こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

あゝ、荒野 前篇

あゝ、荒野 前篇
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日(土)後篇 新宿ピカデリー他2部作連続公開
1クリック登録
公開: 2017/10/07
監督:
製作国: 日本
配給: スターサンズ
寺山修司を鮮烈に現代に甦らせた、気鋭のダブル主演。
2017年最注目作の公開!

孤独をブチ壊せ

    出演:菅田将暉、ヤン・イクチュン、ユースケ・サンタマリア 他 原作:「あゝ、荒野」寺山修司(角川文庫) 監督:岸善幸

    あゝ、荒野 前篇 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ 元気が出る

      前編と後編にわかれてて合計5時間以上という長さは、作中の世界観にどっぷり浸かるのに十分すぎますねw
      元は劇場用というわけではなかったのでしょう?
      社会不安が万延した近未来が舞台という設定はあまり入ってこなくて、ボクシングものとして楽しんでしまいましたよw
      誰もかれも役者がとても良いです。
      主役の菅田将暉は去年出演した映画で最も素晴らしい役が出来たんじゃないでしょうか?

      2018/07/12 by motti

      「あゝ、荒野 前篇」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      どのメジャー作品よりも、やはり菅田将暉はインディーズの方が輝く。

      前後編5時間以上を費やす二人のボクサーの物語。
      時代が近未来となっているのは冒頭で分かるが、ボクシングの話になるとそんな気配は微塵もない。

      とにかく這い上がろうだとか、あいつには負けねーよという、パワーが全編に渡って感じられる。
      どこかしら負の側面を皆持っており、それを発散させていく。

      それともう一つ並行して描くのは自殺志願者の会。
      でもこちらに関してはさほど興味はそそられない。
      寧ろ要るのか?と思うほど。

      後編に繋がる布石を残して終わるが、やはり決着はボクシングか。
      >> 続きを読む

      2018/07/01 by オーウェン

      「あゝ、荒野 前篇」のレビュー

    • 3.0

      今振り返ると意味があるのかないのか、災害発生のようなラーメン屋でのインパクトのあるシーンからスタートし、ボクシングだからかどうかは分からないがパンチが効いている。青春映画だと思ってたけど、想像以上にエロい。生まれ変わる、滑り落ちそうな所から何とかというシンジとケンジとヨシコ。もう一つのテーマ自殺。自殺についてはあれで解決したのか、後編にさらなる展開があるのか。そして2人のボクサーはどうなるのか。後編も観るしかないですね。2人の母親の展開にも注目‼︎

      2018/03/14 by メッシイ

      「あゝ、荒野 前篇」のレビュー

    あゝ、荒野 前篇
    アアコウヤゼンペン

    映画 「あゝ、荒野 前篇」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画