こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会
(C)住野よる/双葉社
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2017/07/28
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【イントロダクション】
2016年本屋大賞第2位、2016年・年間ベストセラーランキング・単行本フィクション部門1位(日販調べ)、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞受賞と2015年6月の発売後、破竹の勢いで75万部を突破(2017年1月時点)したベストセラー小説「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(住野よる著・双葉社刊)=「キミスイ」が、この度実写映画化致します。

【ストーリー】
高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。
彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、
【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。 
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 浜辺美波 北村匠海 大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地/上地雄輔 北川景子/小栗旬 原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊) 監督:月川 翔 脚本:吉田智子 主題歌:Mr.children「himawari」(TOY'S FACTORY)

    君の膵臓をたべたい の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 5.0 切ない 元気が出る

       とても良かったですよ。青春映画として。主役の女優さん、ブレイクしても不思議じゃないと思います。その位、チャーミングで良かったです。もっとも、相手役の男優さんとのコンビネーションの妙もあるとは思います。パンフの紹介記事では、イケメン俳優みたいですが、本作ではそのオーラを消して、地味で控え目な男子をきちんと演じていました。とてもいいお茶うけだったように思います。

       主役の女優さんは、深夜アニメ通称「あの花」の実写TVドラマ版で、めんま役だった人みたいですね。あのふわふわした、現実離れしたキャラを、上手にうまく演じきっていたように記憶しておりますが、今回も、ファンタジー色の強いヒロインに見事ハマっていたように思います。笑うと相好が崩れるタイプの、厳密には美人という趣きではなくて、愛嬌のたっぷり感じられる傾向の女優さんですが、時々ふと見せる表情に美しさとはかなさを併せて感じることができて、とても良かったです。

       お話は、やっぱり王道的かな、という気がします。ちょっとヒネリもありますが。王道を丁寧にやった印象です。役者の良さも、うまく引き出せていたように思います。噂では、原作にないと聞く、終盤のヒロインからの「手紙」が12年越しで届く展開。12年間放置は、ちょっと…という気もしないでもないですが、知人の映画通氏の解釈では、たぶん小栗旬さんや北川景子さんらにも見せ場を作るための改変では?とのことで…。まあ、許容範囲内かな、と思っています。
      >> 続きを読む

      2017/08/19 by ぴぐじい

      「君の膵臓をたべたい」のレビュー

    • 評価なし

      はかない恋、青春。

      まだ人の死をあまり経験したことのない方、若い子たちには
      美しくみえる作品だと思う。


      私は人の生き死にを経験しすぎたからか
      この作品に感動し、涙するまでには及ばなかった。
      死を美化してみえるものに、気持ちが入っていかなくて。


      自分がこの世界からいなくなるかもしれないとわかっていて
      今まで接触したことなかった人を、自ら動いて捕獲する。
      最期に甘えられる人を見つけたのだろうが、
      残された人は、あなたの出来事が呪縛のようになって解けない。
      ターゲットにされたなかよし君を、気の毒だ、と思いながら観た。


      なかよし君は、言葉少なげでも自分で感じ取って何か考えている感じ、振り回されている感じ、迷惑そうな表情、とても自然だった。
      目立たない役なんだろうけど、存在感もあるし
      なんといっても、話し方?声の出し方がすきだった。
      これ素なのかな?と思ったほど自然で、この子がなかよし君演じてくれてたから観れたのもある。


      そして、ヒロインの子の眉毛が気になってしょうがなくて
      太さや形が変ってわけでもないし、なにがどうして気になるのかわからないが、上目遣いのときに一際気になり、中盤まで集中できなかった。笑
      (後で画像とか観たけど全然違和感ないしめっちゃかわいいのに)


      フリーチケットをもらって、ここさけ実写版と迷ったけれど、
      タイトルに沿った話しで全体的にまとまってたし、こっちを観てよかった。
      もっとキュンキュンできる齢の時に観たかったな~
      >> 続きを読む

      2017/08/13 by いちころ

      「君の膵臓をたべたい」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      中盤までめちゃめちゃ退屈でした

      「ただしイケメンに限る」という言葉があるけど、
      これ美少女じゃなかったら超ウザい女…
      相手も自分が好きだと確信が持てないとこんな行動に出れない
      余命短いから平気なのかな

      こりゃ余命ものとタイトルで売れただけのパターンか〜と思いつつ
      かわいい笑顔のヒロインとなかよし君とのフレッシュな若手俳優を見守る

      賛否あるであろう事件
      自分はこれで一気に評価は上がりました
      ウザいヒロインが早く死んだとか意表突いたからよかったというより、
      自分が普段思ってることを伏線交えてこんな形で描いてくれたので

      いつ死ぬかわからないんですよ人なんて
      これは意表突くための強引な展開なんかではない

      歳上で病気がちな大事な人が勝手に先に死ぬと思い込んでるからいつも言ってる
      オレ明日事故って死ぬかもよ

      2人だけでなくヒロインの親友とのエピソードを12年後も合わせて見えたのはよかった
      >> 続きを読む

      2017/08/02 by tky

      「君の膵臓をたべたい」のレビュー


    君の膵臓をたべたい
    キミノスイゾウヲタベタイ

    映画 「君の膵臓をたべたい」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画