちの語る物語が人類愛に通じる、広く豊かな愛を体現しているという点で完全に想定以上であり、ついには泣かされてしまった。
       誤った日本像が皆無だとは言えないものの、文化と風習の意味まで調べて作られた作品であり、日本人であるならば老若男女鑑賞するべき傑作だと推せる。
      >> 続きを読む

      2018/06/16 by answer42

      「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      クボの表情がいい。三味線の音がいい。
      ただ、なぜ最後記憶がなくなったおじいさんをいい人に仕立て上げる必要が村人達にあったのか、よくわからなかった。

      2018/06/10 by しいる

      「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のレビュー

    • 5.0

      物語には力がある.読む人,聴く人,観る人を喜ばせる,悲しませる,怒らせる力が物語にはある.その力を堅く強く信じる者たちの手によって生み出されたのが本作だ.
      一体どれだけの時間が費やされたのか.どれだけの情熱が注ぎ込まれたのか.気の遠くなるような作業量という言葉は本作にこそ相応しい.ユーチューブでメイキング映像の一部が公開されているので一度ご覧になられるがよい.勝てねぇ・・・と嘆息するから.
      全部かっこいい.一番のお気に入りは月の姉妹であるがクボもエテ公もクワガタも小林幸子のばーさんもかっこいい.折り紙の乱舞もかっこいい.紙の動物園を連想しちゃうのは許しておくれ.連想といえば視聴中Little Nightmareを思い出した.造形的に.
      本作のメインキャラは一様に記憶に欠落がある.クボは父親との思い出がなく,母は日増しに記憶を失いつつある.クワガタは自身が飛べる事を知らなかった.だが物語が記憶の空隙を埋めていく.そうやって埋まった物語は子々孫々受け継がれ,時空すら飛び越えて存在し続ける.それもまた物語の力だ.本作が50年後の未来でも語り継がれている事を映画ファンとして願うだけである.
      >> 続きを読む

      2018/06/04 by 叡福寺清子

      「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のレビュー

    もっとみる

    KUBO/クボ 二本の弦の秘密
    クボニホンノゲンノヒミツ

    映画 「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画