こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

はじまりへの旅

CAPTAIN FANTASTIC
はじまりへの旅
(c)2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
2017年4月1日(土)全国ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/04/01
製作国: アメリカ
配給: 松竹
カンヌを始め、世界中の映画祭で数々の賞を受賞。ヘンテコ一家の不器用な生き方に、笑いと勇気をもらえる感動のロードムービー!!
全米わずか4館での公開から口コミで評判が広がり600館にまで拡大、4ヶ月以上のロングラン!主人公は独特な教育方針のもと世間と切り離された森で育った子供たちと厳格なその父親。みな風変わりで個性的なキャラクターばかりだが、旅に出た彼らが世の中とのギャップに戸惑いながらも自分たちらしさを失わずに生きようとする姿には、誰もが共感できるはず。父親を演じるのは「ロード・オブ・ザ・リング」出演、「イースタンプロミス」でアカデミー主演男優賞にノミネートされた名優ヴィコ・モーテンセン。米バラエティ誌「2016年最も注目すべき監督10人」に選ばれた気鋭の監督マット・ロスが、アメリカの雄大な景色と美しい音楽に乗せて描く、一家の再生の物語。


STORY: ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…?
※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。
>> 続きを読む

    監督・脚本:マット・ロス 出演:ヴィゴ・モーテンセン 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」 /ジョージ・マッケイ 「サンシャイン 歌声が響く街」、「ディファイアンス」/フランク・ランジェラ 「フロスト x ニクソン」、「グレース・オブ・モナコ」

    はじまりへの旅 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      素晴らしい。
      嘘くさい設定ですけども、スッと入って来ます。
      子供は育ち、イメージ通りには行かない。
      社会から認められず。
      父が良かれとしていた子供たちの環境が
      悪気のない失敗だと気付いた時、ジーンと来ました。
      悪者が存在しない映画で、こんなに面白いだなんて。

      私、ハッピーエンドが好きです。

      相当なハッピーエンドです、この映画。

      長男の門出にホッとしました。
      感動~。

      私自身のお気に入り映画にランクイン。
      >> 続きを読む

      2017/12/12 by mutsumi

      「はじまりへの旅」のレビュー

    • 4.0

      目黒シネマで鑑賞。

      まったく前情報なしで観ました。
      はたからみるとおかしい教育かもしれないけど、そこには父と子供たちの絆があって
      これはこれでオッケー、みたいなざっくりそんな感じです。

      自分が正しいと思う教育をしてきたけど、間違ってると潔く認める父親の姿勢に胸を打たれてしまいました。

      幸せに暮らしてほしい…。
      >> 続きを読む

      2017/09/10 by ぷれぱら

      「はじまりへの旅」のレビュー

    • 間違ってると認めるのって難しいですよね!

      2017/09/11 by メッシイ

    • 5.0 ハラハラ

       度を過ごしたヒッピー一家のロードムービー。筋金入りのヒッピーである父に導かれ、10年を世間から隔絶された森林で過ごした一家。しかし、母は心を病み、やむなく祖父母の元で、父の嫌いな現代的、米国的な医療施設で入院加療。そして、その母が亡くなり、一家は母の遺言である火葬と、遺灰のトイレへの遺棄を実現すべく、父とは絶対的な不仲である母方の祖父母の元へ向かうのだが…。

       一家の中心人物である父が弁の経つ人で、一家は彼にやり込められて黙らせられるか、進んで同調&支持するかの二者択一。そんな押しが強すぎる上に、ヒッピーをこじらせたような人だから、きっと、リベラルを自任する皆さんも何だかなぁ~な感じだし、キリスト教保守派の皆さんは当然不愉快でしょう。

       それでは、よっぽど不愉快で、つまらない映画か?と問われれば、意外にそうでもなくて、むしろ面白い。正直、重い話ですので、コミカル路線を期待されると、裏切られそうですが、ダークユーモアにニヤリさせられたり、家族のズレっぷりに苦笑したり、彼らの無茶にハラハラさせられたり、楽しめる部分は多々あるかと。

       中盤を過ぎたあたりで、そんな父が鼻っかしらを折られ、傷心を抱えて落ち込む場面がありますが、困ったやつだったけど、さすがに不憫で…。その後どうなるかは、作品を見ていただくとして、基本作り手さんたちの優しい目線が心地よい作品ではあったかも知れませんね。
      >> 続きを読む

      2017/04/11 by ぴぐじい

      「はじまりへの旅」のレビュー

    はじまりへの旅
    ハジマリヘノタビ

    映画 「はじまりへの旅」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画