こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スパイダーマン:ホームカミング

SPIDER-MAN: HOMECOMING
公開: 2017/08/11
製作国: アメリカ
配給: ソニー・ピクチャーズ

    スパイダーマン:ホームカミング の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全21件
    • 5.0 笑える ハラハラ 元気が出る クール

      新シリーズに関しては、「え?また作り直すの?」という思いがあり、また、スパイダーマンのスーツが前シリーズ「アメイジングスパイダーマン」より、かなり柔らかくなった印象もあり、正直あまり期待はしていませんでした。が、そんなことも気にさせないぐらい、ストーリーが良かったです。
      ドキドキハラハラさせてくれる定番の救出劇、毎度お馴染み「スタンリーを探せ!」、所々に笑いがあり、観ていて飽きませんでした。初代スパイダーマンのロマンチックな逆さまキスを彷彿とされるシーンもありましたが、ホームカミングは全体的にコミカル重視に仕上がってました。
      今回はスパイダーマンとして生きることになった生い立ちや、「アイアンマン」「キャプテンアメリカ」の説明が無い為、知らない人は少し疑問が残る感じで見終わるかと思いますが、次回作も楽しみです!
      >> 続きを読む

      2017/10/07 by ks116

      「スパイダーマン:ホームカミング」のレビュー

    • 5.0 笑える ハラハラ クール

      3度目のリブートなんて普通あり得ないことだが、スパイダーマンほど知られているとそれは可能になる。

      前2代のバージョンを知っているという呈で進むのは有難い。
      蜘蛛に噛まれて能力を身に着けるだとか、ベンおじさんの死などはばっさりカットして進んでいく。

      スパイダーマンがSNSを活用していくとこなど、今の時代らしく考えられている。
      スパイダーマンのスーツにもアイアンマンが手を貸したこともあって、偵察や透視などの機械的能力がプラスされている。

      その中でピーター・パーカーはまだ15歳の子供であり、人を助けることへの責任という部分をクロースアップしている。
      そしてティーンエイジらしく学園の生徒だったり、科学部のキャラの特徴などが笑いを生む。

      敵役にもバルチャーという鳥人間を狙ったかのように、マイケル・キートンがキャスティングされている。
      最初は「バードマン」の単なるパロディかと思っていたが、中盤である秘密が明かされる。
      これこそキートンがキャストされた意味であり、明るい空気が一瞬にして変わる。

      続編に関わりそうなキャラもしっかりいるし、2もまた期待できる。
      それにしてもキャプテン・アメリカの役割よ(笑)
      >> 続きを読む

      2017/10/07 by オーウェン

      「スパイダーマン:ホームカミング」のレビュー

    • 4.0 クール

      蜘蛛男も何度も映画化されているけれどスパイダーマンの魅力とはどこにあるのだろう? 今回は前二作のシリーズに比べても、コミカルな内容。アベンジャーズのオマケかとも思ったけど、それはそれでちゃんと独立したストーリーになってた。導入部は思いっきりはしょられてたけど。

      2017/09/24 by boreas96

      「スパイダーマン:ホームカミング」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      トム・ホランドがかわいいです。ティーンエイジャーの元気いっぱいの感じがよいですね~。
      アイアンマンがお父さんのようで笑えます。
      周りの大人が、ちゃんと話を聞いてあげれば、あんな事件にならないのに~と思いながら、これ手伝ってしまったら、スパイダーマンが主役じゃなくなっちゃいますよね。
      彼女のおうちに行ったら、父親がドアを開けてくれるんですが、悪玉のボスで、にやっとしてしまいました。
      最後は、スーツもらえて良かったねと。
      >> 続きを読む

      2017/09/13 by pililani

      「スパイダーマン:ホームカミング」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      マーベル・シネマティック・ユニバース第16作品目。『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』から参戦したスパイダーマン。その新スパイダーマンの親愛なる隣人たる所以の活躍を描く。
      『ワンダーウーマン』に続き、連続して映画館で鑑賞した疲れもあったのか、途中やや眠くなりそうなシーンもあり。
      でも、マイケル・キートン演じる今回のヴィラン『バルチャー』の秘密は意外性があって良かった。過去の作品のゴブリンの親子関係に似た感じがしたが。
      それと何かしら存在感を出していた彼女がMJなのか。今後、彼女との間で新しい展開があるのかな。
      最後のトニー・スタークとペッパー・ポッツの登場シーンがなかなかいい。
      >> 続きを読む

      2017/09/10 by 321

      「スパイダーマン:ホームカミング」のレビュー

    もっとみる

    スパイダーマン:ホームカミング
    スパイダーマンホームカミング

    映画 「スパイダーマン:ホームカミング」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画