こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ローズの秘密の頁(ぺージ)

THE SECRET SCRIPTURE
ローズの秘密の頁(ぺージ)
© 2016 Secret Films Limited
2018年2月3日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開
1クリック登録
公開: 2018/02/03
製作国: アイルランド
配給: 彩プロ
ルーニー・マーラ『キャロル』主演!
半世紀の時をこえて紐解かれる、ミステリアスな真実と愛の物語

<STORY>
40年間もの長い月日を精神科病院で過ごしてきた老女ローズ。半世紀にわたって封印されてきた彼女の過去が、今、1冊の聖書によって紐解かれる――

アイルランド西部にある聖マラキ精神病院。取り壊しが決まり、転院する患者たちの再診のために病院を訪れた精神科医のスティーヴン・グリーン(エリック・バナ)は、赤ん坊殺しの罪で“精神障害犯罪者”として40年もの間収容されている老女ローズ・F・クリア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)を看ることになる。赤ん坊殺しの罪を否認し続け、自分の名を「ローズ・マクナリティ」と訴え続ける彼女の様子が、一般的な患者と異なることに気付いたグリーン医師は、ローズが大切にしている1冊の聖書の存在を知り、彼女の過去に興味を持ちはじめる。ローズは何十年にもわたって、聖書のなかに秘かに日記を書き綴っていたのだ。そして、彼女は日記を辿りながら半世紀前の記憶を遡り、自分の人生を語り始める――

>> 続きを読む

    ローズの秘密の頁(ぺージ) の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      愛は人生を狂わせ、しかし救うものなのだと思う。ローズはマイケルの死によって深く傷ついたが、マイケルとの愛の記憶、そして愛の結晶である息子の存在は、ローズが生き続けるうえでの救いであったのではないだろうか。神父はローズへの実らない愛に苦しみ続けたが、最後にはグリーンをローズに引き合わせた。それは彼女への愛の最後の表明であり、手配を終えたときには、何か救われるような気持ちになったのではないだろうか。
      生きることは愛すること、それは辛いことなのかもしれない。でも愛はあたたかくて、最後には救われるもの、そんなことを私はこの映画から感じた。
      >> 続きを読む

      2018/02/26 by machinami

      「ローズの秘密の頁(ぺージ)」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      血塗られたアイルランドの歴史を舞台にした物語。
      諸要因によって引き裂かれたアイルランドと同様に、引き裂かれてしまった愛するものたちも本当にたくさんいるんだろうと胸が締め付けられる。

      2018/02/13 by taku

      「ローズの秘密の頁(ぺージ)」のレビュー

    ローズの秘密の頁(ぺージ)
    ローズノヒミツノページ

    映画 「ローズの秘密の頁(ぺージ)」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画