こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

Fukushima 50

Fukushima 50
© 2020『Fukushima 50』製作委員会
2020.3.6 公開
1クリック登録
公開: 2020/03/06
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹=KADOKAWA

    Fukushima 50 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      門田隆将さんのノンフィクションに沿って描かれているそうですが、福島原発の建屋が爆発する時、私はテレビ越しにただ見ていただけでしたが、現場でこの様に命懸けで闘っていたとは…。

      「俺は今までの首相とは違う。危険な場所でも最前線に俺は立つ!」の意気込みが仇となり、クソ忙しい現場で人の手をわざわざ止めさせ、ただ邪魔しただけだったあの首相も、決死隊の人たちが蒸気のダクトを何とかしようとしていた現場に居たんですか。
      官邸には政府ご用達の原子力学者がついていたそうですが、「海の水は不純物があるから冷却に使うな」とか言ってたんですか。
      なまじ知識の無い人間がハッスルして自分が先頭に立とうとすると、害悪でしかないことがよく分かりました(本当の現場はもっと悲惨だったのでしょうが)。

      それに対して、現場の東京電力の職員さんたちは「あいつを助けてあげたいんだ」と、原子力発電を擬人化するほど、我が子の様な気持ちで世話してきたんですね。

      お邪魔虫だった首相も「逃げるな。俺たちはやらねばならない事をやるんだ」と東京から激を飛ばして、最後のヘリコプターからの放水が利いたのか最終的には治まったものの、それなら最初っからヘリコプターを飛ばして現場の冷却作業に協力してあげていたら、水素爆発防げていたかも…と思ったり。

      東北で暮らしているダニエル・カールさんが、「ともだち作戦」を指揮した在日米軍の指揮官役というのも、よい配役でしたね。

      そしてエンディングで、福島原発を建設中の古い映像が流れていましたが、それが、崖があったのにわざわざ削って波打ち際に原発を造っている映像で、
      「こんなことになった原因は、まさにそれやがな!」
      と決定的な証拠映像が流れてました。

      最近は全国の原子力発電所がまた再稼働して、福井の古い原発も結局再稼働になりましたが、福井もまさに波打ち際の立地。あそこは豊臣秀吉の治世の頃に、天正大地震というマグニチュード7.8に地震で津波が来た場所なのに、関電は東電の失敗を対岸の火事として、遠い気持ちで見ているのでしょうか。
      せめて原子力発電所の周辺の市町村には、ポーランドみたいに飲めるヨウ素くらい配っておいてほしいわ。
      日本の各電力会社の幹部に、この作品を観せた方がいいんとちゃうか、と思う出来でした。
      >> 続きを読む

      2022/03/19 by バナバナ2

      「Fukushima 50」のレビュー

    • 4.0

      その後の世界の原発政策を変えるほどの事故ですが、その後の日本の原発政策はというと…。現場から逃げ出したい東電本店と被害の拡大を恐れ決死の覚悟を要求する首相の対立、必死で対応する事故現場と無理解な本店の対立と実話ならではの緊張感がある。アメリカのほうが事故の重大さを理解しているのもさもありなんという感じ。現場を混乱させると非難された首相の現場訪問ですが、東電の及び腰な態度に対してカツを入れるためには必要な行為だったと思う。なぜ格納容器の温度が下がったのか。もう少し説明を入れてほしかった。ラストに復興オリンピックとしてとの一文が入るが、こんな事になるとは…。 >> 続きを読む

      2021/10/02 by rantan

      「Fukushima 50」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ

      最近、Amazon Primeで見たのですが、記録がなかったので思い返しながら記載します。

      もう10年というのか、まだ10年というのか。
      自分自身情けない人間なので、こういうことに対して積極的に関わることができません。被災地にも行ったこともないし、募金などもしてこれてない。恥ずかしい人間です。

      でも、自分が当事者になったときどう行動できるのだろう、と思わされます。

      自分も一人の会社人として、まがりなりにもシステムのようなものを管理させてもらっています。それに対する思いや責任感は彼らのように果たせているのだろうか。

      彼らは死を覚悟したと思います。それでも自分がやらないで誰がやる、という思いで取り組んでくれたと想像します。9.11の消防隊もそうだと思います。

      危機は起きないほうがいいけど、危機に際して時間は無情にも迫ってくる中、最速の判断ができるかどうか、自分にも問いたいと思いました。
      >> 続きを読む

      2021/09/10 by HamaKoh

      「Fukushima 50」のレビュー

    • 評価なし

      2011年3月11日に起きた東日本大震災で、危機的状況に陥った福島第一原発において、最悪の事態を回避するために原発内で戦い続けた50人の作業員たちの姿を描く。

      2021/07/27 by Silencer

      「Fukushima 50」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所事故で、所内に残って対応に従事した50名の作業員の実話物語。
      佐藤浩市、渡辺謙主演。日本アカデミー賞6冠(助演男優,監督,撮影,照明,美術,録音)
      オールスターキャストの熱演や臨場感のある演出で、エンターテイメントのパニック映画として楽しみました。
      当時を知る日本人としては様々な思いがよぎってしまってフラットな感覚で観るのが難しい作品ですね。
      どこまでがリアルでどこからが脚色か判断が付きかねますが、震災のときに命を張って頑張った人たちがいた事実は胸に留めおきたいと思いました。 >> 続きを読む

      2021/03/20 by ででん

      「Fukushima 50」のレビュー

    もっとみる

    Fukushima 50
    フクシマフィフティ

    映画 「Fukushima 50」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画