こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

忍びの国

忍びの国
(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/07/01
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
『のぼうの城』で描かれた豊臣軍の忍城攻め、『真田丸』での徳川​軍​と真田​家​の攻防に並ぶ、戦国三大逆転劇。なぜ、最強にして大軍の織田は小国・伊賀を攻略できなかったのか? 歴史に秘められたその謎と時代に翻弄される無門とお国の夫婦愛が、戦国史上唯一、侍と忍びが直接対決したと言われる「天正伊賀の乱」(1578-79年)を背景に、ダイナミックに描き出される。
原作は時代小説家の若き雄・和田竜による80万部突破のベストセラー。巨大なスケール、ド派手なアクション、さらに智謀策略の限りを尽くす頭脳戦。しかし、全ての鍵を握るのは忍びの愛だった。
誰も見たことがない戦国エンターテインメント超大作が今夏、誕生する。

【ストーリー】
時は戦国。魔王・織田信長は諸国を次々と攻め落とし、天下統一に向けひた走っていた。次に狙うは伊賀。取るに足らない小国だが、そこに棲むのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆だった。そんな忍者のひとり、神出鬼没の無門は、彼の前ではどんな堅牢な門も意味をなさない、と称されるほどの伊賀一の凄腕ながら、普段は無類の怠け者で、女房のお国の尻に敷かれる日々を送っていた。

最強織田軍 対 伊賀忍び軍

圧倒的な戦力で伊賀に攻め込む織田の軍勢。伊賀は武力・兵力では到底かなうはずもない。しかし、無門率いる忍びの軍団は誰も想像できない秘策を用意して織田軍に抗戦するのだった!
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 大野 智 石原さとみ 鈴木亮平 知念侑李 マキタスポーツ 平祐奈 満島真之介 でんでん きたろう/立川談春 國村隼 伊勢谷友介 原作:和田 竜(『忍びの国』新潮文庫) 監督:中村義洋 脚本:和田 竜

    忍びの国 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      文庫を読んだことはありませんので、物語の内容は初めて。
      想像していたよりも、忍びの描写がシリアスではありませんでした。
      銭により動く伊賀の忍びの姿、無門の言う「お前たち、人間ではない。」は分かる気がします。
      人の死があまり重くないタッチで描かれているので、この点はちょっとと感じました。
      結局、いろいろあって変化したのは無門だったのでしょうか。
      >> 続きを読む

      2018/10/15 by montblanc

      「忍びの国」のレビュー

    • 4.0

      2017年の日本映画
      uk

      2018/09/18 by ゆ♪うこ

      「忍びの国」のレビュー

    • 3.0 笑える

      金に汚い自分だけの利益を考える忍らしさが良く表現できていて好み。忍者アクションらしい無茶苦茶さ、目が回る酔いそうになる。なかなか楽しめた。他対の戦いはウォーリーを探せ状態が笑えた。しかし、漫画の無門のクールさを印象に残っているから、なんか大野君ではないな。伊勢谷大膳はカッコいいな。でも、交渉は違うというのはわかる。大膳の桃形は桃山時代の九州の兜なあたりで、よくわかる。カッコよすぎるからいいけどね。忍のコミカルさは楽しめたが、忍の淡白なのが非情という非情には足りないかな。

      2018/09/18 by 無月斎

      「忍びの国」のレビュー

    • 3.0

      コミカライズのみ読んだことありますが、全然印象が違っていて驚きです。
      映画はよりコミカルに描かれています。アクションシーンは忍らしさがありながら斬新な演出で面白い。ジャニーズ主演らしくアクションというよりダンスのようでした。
      CGはちょっとショボくて残念でしたが。歴史物初心者でも楽しめるのが本作の良いところですが、個人的にはもう少し重い話を期待してました

      2018/09/16 by さくら餅

      「忍びの国」のレビュー

    • 1.0

      これと似たような作品で「カムイ外伝」という作品がある。
      忍術を邦画で似つかわしくないCGでぴょんぴょん動かすという、漫画でしか見ないようなアクションを平気でやらせるその精神。

      中村義洋監督は伊坂作品だと見事に作風に合うのに、なぜこういう作品だと急につまらなくなるのか。

      責任はキャラ造形にもあるし、俳優陣にもある。
      ひとり真面目に演技している鈴木亮平が可哀想なぐらい。

      金にがめついわりに、最後だけ反発するその行動原理をどう理解すればいいのか。
      2時間がほんとに長かった。
      >> 続きを読む

      2018/07/11 by オーウェン

      「忍びの国」のレビュー

    もっとみる

    忍びの国
    シノビノクニ

    映画 「忍びの国」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画