こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
2016 Twentieth Century Fox Film Corporation.
2017年2月3日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/02/03
製作国: アメリカ
配給: 20世紀フォックス映画
ジェイクは、幻想と現実が交錯するなか、時を超えた謎の手がかりを見つけ、「奇妙なこどもたち」の秘密の隠れ家“ミス・ペレグリン(はやぶさ)の家”を発見する。そこで暮らす子供たちと知り合い、彼らの不思議な能力を知ったジェイクは、彼らが1940年の9月3日を毎日繰り返していることとその理由を知る。だが、目に見えない危険が迫っていることに気づく。

一方で、ジェイクには解明しなければならない疑問があった。誰が現実に存在し、誰を信じられるのか、そして自分がこの世界に送り込まれた役割とは何なのか。真実が明らかになったとき、永遠に続く1日と奇妙なこどもたちに大きな変化が訪れる…。 >> 続きを読む

    【スタッフ】監督:ティム・バートン【キャスト】エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ

    ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 4.0

      飛行機の中で鑑賞。ビジュアルもストーリーも最後のまとめ方もとても楽しめた。単純に面白かった。

      2018/08/19 by 桃猫バラ

      「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のレビュー

    • 3.0 笑える クール

      奇妙ありき。
      たぶんティム・バートンのことだからそっちから入ってるんだと思う(;´Д`)
      キテレツなキャラの特徴を活かした珍技で闘うところとかが見どころですかね…
      ハヤブサに変身するオバチャン(失礼w)よりも敵キャラのサミュエル・L・ジャクソンのが存在感ありますw

      諭吉(壱萬円札)登場w

      2018/07/20 by motti

      「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のレビュー

    • 3.0 笑える 切ない 元気が出る

      予告でとても気になってた映画。
      タイトルと内容が、イメージとかけ離れていた。
      予告とタイトルだけ見ると、子ども向けに思えるけれど……子どもには刺激が強いシーンが多々あると思う。
      バッドエンドで終わらないし、戦いのシーンも爽快だったから、ある意味子ども向けなのかもしれないけれど…。

      奇妙な子どもたちが、とっても可愛かったな。

      2018/05/11 by pink-tink

      「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作を読んでから。映画は原作に忠実かと思ったけれど、少しずつ変わっていき、話も最終的には原作に着地したけれど、映画的な演出はまあ、仕方が無いのかな? 特殊能力を持つ子どもたちが戦うのは、面白いけれど、無理があると思う。映像は美しかったし、こっちの終わり方のほうがハッピーエンドでジェイクの成長がわかるけれど、個人的には旅立つ感じの原作の方が好み。 >> 続きを読む

      2017/09/18 by boreas96

      「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のレビュー

    • 評価なし

      原作の大筋をなぞっていますが、全然違うお話でした。これはアナザーストーリーとして見ることができれば面白いのかも。終始その違いを驚いているうちに映画が終了…えー!という感想しか出ませんでした。ティム・バートンがちらっと出演しているセンテンスあたりは楽しいです。

      2017/08/05 by pankichi

      「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のレビュー

    もっとみる

    ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
    ミスペレグリントキミョウナコドモタチ

    映画 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック