こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)

名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)
(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/04/15
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
20周年の劇場版で、興行収入63.3億を叩きだした劇場版名探偵コナン!
ファン待望の劇場版第21弾は『名探偵コナン から紅(くれない)の恋歌(ラブレター)』に決定!
事件の舞台は大阪、そして京都!
炎に包まれる西の名探偵・服部平次とその幼馴染・遠山和葉の身に何かが起こる・・・!?
そして、青山剛昌の原作ストーリーでも今後重要な人物となってくる
注目の新キャラクター・大岡紅葉が、登場!

いにしえの
歌が詠み継ぐ しのぶ恋
葉が舞う街で
いま よみがえる


【ストーリー】
大阪のシンボル・日売テレビで突如、爆破事件が発生!
その時局内では、日本の百人一首会を牽引する「皐月会」が開催する
皐月杯の会見収録が行われており、突如の事態に大パニックに!
崩壊していくビルの中、西の名探偵・服部平次とその幼馴染・遠山和葉、2人だけが取り残されてしまうが、間一髪の所で駆け付けたコナンにより無事救出される。まるでテロのような事件、しかし犯人の目的もわからず、犯行声明すら出ていない不可解な状況に違和感を禁じ得ないコナンと平次。
そんな騒動の中、コナンたちは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。その名は、大岡紅葉。
「平次は幼い頃からの運命の人」という紅葉は百人一首の高校生チャンピオンにして、未来のクイーンと呼ばれる存在だった。時を同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される。その時、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。そしてそこには、ある「歌」が深々となり続けていた―。

大阪と京都、そして平次と紅葉。
2つの事件、2人の運命を紡ぐもの、それは―――「古からの恋の歌」。
>> 続きを読む

    【声の出演】 高山みなみ 山崎和佳奈 小山力也 堀川りょう 宮村優子 ほか 【スタッフ】 原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中) 監督:静野孔文  脚本:大倉崇裕  音楽:大野克夫

    名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター) の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 4.0 ハラハラ 元気が出る

      コナン映画21作目。初っ端からクライマックスで何事かと思った。みんな可愛らしい。

      2019/05/23 by Ritsuko

      「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」のレビュー

    • 3.0

      2017.4.19

      2018/12/22 by 1963

      「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」のレビュー

    • 3.0

      最近のコナン映画は推理は二の次でアクションがメインになりつつありますね。
      映画館で観たら迫力満点だったんだろうなー。
      コナンも平次ももはや人間じゃないレベルの身体能力。
      恋愛模様は相変わらずコナンらしい甘酸っぱさで観てて恥ずかしくなります。でも平次は格好よかった!

      2018/09/16 by さくら餅

      「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      もういっそ告白しちゃいなよーともどかしい思い。
      なかなか素直になれない和葉と乙女心を読み切れない平次。

      紅葉さんのポジティブさが苛々しつつも、そのくらいのまっすぐさがあるからかるたも強いのかな。

      2018/05/10 by ashita

      「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」のレビュー

    • 評価なし

      再・2018/4/22

      2018/04/22 by さざんか

      「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」のレビュー

    もっとみる

    名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)
    メイタンテイコナンカラクレナイノラブレター

    映画 「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック