こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち

ELIZA GRAVES
公開: 2016/07/21
製作国: アメリカ
配給: 「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」上映委員会

    アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 切ない ハラハラ

      こういうタイトルや、精神系のものは惹かれる。
      反面、たとえ映画とはいえ、偏見や無理解に関しては、ものすごく腹ただしく感じるのだけど。

      映画として楽しむぶんには、どんでん返しにつぐどんでん返しで、面白かった。

      2017/07/27 by pink-tink

      「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「7割方 ベン・キングスレーが 持ってった」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)ベン・キングスレーの目力が強い。

      1899年イギリス。オックスフォード大の学生エドワードは、精神科医としての実習を積むべく、辺境の地にあるストーンハースト精神病院を訪れる。ラム院長は彼を温かく迎え入れ院内を案内するが、この病院では患者も医師と一緒に食事をし、投薬もされず自由に生活をしていた。その画期的な治療法にエドワードは驚嘆するが、何故か院内には絶えず怪しい雰囲気が漂っていた…というお話。

      こういう精神病院ものでは定番な伏線かなと予測してましたが、ラストに少しビックリさせられました(;・∀・)実はちょっと退屈だと思ってたからそういうことかと納得。よく見たらコールやマシニストの監督だものΣ(-∀-;)

      ケイト・ベッキンセイルは相変わらず美しいんだけど、印象に残ってるのはベン・キングスレー(笑)あんなの存在感の塊みたいだもん。
      主人公なんか知らねぇなぁと思ってたら、「ハイネケン」や「鑑定士と顔のない依頼人」や「ウェイバック」に出てた(笑)


      昔は精神病院でホントにこんな人体実験やってたんだろうな…((((;゜Д゜)))薬漬けにするのは今も昔も変わらないけど。戦争が人間を壊すのも。

      ヒステリーの語源がラテン語の「子宮」とは(-_-).。oO
      >> 続きを読む

      2016/11/11 by Jinyuuto

      「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」のレビュー

    • 3.0

      このパターンの邦題何故か心惹かれます…迷わずレンタル鑑賞です^^;

      非人道的な治療を施す医師達を閉じ込め、患者達が乗っ取った精神病棟に新人インターンが赴任し、真実を知ったインターンは、そこで出会った美しい患者を連れ出す為に…といった内容です!

      一般の患者達が結構意思統一されていたり、感情が私達と近いので、非人道的な医師達との対比ではギャップがありますが…患者達のリーダーやその片腕がただの悪人にしか見えずイマイチのめり込めませんT_T

      雰囲気も設定も結構良いのに中途半端な感じが若干残念です。

      ただ、終盤のどんでん返しは好きなパターンです!!
      >> 続きを読む

      2016/10/07 by モリモリ

      「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ピチ外病院で狂の字の人らが開放病棟なんで好き勝手してる映画.精神的に来る作品である.院長の方針なので,今で言うインターンとしてやってきた主役先生も大きくは意見できない.
      でも実は・・・.原作既読者(私は未読)はもうわかっているだろう.でもラストの超級どんでん返しは原作にあったのか.隣の人が「うぉ」って囁いてたけど気持ちはわかる.どれくらい驚いたかというとプリディスティネーションくらい.この比較で理解できる人とは同志になれそう.ベンキン,ケインが体張ってます.それもまた味.

      2016/08/22 by 叡福寺清子

      「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」のレビュー

    アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
    アサイラムカンキンビョウトウトカオノナイカンジャタチ

    映画 「アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック