こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ユリゴコロ

ユリゴコロ
(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会
2017年9月23日(土)ロードショー
1クリック登録
公開: 2017/09/23
監督:
製作国: 日本
配給: 東映=日活
吉高由里子、松坂桃李、そして松山ケンイチ。
まほかるブーム”を巻き起こした、あのベストセラー・ミステリー小説が
豪華俳優陣を迎えて待望の映画化!

とある一家で見つかる一冊のノート。記されていたのは、悲しき殺人者の記憶。
この家族の過去に、いったい何があったのか。
それは運命をも狂わす驚愕の事実ー。

この幸せは、人を殺した罰ですか。


物語は、[一冊の告白文]から始まるー。
ある家族。一人息子の亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか。」異様な一文で始まるそのノートは、すべてが一人称で書かれた何者かの告白文であった。主人公は、美紗子と名乗る女(吉高由里子)。誰しもが生きていくために必要な“拠りどころ”、彼女のそれは”人間の死”であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送る中、洋介(松山ケンイチ)という男が彼女の前に現れるのだが。過去と現在が交錯し、ノートに秘められた真相に迫っていく亮介。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。数々の疑念の先に、驚愕の真実が突きつけられる。
>> 続きを読む

    吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ  佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江

    ユリゴコロ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 切ない ハラハラ

      原作も読んでます(読書ログ参照)
      死に魅せられた女という説得力はなんだか希薄にも感じられるも、成長とともに性とも結びつくところなどは必然的な気もしました。
      死と性はホラーにとっては重要な意味をもっているわけですから(ホラーでなくミステリですけども)
      だからもっと濡れ場を強調したらカッコイイ、狂ってる映画(そういうのが大好物なんでw)になったかと思えます。
      ちょっとコレでもソフトに感じますね。
      全体には楽しんで観れましたよ♪


      (allcinema)
      沼田まほかるのベストセラー・ミステリーを吉高由里子主演で映画化。生まれながらに“人間の死”が拠りどころのヒロインのおぞましくも切ない半生と、その殺人履歴が綴られたノートを見つけた青年の運命が狂わされていくさまを描く。共演は松坂桃李、松山ケンイチ、木村多江。監督は「君に届け」「心が叫びたがってるんだ。」の熊澤尚人。
       亮介はカフェを営み平穏な日々を送っていたが突然、男手一つで育ててくれた父が余命わずかと診断され、婚約者の千絵がこつ然と姿を消してしまう。そんな時、実家の押し入れで『ユリゴコロ』と書かれた一冊のノートを見つける。そこには、人を殺すことに心の拠りどころを感じてしまう美紗子と名乗る女が、自らの殺人の記録と、洋介との運命的な出会いによって救われたことなどの衝撃的な告白が綴られていた。美紗子とは誰なのか、そもそもこれは事実かそれとも父の創作か、激しく動揺する亮介だったが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/29 by motti

      「ユリゴコロ」のレビュー

    • 3.0

      久々に展開がすごい映画を見た。
      ちょっと、精神的苦痛なシーンも多いが
      話としては引き込まれていった素晴らしい作品だった。

      2018/09/16 by megucchi55

      「ユリゴコロ」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      原作未読なのが功を奏したのか。
      最後まで予想がつかずに、驚きを味わうことが出来た。

      亮介が父の書斎で発見したノート。
      それはユリゴコロを求めるため殺人を犯す美紗子の告白。

      犯人がどうのこうのという話ではなく、そのユリゴコロというのはいかにして満足させるものなのか。
      またそれに対し歯止めをかけた者とは何か。

      1つ目の謎は大体予想は付くが、2つ目のある人物の正体までは見抜けなかった。
      その意味で吉高由里子に美紗子というのは、ベストなキャスティングだったと思う。
      >> 続きを読む

      2018/06/07 by オーウェン

      「ユリゴコロ」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      原作未読で鑑賞。
      ありそうで無かった設定に引き込まれました。ちょっと気持ち悪いシーンもちょいちょいありますが、それが緊張感に繋がっています。
      役者陣も秀逸。ショッキングなテーマにも関わらず、抑えた静かな演技に、さすがと感じます。

      2018/05/13 by takenuma

      「ユリゴコロ」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      迫力もあり、ドキドキ感も半端なく大変面白かったですが、ちょっとグロすぎなシーンが多いかなと。あそこまで表現しなくてもいいかなと思いました。それ以外は完璧です。

      2018/05/11 by lionmaru

      「ユリゴコロ」のレビュー

    もっとみる

    ユリゴコロ
    ユリゴコロ

    映画 「ユリゴコロ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画